これでもう大丈夫!どうしても捨てられないモノを捨てる4つのコツをミニマリストが解説します!

みなさまこんにちははじめまして!
ミニマリスト系ファイナンシャルプランナーの
リムベアーでございます。

突然ですがあなたは、断捨離をしている最中に
「う〜んこれは捨てようかな〜どうしようかな〜」
って思って断捨離が長いこと中断してしまった経験はありませんか?

こういうものが出てくるたびに
その都度立ち止まっていては
せっかくやる気になったのにだんだんやる気が低下して
断捨離をやめてしまいかねません。

そこで今回は断捨離中に出てきた
どうしても捨てられないモノを捨てるための
4つのコツを紹介させていただきます。

これを読んでドンドン捨てられる人になっちゃいましょう!

  • 15248
  • 138
  • 0
  • クリップ

捨てる方法その1、保管箱を作成してとりあえずそこに置いておく

まずはイチバン簡単な方法から解説してきますね。
それは保管箱を作る!
やっぱりすぐに捨てるかどうかの判断って
なかなか難しいものがありますよね。

判断できるものは即判断できるんですが
判断に困るものは必ず出てきます。

そこで登場するのがこの保管箱。
どうしても捨てられないモノが出てきたら
とりあえずこの保管箱に入れてしまう。

そして一旦そのモノのことは忘れてしまいましょう。
忘れるってことがポイントですね。

そして数日間経ったら
もう一度その保管箱を覗いてみて
もう一度捨てるかどうかの判断をする。

少し時間を置くと意外にあっさりと捨てられちゃったりしますからね。
オススメの方法です!

捨てる方法その2、写真を撮ってあげると捨てられる

次は写真を撮って捨てるという方法です。
捨てようかなって迷っている時点で
おそらくもうあなたには必要ないものなんです。

なのにどうしても捨てられないのは
きっとさびしい気持ちがあるからではないでしょうか?

そのものにある思い出とかが一緒になくなってしまうような
そんな恐怖心を抱いているのかもしれません。

あと一歩勇気を出して踏み出すだけなんですが
これがなかなかムズカシイ。

そんな時は写真に撮ってあげる。
そうすることでそのモノ自体はいつでも
見ることができますよね。

こうすることで案外あっさりと手放すことができます!

捨てる方法その3、オークションサイトやフリマサイトで売ってお金にかえると捨てやすくなる

これは節約的にみて最善の策ですね。
何かを捨てる時って
「もったいない」という感情が必ず発生します。

「まだ使えるのにもったいない」
「まだ着れるのにもったいない」
「まだ読めるのにもったいない」

だから捨てるのを躊躇してしまう。
そんな時はお金にかえてしまうと捨てやすくなります!

しかし買取専門のお店に持ち込むと
買取額がかなり安くなってしまいますので
少々手間はかかりますけど
オークションサイトやフリマサイトで
直接販売した方がお金になります。

ただし、注意してほしいことが1つあります。
「これは売れそうだな。あとで売るからとりあえずしまっておこう」
っていうこと!
これはイチバンいけません。

なぜかというとそのまま放置になる可能性が高いからです。
なので売る時は即行動する!
思い立った時に売ってしまいましょう。

捨てる方法その4、どうしても捨てられないならムリに捨てなくて良い。

これは捨てる方法ではないのですが
どうしても、どうしても、どうしても捨てられないのなら
それはきっとあなたにとって本当に大切なものです。

そういうものならたとえ使っていなくても
今後使う予定がなくても
堂々と残しましょう。

断捨離ってただ捨てれば良いということではありません。
今の自分にとって価値のあるものを選択していく作業。

なのでそこまでしてもどうしても捨てられないものなら
無理に捨てなくてOKです!

ただし、今まで以上に大切にしてあげましょう。
収納用品の中にしまって置くのではなくて
ディスプレイしてあげて、時にはメンテナンスもして
大切に大切にしていきましょう。

まとめ

それでは最後に復習してみましょう。
1、保管箱を作って様子をみる。
2、写真を撮って捨てやすくする。
3、オークションサイトやフリマサイトで売ってお金にかえる。
4、捨てずに大切にする。

ものを捨てるって過去の自分と向き合う
とてもエネルギーの使う作業です。

今の自分に価値のあるものを間違って捨てないように
逆に価値のないものを残さないように
短期決戦ではなく、長期的な目を持って
コツコツ続けていきましょう!

以上、リムベアーでした。

  • 15248
  • 138
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード