『3部屋の子供部屋と家族の団らんスぺースに』

『自分の部屋が欲しい!』年頃になると誰もが願う事ですよね。お子様の成長にあわせて子供部屋を造作してみませんか?今回はもともと共同で使っていた広い子供部屋を「3部屋+団らんスぺース」に区切る間仕切り工事をご紹介します!

  • 4604
  • 9
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【Before】 使い勝手と3部屋分の動線の確保の両立

間仕切り前の広めの洋室は、スぺースを仕切るように部屋の中央に背の高い家具を置いていました。学生のお子様の荷物はただでさえ多いのに、一面に物が見えてしまう事でさらに窮屈な印象を与えてしまいます。この部屋を3部屋+団らんスぺースに区切っていきます。

【施工中写真】壁をひとつひとつ立てていきます

部屋の仕切りの柱を組んでいる様子です。それぞれ、どれ位の部屋スぺースが確保出来るか慎重に計算した上で、動線と併せて使いやすい子供部屋になるように間仕切っていきます。

間仕切ったお子様の部屋紹介 ~その1~

完成したお子様のお部屋をひとつずつ覗かせて頂きましょう。こちらは一番上のお兄ちゃんのお部屋です。クロスはそれぞれ好みの物をカタログから選んでいます。レンガ調の立体感のあるクロスを正面に持ってきていることで、インパクトがありますね!ですが柄が主張し過ぎず、人を選ばない落ち着いた雰囲気のお部屋になっています。

間仕切ったお子様の部屋紹介 ~その2~

こちらは真ん中の小学生の女の子のお部屋です。淡いピンク色がファンシーな雰囲気で、まさに「女の子のお部屋」な可愛らしい雰囲気です。家具が白系統でより好みの雰囲気が伝わってきますよね♪

間仕切ったお子様の部屋紹介 ~その3~

こちらは一番下の小学生の男の子のお部屋です。ブルーのクロスが爽やかでこちらも可愛らしいですね♪家具は既に整っていますが圧迫感は感じられず、また掃き出し窓がある事でより開放的な印象になっています。

必要なものをイメージして設備を整える

元々1つだった部屋を3部屋+団らんスぺースに区切っているので、窓やエアコンもそれぞれの部屋に行き渡る様に、整えてあげなければいけません。窓の有無や電源を引っ張ってきたい箇所をお客様と相談しながら設備も一緒に整えていきます。

家族で集える共有スペースも確保しました

広さ4畳×3部屋のドアの並ぶスペースにはテレビも置いて、共有の団らんスぺースへと変わりました。家族が集まれるくらいの余裕のある広さで、ここでお母様が休憩する事もしばしばなのだとか。子供部屋が出来てからも会話の出来るスぺースがあるのは嬉しい事ですよね。

リフォームデータ

■子供部屋造作工事
■施工内容 間仕切り壁造作、電気工事、サッシ新設工事開き戸設置工事、内装工事、配線工事、洗面台取付工事新規配管工事 他
■施工金額 約103万円
■施工日数 約7日間

設計・施工

■会社名: 株式会社 ぱっとホーム
■住所: 【本社】千葉県八千代市村上957 【成田ショールーム】千葉県富里市七栄957 【市原ショールーム】千葉県市原市君塚3-4-3
■電話: 0800-222-810
■URL: http://www.pathome.jp/
■施工エリア: 八千代市、佐倉市、白井市、印西市、四街道市、船橋市(一部)、千葉市花見川区(一部)、千葉市稲毛区(一部)、千葉市中央区、千葉市緑区、成田市、富里市、酒々井町、八街市、市原市、匝瑳市(一部)、山武郡芝山町、山武市、袖ケ浦市(一部)

  • 4604
  • 9
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

はじめまして!ぱっとホームは千葉県八千代市と富里市、市原市にショールーム併設型店舗を持つリフォーム会社です。「対応力」を上げるために30分以内で伺える地域を限定…

おすすめのアイデア

話題のキーワード