トイレをリフォーム!費用の相場はどのくらい?事例別にご紹介

トイレリフォームを行う上で、もっとも気になるものは費用です。リフォームには相場があります。部品代もさることながら、工事の人件費といったものもあるでしょう。相場より著しく高いものも問題ですが、安すぎる場合も考えものです。一体、トイレリフォームの費用は、どのくらいかかるものなのでしょうか?

  • 10297
  • 46
  • 0
  • いいね
  • クリップ

トイレリフォームを行う上で、もっとも気になるものは価格です。リフォームには相場があります。部品代もさることながら、工事の人件費の相場といったものもあるでしょう。相場より著しく高いものも問題ですが、安すぎる場合も考えものです。一体、トイレリフォームの費用は、どのくらいかかるものなのでしょうか?

全体的なトイレリフォーム費用の相場

トイレのリフォーム費用は、総額で計算されます。その内訳はどのようなものでしょうか。トイレのリフォームの内訳は、材料代、部品代と工事をするにあたっての工賃がかかります。さらに消費税や、手数料などの諸費用がかかります。相場としては安いものでは10万円程度でできるものから、本格的なものだと100万円以上かかるところもあります。相場としては20万円〜60万円程度の範囲内におさまるものが多いです。

総額は安くできない?

上記の総額の中で削れるポイントはどこでしょうか。材料代は、最新式のものでなく、数年前の古いモデルでよければ安くなることがあります。さらに、工事の時間が指定されているプランもあります。例えば平日の昼間など、業者が多忙ではない時間に工事をする代わりに費用を安くするといったものです。格安のトイレリフォームではこうしたプランが用意されているところも多いので、条件があえば利用してみると良いでしょう。

次は、値段別にトイレリフォーム費用の相場をみていきましょう。

10万円台のリフォームは?

安くできる10万円代でできるトイレのリフォームは、便座の交換など簡単な工事です。工期も1日で済みますので、人件費もかからないためリーズナブルとなっています。

20万円~40万円台のリフォームは?

20万円台のリフォームは、便座の交換にプラスして、オプションが必要な場合が該当します。例えば、便座にヒーターやウォシュレットをつけることや、バリアフリー用の手すりをつけるといった工事が必要な場合は、さらに費用がかかります。

40万円台〜60万円台のリフォームは?

トイレリフォームでもっとも費用がかかるのは、本格的な工事が必要になる場合でしょう。和式のトイレから洋式のトイレに変えるといった場合には、便座の交換だけでなく水回りの工事も必要となります。そうした場合には費用がかさんでゆき、40万円から60万円かかることもあります。

60万円以上かかるリフォームは?

トイレのリフォームの中には60万円以上かかるプランもあります。40万円代から60万円代のリフォーム、便座の交換と水回りの工事に加えて、スペースの格調や内装にこだわった場合には、費用がかかります。

また、くみ取り式の和式トイレから水洗の和式トイレへ変える場合には、浄化槽の設置など、外部の工事も必要となるため、部品代だけでなく工賃もかかるので、最低でも80万円以上の費用がかかるのが相場です。場合によっては100万円〜200万円程度かかることもあります。

トイレリフォームの目的別の相場は?

トイレのリフォームは目的に応じて値段が大きく変わってきます。便座の交換をしたいのか、水回りを含めて直したいのか、まったく新しいものにしたいのかによって価格が異なってきます。自分の目的にあわせて、業者と相談してみるとよいでしょう。

便座の交換の相場は?

便座の交換だけをしたい場合は、安いものだと10万円以下でできるものがあります。これまである和式トイレ上に、新しい洋式トイレの便座をかぶせるだけの簡易的なリフォームで、リフォーム費用は安くなります。

水回り工事を含めての相場は?

トイレのリフォームに水回りの工事が加わる場合は、20万程度の予算が相場です。トイレリフォームでは、水回りも一緒に工事をする場合が多いので、一般的なトイレリフォームでは、最低でも20万円程度はかかることを頭に入れておきましょう。

内装を含めたトイレリフォームの相場は?

トイレのリフォームは便座の交換ばかりではありません。壁紙やタイル、内装などを広くリフォームする場合もあります。さらに手狭なトイレの空間そのものを拡げるというタイプのリフォームもあります。そうしたリフォームを行う場合、大規模な工事が必要となりますので、30~40万円の金額がかかります。

バリアフリーのトイレリフォームには補助金も

手すりの設置や、トイレ内の段差をなくすといったバリアフリー仕様へのリフォームは、トイレのリフォームの中でもよく行われているものです。バリアフリーへリフォームする場合は、20万円を上限として、工賃の9割までが補助金として保障されます。ケアマネージャーや主治医と相談の末、工事を行います。工事が完了した後に領収書、工事費用の内訳書、改修前後の写真が確認できる書類を、居住する地方自治体に提出すれば補助金が支給されます。

トイレリフォームは控除の対象にも

トイレのリフォームを住宅のリフォームの一貫として行い、支払いは自己資金による一括払いだった場合は、控除の対象となります。最大で20万円から25万程度が所得税から控除されます。お得な制度なので、条件が合えば利用すると良いでしょう。

豪華なリフォームは

トイレをまったく新しいものにしたい、ゴージャスな空間にしたいという場合には予算がかさんでゆきます。内装など凝ったものにする場合には、それだけお金がかかってゆきます。予算の相場としては40万円から60万円です。場合によっては60万円以上かかる場合もあります。

部位・目的別のトイレリフォーム費用の相場

トイレリフォームの予算は、リフォームする部位や目的によっても変わってきます。便座の種類によっても相場が変わってきますので、それぞれみてゆきましょう。

洋式トイレから洋式トイレへのリフォームの相場

洋式トイレを新しい洋式トイレにする場合の相場は10万円以下でできるものが多くあります。便座を付け替えるなど簡易的な工事や、手すりをつけるといったオプションの工事ならば、5万円程度でできるところも多くあります。

和式トイレから洋式トイレへのリフォームの相場

和式トイレから洋式トイレへのリフォームの相場は20万円台から30万円台となっています。和式トイレから洋式トイレへ変える場合は、トイレ内の段差をなくしたり、電気コンセントを設置したりという必須のオプション工事がかかるため、さらに値段がかかります。

くみ取り式和式トイレから洋式トイレへのリフォームの相場

くみ取り式和式トイレから洋式トイレへのリフォームは、トイレのリフォームの中でもっとも費用がかかります。便座の交換だけでなく、便槽の撤去と処分費用、さらに下水道がない地域では浄化槽の設置も必要となります。最低でも80万円くらいの予算計画を用意しておくとよいでしょう。場合によっては100~200万円以上かかることもります。

簡易水洗トイレへのリフォームの相場

汲み取り式和式トイレから、水洗の洋式トイレへのリフォームには莫大な費用がかかります。それほどお金がないという場合に、おすすめなのが簡易水洗トイレです。簡易水洗トイレは、汲み取り式はそのままですが、便座の部分を水洗式に変えるものです。費用が40~60万円で済みますので、本格的なリフォームを行うより経済的です。

おわりに

トイレのリフォームの費用は目的別や部位別に応じてケースバイケースであるといえます。部品代、工賃、諸費用もかかるので、値段はよく確認するようにしましょう。コミコミの価格を表示している業者も多いので注意が必要です。

トイレリフォームの費用・相場を把握したら、一括見積を利用し、複数の業者の見積金額を比較検討し、できるだけお得にリフォームをしましょう。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 10297
  • 46
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード