室内に仕切り壁を作るリフォームにかかる費用・相場は?

室内に仕切り壁を作るリフォームによって壁を作る場合には何通りかの方法があり、その選択によってかかる費用も変わってきます。なので、さまざまな事例を参考にしながら比較検討し、使い方や予算、家の構造などに合った方法を選ぶ必要があります。
今回は、仕切り壁をつくるリフォームにかかる費用についてご紹介していきます。

  • 48276
  • 7
  • 0

壁を作るにはどれくらいの費用がかかるのか

まずは、壁を作る費用は概算でどのくらいかかるのかについて、方法別に見ていきましょう。

【方法その1】室内を完全に壁で仕切る場合

新しい壁で完全に室内を仕切ってしまう場合は、概算で10万円~20万円ほどの費用がかかるとされています。また、部屋を増やすことになるため、壁を作る工事費に加えて、照明や空調の設置費用がかかってくる点にも注意が必要です。

コンセントなどの増設が必要になった場合は、その工事費も別途必要になるため、事前に必要な設備などについても確認しておきましょう。

【方法その2】空間を空けて部屋の一部を仕切る場合

子ども部屋など、完全に部屋を仕切る必要がない場合は、一部に空間を空けた壁を作って仕切ることもできます。このようなケースは、完全に壁で仕切るケースよりも工費や材料費を抑えることができるため、【方法その1】に比べると費用は数万円ほど安くなるでしょう。

また、空調などにあまり神経質になる必要がないため、設備費用や電気工事費用なども抑えやすいリフォームです。

【方法その3】家具や建具などで部屋を仕切り、家具などの裏に化粧板を張る場合

意外に多いのが、収納家具などをパーテーションのように置いて壁にし、それで仕切ってしまう方法です。ご家族の荷物が増えてきたタイミングで行えば収納が楽になりますし、仕切りが不要になったときも撤去や移動が楽なため、あとから簡単に部屋を広く使えるメリットがあります。

ただし、工事の時に室内で家具を組み立てたり、裏側の見栄えの良くない部分に化粧板や壁紙を張ったりする作業が増えると、単純に壁を作るより費用がかかることもあります。概算ですと、費用は20万円~となります。

壁を作るリフォームの実例と費用

上記では方法別の費用をご紹介しましたが、実際のリフォームは人によって内容が細かく異なっているため、概算のみで判断することが難しい場合もあります。そこで以下では、事例を交えつつリフォーム費用をご紹介しますので、自分の要望と照らし合わせながら大体の費用をつかんでいきましょう。

【事例その1】子ども部屋を2つに仕切るために壁を増設した場合

これは元々の新築時に、将来壁で仕切ることを想定して広い子ども部屋を設けていたケースです。この場合は、照明・出入り口などの増設や新規の電気工事などをする必要もないため、単純に壁を増設して部屋を仕切る工事のみで済んでいます。かかった費用は15万円ほど、工期も2日間と短期間で済みました。

もし、扉や照明などを増設したり、空調設備などを追加したりする必要があれば、この金額をあくまで壁工事のみのベースと考えて、追加工事の費用がかかってくると考えておきましょう。

【事例その2】収納を兼ねた間仕切り壁を増設する場合

この事例はただの壁ではなく、壁部分が収納家具を兼ねているタイプの間仕切り壁を増設するケースです。商品として販売されている収納つきの壁を、一般の壁と同様に工事で取りつけます。

壁紙などを張る必要がなく、工事そのものの手間はある程度省けますが、間仕切り壁自体の商品価格が比較的高価なため費用がかさみやすく、相場は30万円~50万円台となります。

【事例その3】扉などの建具を壁として仕切る場合

この事例は、上記の【方法その3】でご紹介したリフォーム方法となります。壁材を使用するのではなく、大きめの家具や建具を壁として代用し、部屋を仕切っていきます。

選ぶ家具・建具によって材料価格も工法も変わるため、相場は5万円~50万円ほどと前後します。

おわりに

壁を作るとなると、その後また仕切った部屋を広く使いたくなることもあるかもしれません。それを想定して将来的に柔軟な対応ができるようにしておくか、元に戻すことを考えず壁を完全に作ってしまうかは、将来的にライフスタイルが変化する可能性をよく考えて見極めることが大切です。

まずは、どのようなリフォームが理想的であるのかを見極め、一括見積もりを利用するところから始めてみましょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、最大12社のすまいの専門家から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、LIMIAの一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。

  • 48276
  • 7
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

みんなの投稿コンテスト