キッチンリフォームを見積もりする場合に役立つ5つのポイント

リフォーム費用では、相場を知る上でも相見積りを取るのが重要なテクニックです。特にキッチンリフォームの見積もりを行う際に、何を伝えれば良いか分からず、気付くと費用が高くなっていたなどということも起こり得ます。見積もりの際の不要なトラブルを防ぐためにも、今回紹介する5つのポイントを参考にして、キッチンリフォームを成功させましょう。

  • 5983
  • 16
  • 0
  • いいね
  • クリップ

「あいまいなイメージを伝えたら全くイメージキッチンになってしまった」
「総額が安いから依頼したのに、追加工事が発生して結局高くなってしまった」

など、見積りが原因で発生するトラブルもリフォームでは珍しくありません。今回は、キッチンリフォームを見積もりする場合に役立つ5つのポイントに関してご紹介します。

見積もりの5つのポイント

1. 見積り依頼は具体的に行う
2. 相見積りを取る
3. 見積り条件は必ず同じ条件で取る
4. 工事内容は細かく確認する
5. アフターフォローや追加料金の有無を確認する

1. 見積り依頼は具体的に行う

見積りをする上で一番重要な事は、どのようなリフォームをしたいのかを明確に伝える事です。

「さわやかなイメージで」
「北欧風のカフェみたいな感じ」

などのように、あいまいなリフォーム要件を伝えてしまうと、本来不必要な工事がされてしまう恐れもありますし、見積り依頼を出された業者にも迷惑がかかり、信頼関係が築けません。最低限、下記は事前に決めた上で見積りの依頼を出しましょう。

・キッチンの形
・キッチン移動の有無
・必要なキッチンの機能、設備
・収納の広さ
・キッチンの高さ

2. 相見積りを取る

見積りを行う際は必ず複数の業者で相見積りを取りましょう。相見積りのメリットは、1社だけでの見積りではわからない、自分の希望するリフォーム内容の相場がわかることです。見積りは、

・見積り依頼
・リフォームの現場調査
・リフォーム要望の確認
・見積り書の提示

という流れで行われますが、見積り先が多すぎる場合、上記の流れを1社1社行わなければなりません。
数が多すぎると何が正しいのか混乱してしまう事もあります。

業者を絞りこむためにおすすめの方法は、概算の条件で比較サイト上から一括見積りを取った上で、業者の対応や相場感を確認の上、2、3社の業者に絞り込み、詳細見積りを取るという方法です。業者を探す手間も省け、おすすめです。

3. 見積り条件は必ず同じ条件で取る

相見積りを行う際は、必ず全く同じ条件で見積りを依頼しましょう。見積りの度に違う条件を伝えてしまっては、あとで比較しようがありません。見積り途中どうしても必要な条件が出てしまった場合は、すぐに全ての業者に連絡を行い、必ず同条件での見積りを取る事が必要です。

4. 工事内容は細かく確認する

リフォーム業者の見積り書のフォーマットは統一されていません。中には、リフォーム費用一式○○円といったように、機材と工事費用が一緒になっている見積りもありますが、これでは比較のしようがありません。そのため、最低限下記は見積りの項目は見積り項目に入れてもらうように業者と交渉しましょう。

◆機材に関わる見積り
・使用する機器
・素材の名称と単価

◆工事に関わる見積り
・工事の範囲
・施工方法
・人件費

全体の金額が安かったとしても、本来必要は工事が見積りに入っておらず、追加工事をして結局高くなってしまうケースも存在します。逆に、全体の金額が高くても、不要な工事を削ったり、使用する機器のグレードを変更する事で安く抑えられたケースもありますので、見積り項目は細かく確認の上、比較しましょう。

5. アフター保証や追加料金の有無を確認する

リフォームは別途工事や追加工事が発生する事があります。

「キッチンを外してみたら排水管が特殊だった」
「キッチンを外したら柱が腐っていて補修工事が必要だった」

などのケースです。

上記のようなケースはリフォーム業者にとってはよくある事例ですので、見積りを取る際に、

・追加工事や別途工事が発生する可能性やよくある事例
・工事が発生した場合の費用
・アフター保証の範囲

を明記してもらうようにしましょう。契約が決定した場合、工事業者は契約内容に従って工事を行います。契約書に記載の無い項目は行わないか別途費用がかかってしまいますので、起こりうる可能性は全て確認した方がよいでしょう。

おわりに

いかがでしょうか。キッチンリフォームの見積は、あなたとリフォーム業者の認識のすり合わせをどれだけ具体的にできるかがポイントです。具体的なイメージと比較項目を事前に考えた上で本格的な見積りを依頼しましょう。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 5983
  • 16
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード