キッチンのリフォームは築何年ですればいい?

キッチンのリフォームは、キッチン全体の場合、築何年でしなければいけないといった明確な基準は存在しませんが、大体の目安は存在します。また、給湯器や水回りの部品など、交換が必須な部品があります。ここでは、キッチンのリフォームを行う目安となる年数についてご紹介していきます。

  • 9085
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

キッチン全体のリフォームの目安

キッチン全体のリフォームは築15~20年くらいで行うのが目安です。この時期は、

・水回りの汚れや傷が目立ってくる
・キッチンの土台の腐食が起こる
・壁や床など、内装の汚れが目立ってくる

など、キッチン機材だけではなく、壁や土台などキッチン全体に劣化が起こってきます。そのため、築15年を目安にシステムキッチンの交換に合わせて、床や壁も含めたキッチン全体のリフォームを検討するとよいでしょう。

給湯器、コンロ、換気扇等、設備の交換の目安

キッチンを占める設備の中でも、給湯器やガスコンロ、換気扇の耐用年数は約10年~13年です。メーカーに交換用のパーツがあれば修理が可能なのですが、メーカーが部品を保管する期間は7年間のため、長期間使用している設備の場合、部品の在庫がなく、修理が出来ないこともあります。交換が必要な設備は10年を目途に交換した方がよいでしょう。

パッキン、排水管等の水回り部品の交換の目安

パッキンの耐用年数は約15年。排水管の耐用年数は20~30年です。水回りの備品が消耗してしまうと、漏水や排水管の詰りの原因となります。そのまま放置しておくと、漏水で階下に水が浸水してしまい、床材を張り替えるなど修繕費用が大きく発生したり、マンションの場合、階下の住人に迷惑がかかってしまうリスクがあります。気付かない間に水回りの劣化は進んでいますので、気をつけましょう。

まとめ

いかがでしょうか。キッチンのリフォームを行う目安はだいたい築15~20年です。また、水回りのメンテナンスは定期的にしておかないと、漏水などを引き起こすリスクが存在しますので気をつけましょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 9085
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード