トイレリフォームの費用見積もりポイント4選!損のないリフォームにするコツ

今回は、トイレリフォームの見積もりで損をしないために役立つ4つのポイントを解説します。トイレリフォームをするにあたって、気をつけなければいけない点は見積もりです。賢く見積りをしないと、相場よりも高いリフォーム費用がかかってしまうケースが多いので、ぜひこの記事を目安にしてください!

  • 4563
  • 24
  • 0
  • いいね
  • クリップ

トイレリフォームをするにあたって、気をつけなければいけない点は見積もりです。賢く見積りをしないと、相場よりも高いリフォーム費用がかかってしまうケースが多いです。今回は、トイレリフォームの見積もりで損をしないために役立つ4つのポイントを解説します。

1. トイレリフォームの相場を知る

トイレリフォームにかかる相場を知りましょう。相場を知ることで、高いリフォーム見積をされたときに「相場の○○円に比べて高いですよね?」と値段交渉しやすくなります。不当に高いリフォーム費用を見積もる業者もいるため、相場を知らないと、高い費用でトイレリフォームを行う結果となってしまいます。

2. 一括見積で料金比較を行う

トイレをリフォームしようと思ったら複数の業者から見積もりをとることをおすすめします。リフォーム業者さんによっては同じメーカーの商品と、同じ工事であったとしても、値段が変わってくるからです。

そこでおすすめなのが一括見積です。一社一社見積り依頼をする手間もなく、複数社から見積りがもらえるので、適正なリフォーム料金でトイレリフォームを行うことができます。

3. 見積金額の内訳を把握する

トイレリフォームの見積もりを出してもらった後は、内訳を把握するようにしましょう。トイレリフォームとひとくちにいっても、さまざまな要素がからみあっています。トイレリフォームの内訳にはどういうものがあるかを把握することが重要です。トイレリフォームの内訳としては

1. トイレ本体・部品代
2. 部品を設置するのにかかる工賃
3. 消費税などの諸経費

の3つが大きなポイントです。見積金額の内訳をきちんと把握しましょう。見積金額の内訳をしっかり把握することで、適切な値段交渉がしやすくなります。

4. 値段交渉をする

一括見積を行い、費用の内訳を確認したら、値段交渉も検討しましょう。例えば、

・トイレ本体・部品を別のメーカーのものに変えるから安くしてほしい
・工事の日時を業者さんの都合に合わせるので安くしてほしい
・壁紙や床など他のリフォーム工事も一緒に依頼するから安くしてほしい

といったものです。見積金額の内訳を把握し、ポイントを絞って交渉をすれば、値引きにも応じてもらいやすくなります。

おわりに

トイレリフォームの見積もりのポイントで重要なのは、

1. トイレリフォームの相場を知る
2. 一括見積で料金比較を行う
3. 見積金額の内訳を把握する
4. 値段交渉をする

です。特に重要なのは一括見積を行い、複数社の見積料金比較を行うことです。トイレリフォームにおける見積のポイントをおさえて、適正な料金でトイレリフォームを行いましょう。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 4563
  • 24
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード