ソープディッシュ人気おすすめランキング10選!石けんを溶かさない

ソープディッシュは、石けんを置いておくのに役立つアイテムです。石けんの置き場所を確保してくれるのはもちろん、水はけをよくしてくれる商品が多いので、石けんを長持ちさせることができます。洗面台やキッチンにひとつは置いておきたい便利グッズですが、さまざまな商品が販売されているので「どれを選べばいいのか分からない」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ソープディッシュの選び方ともに、人気おすすめ商品をLIMIA版のランキング形式で紹介します。ソープディッシュをお探しの方はぜひ参考にしてみてください♪

  • 28990
  • 70
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ソープディッシュとは?

ソープディッシュは石けんを置くためのケースで、洗面台に直に置くよりも水はけがよくなるため石けんを長持ちさせることができます。また衛生面においてもメリットがあり、カビや菌などの繁殖を防ぎます。置いて使用するタイプと壁・ガラスに貼り付けて使用するタイプがあるほか、プラスチックや陶器、ステンレス、木製など素材もさまざま。おしゃれなデザインのものはインテリアとしてもぴったりです。

ソープディッシュの選び方

ソープディッシュはさまざまな商品が販売されているため、探しているうちにどれがよいのか分からなくなってしまうこともありますよね。そんな悩みを解消するために、「ソープディッシュの選び方」を解説します。ソープディッシュを選ぶときには、素材や置き方など着目しておきたいポイントがいくつかあるので、まずはそれらをおさえてから商品を探しましょう♪ きっと自分に合ったソープディッシュが見つかりますよ。

素材

ソープディッシュには、ステンレスやプラスチック、木や陶器などさまざまな素材が使われています。それぞれの特徴や魅力を下記にまとめました!

ステンレス

ステンレスの魅力は、なんといってもサビにくく耐久性が高いこと。水回りで使われることの多いソープディッシュは水気に触れている時間が長いため、サビやすい素材はお手入れが大変です。その点ステンレスは水気に強いためサビにくく、長く愛用することができます。また、デザイン的にクールなものが多く、スタイリッシュなインテリアが好きな方との相性は抜群です♪

プラスチック

プラスチックで作られたソープディッシュは、軽量で壊れにくいのが特徴です。石けんを置いたり、ソープディッシュを移動させたりするとき、手が滑って落としてしまうことってありますよね。プラスチック製のソープディッシュなら、落としてしまっても壊れる危険性が低いですよ♪ 

木製のソープディッシュは、素材感のよさが特徴です。見かけることの少ない素材で、ナチュラルなインテリアが好きな方や素朴なインテリアが好きな方におすすめ♪ ただ、おしゃれでかわいらしい素材である反面、木製のソープディッシュは基本的に水気に弱いため、メンテナンスに手間がかかります。その点を踏まえたうえで、商品を選ぶのがよいでしょう。

陶器

陶器製のソープディッシュはおしゃれなデザインの商品が多いので、見た目を重視する方におすすめです。高級感のあるものから素朴な印象を与えるものまでデザインの幅が広く、自宅のインテリアに合ったソープディッシュを選ぶことができます♪ ひとつ注意しておきたいのが、落とすと割れてしまう危険性が高いこと。ほかの素材に比べて重さがあるので、持ち運びや移動には注意が必要です。

珪藻土

珪藻土を使ったソープディッシュは、水切れのよさを重視する方におすすめです。珪藻土は吸水性と速乾性が高いため、水はけのよさが重要なソープディッシュにピッタリの素材。石けんについている水気を、あっという間に吸い取ってくれますよ♪ ただ、陶器製と同じく落とすと割れてしまうおそれがあるので、取り扱いには注意しておきましょう。

ガラス

ガラス製のソープディッシュは見た目に高級感があるため、上品な空間の演出に一役買ってくれます。陶器や珪藻土と同じように割れてしまう危険性はありますが、ソープディッシュの見た目を重視する方にぜひおすすめしたい素材です。また、水気にも強いため、水回りでの使用にはピッタリの素材といえるでしょう。

置き方

ソープディッシュは、商品の形や機能によって置き方が異なります。平らな場所に置く「置き型」と、壁に貼り付けて使う「壁掛け型」の2種類に分かれるので、自分に合った置き方を選びましょう♪ それぞれの特徴について、下記にまとめました。

置き型

置き型のソープディッシュは、平らな場所であればどこにでも置くことができます。簡単に移動ができて置き場所を選ばないので、複数の場所にソープディッシュを移動させる予定のある方におすすめです。ただ、次に紹介する壁掛け型に比べて水はけがよくないので、水はけがよくなる工夫が施されている商品を選ぶのがよいでしょう。受け皿に傾斜がついている、水を抜くための穴が空いているなどのアイテムがおすすめです♪

壁掛け型

壁掛け型のソープディッシュは、マグネットや吸盤を使って壁に貼り付けて使用します。宙に浮いているため水はけがよく、掃除もしやすいので衛生面を重視する方におすすめの置き方です。ただ、壁の材質によって設置できないおそれがあるのが難点。商品を購入する前に、壁の材質との相性は必ずチェックしておきましょう!

サイズ

ソープディッシュのサイズも、選ぶときにチェックしておきたいポイントです。確認せずに購入してしまうと、「石けんのほうが大きすぎて、はみ出てしまう……」「置き場所のスペースが狭くてソープディッシュが置けない……」なんていうことなりかねません。石けんの大きさや置き場所のスペースの広さに合わせて、ソープディッシュのサイズを選びましょう。

ソープディッシュ人気おすすめランキング10選

それでは、LIMIAがおすすめする人気商品をランキング形式で紹介します。ステンレス製のスタイリッシュなものや100均で購入できるリーズナブルなものなど、幅広いソープディッシュをピックアップしました。ソープディッシュをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪ 「ソープディッシュの選び方」を参考にしながら商品を探すと、自分に合ったものが見つけられますよ。

シンプルでおしゃれなステンレス製ソープディッシュ

ステンレス製のシンプルなソープディッシュです。底の部分が格子状になっているため石けんとの接地面積が小さく、石けんの水気をしっかりと切ることができます。どんなインテリアにもよくなじむモダンなデザインも魅力で、ツヤのあるシルバーが洗面台をうつくしく演出します。さらに台との接地面積も小さいため、石けんカスや水アカなどの掃除も簡単です。

素材:18-8ステンレス鋼
置き方:置き型
サイズ:125×90×25mm

モノトーンでおしゃれなソープディッシュ

シンプルかつモダンなデザインのソープディッシュです。スタイリッシュで高級感があり、モノトーンな色合いはどんなインテリアにもよくなじみます。さらに、コンパクトでスペースをとらないという点もポイント。底の部分は格子状になっており、石けんが溶けたり台がヌメったりするのを防ぎます。裏面には滑り防止のクッションがついているため、安定感も抜群です。

素材:スチール(ユニクロメッキ+粉体塗装)
置き方:置き型
サイズ:110×75×12mm

水はけのよさが魅力的なシリコン製ソープディッシュ

デザイン性・機能性を両立させたシリコン製ソープディッシュです。石けんとの接地面は格子状になっており、石けんと触れない底の部分が斜め構造になっているため、石けんが滑り落ちることなくしっかりと水気を切ることができます。本体はやわらかくて曲げやすく、汚れたらすみずみまできれいに丸洗いできるのも魅力です。バリエーションはホワイト、ピンク、グリーン、ブラックの全4種類です。

素材:シリコン樹脂
置き方:置き型
サイズ:115×80×10mm

〔Soil(ソイル)〕珪藻土で作られたソープディッシュ

吸水性にすぐれた自然素材「珪藻土」を用いて作られたソープディッシュです。底の部分が平らで一見すると水はけが悪いと感じるかもしれませんが、石けんとの接地面から水分をしっかり吸収するため、常に乾燥した状態をキープすることができます。パステルカラーのやさしい色合いも魅力で、空間をかわいらしく見せます。バリエーションはグリーン、ホワイト、ピンク、ブルーの全4種類です。

素材:珪藻土
置き方:置き型
サイズ:100×100×15mm

圧縮ひのきで作られたナチュラルデザインの木製ソープディッシュ

鳥取県産のヒノキを用いて作られた、ナチュラルテイストのソープディッシュです。高温・高圧処理でヒノキを圧縮させることで、お風呂場や洗面所などの湿気が多い場所に置いていてもカビが発生しにくくなっています。さらに薬剤処理は一切していない無添加の天然素材なので、小さな子どもがいる家庭でも安心です。木製のソープディッシュはめずらしく、他人と差をつけたいという方にもおすすめです。

素材:鳥取県産ヒノキ
置き方:置き型
サイズ:ー

透明感のある水色のガラスがおしゃれなガラス製ソープディッシュ

使い勝手はもちろん、デザインにもこだわりたいという方におすすめのガラス製ソープディッシュです。うっすらと色づいた水色のガラスが爽やかで、洗面台を涼しげに見せることができます。底の部分は格子状になっており、隙間が空いているため水がたまる心配もありません。さらに表面が凸凹仕様になっているので、滑りやすい石けんもしっかり保管できます。

素材:ガラス
置き方:置き型
サイズ:120×100×20mm

マグネットで石けんをくっつける〔ダルトン〕のソープディッシュ

幅広いインテリアアイテムを展開する人気メーカー〔ダルトン〕から、マグネットの力を利用して石けんを固定する個性的なステンレス製のソープディッシュです。ホルダーのギザギザを石けんに差し、磁器を用いてマグネットに固定して使用します。底の部分が一切ないため、水はけのよさも申し分ありません。小さい石けんも問題なく固定でき、最後まできちんと使い切ることができます。本体部分は吸盤を使って壁に貼り付けます。

素材:ステンレススチール・アルミニウム・磁石・PVC
置き方:壁掛け型
サイズ:50×65mm

カラフルな色合いが魅力的な壁掛けソープディッシュ

石けんに穴を空けることなく、吸盤の力を利用して壁に取り付けて使用できるソープディッシュです。全面に小さな吸盤がびっしり設けられており、石けんだけでなく歯ブラシや歯磨き粉もくっつけることができます。本体は、壁や鏡などツルツルしている場所ならどこにでも取り付けることが可能です。カラフルな色合いも魅力で、バリエーションはクリア、ピンク、ブルー、イエローの全4種類です。

素材:スチレン性エラストマー(TPE)
置き方:壁掛け型
サイズ:75×55×10mm

真っ白なデザインが目を引くおしゃれなソープディッシュ

「壁に取りつけるタイプがいいけど、石けんが落ちないか心配」という方におすすめの、トレーごと壁に取り付けて使用できるソープディッシュです。底の部分には穴が開いており、水はけはばっちり。さらに特殊構造により吸盤をしっかり固定することができるため、本体が落下してしまう心配もほとんどありません。ホワイト一色のシンプルなデザインで、清潔感のある空間を演出します。

素材:ABS、シリコン、塩化ビニール樹脂
置き方:壁掛け型
サイズ:133×101×83mm

吸盤で簡単貼り付け!100均で購入できるソープディッシュ

100均〔キャンドゥ〕で購入できる、壁掛け型のソープディッシュです。こちらのアイテムの特徴は、平らな場所に吸盤を貼り付けて使用すること。壁掛け型の多くは壁に貼り付けて使用しますが、〔キャンドゥ〕のソープディッシュは平らな場所に貼り付けて使用するため、「ソープディッシュを貼り付けられる壁がない!」といった場合でも設置することができます♪ 

こちらのアイテムはDIYクリエイターであるmaiikkooさんが紹介しています。詳しく知りたいという方は、ぜひ下記のアイデアをチェックしてみてください!

素材:ー
置き方:壁掛け型の
サイズ:ー

▽maiikkooさんのアイデアをもっと詳しく見てみる!

珪藻土の歯ブラシスタンドも紹介しています

歯ブラシスタンドは、洗面台周辺をすっきりさせるために便利な収納アイテムです。インテリア性も高く、見せる収納をする上でとても役に立ちます。しかし、歯ブラシについた水滴がスタンドの周辺に溜まったり漏れてしまったりといった問題が気になる方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのが、珪藻土を使った歯ブラシスタンドです。吸水性と速乾性の高い珪藻土が歯ブラシについた水滴を吸収してくれるため、水滴の漏れや溜まることを防いでくれますよ♪

歯ブラシの置き場に困っている方は、ソープディッシュと合わせて歯ブラシスタンドを購入し、洗面台周辺を一気にすっきりさせてみてはいかがでしょうか。

下記のアイデアでは、asuka__naさんが「100均〔キャンドゥ〕と500均〔プラスハート〕の珪藻土歯ブラシスタンドはどちらがよいのか?」の検証内容を紹介しています。気になる方はぜひ参考にしてみてください♪

▽asuka__naさんのアイデアをもっと詳しく見てみる!

まとめ

ソープディッシュにはさまざまな種類があり、一つひとつデザインやタイプ、素材、そして水はけのよさなどが違います。選ぶアイテムにより使い勝手が異なるほか、石けんの持ちにも差が出ます。水はけが悪いと石けんが溶けやすくなるだけでなく、泡立ちが悪くなるおそれもあるのです。さまざまな点からしっかり比較し、好みに合ったものを選ぶことが大切です。ソープディッシュをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 28990
  • 70
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード