リフォームのメリットとデメリットとは?みんな気になる素朴な疑問を解決

新築・リフォームのメリット・デメリット. 新築するかリフォームするか、悩んでおられる方はとても多いと思います。今回は、リフォームのメリットとデメリットをご紹介します。新築に比べて手軽に始められるリフォーム。しかし、リフォームも良いことばかりではありません。検討を始める前に、メリットとデメリットを整理して正しく把握しておく必要があるので、ぜひこの記事を参考にしてください!

  • 6771
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

新築に比べて手軽に始められるリフォーム。しかし、リフォームも良いことばかりではありません。検討を始める前に、メリットとデメリットを整理して正しく把握しておくことが必要です。

リフォームとのメリットとは?

●新築に比べて、安い予算で施工できる。

リフォームの場合、予算に合わせて無理のない内容を選択することができます。新築に比べて安い予算で、内外装とも新築同様になります。

●新築に比べて、工事期間が短いことが多い。小規模なリフォームの場合、住みながら施工することが可能。

工事期間が短く、リフォームする場所も小規模なら、新築のように仮住まいを見つけたり、引越しをする必要はありません。その分、手間も予算も省くことができます。

●大規模なリフォームの場合、好みに合わせて自由に設計できる。

リフォームの場合、好みの間取りを実現することが難しいと思われがちですが、大規模なリフォームを行えば可能になります。

●物件の選択肢が増える。

希望するエリアで、希望どおりの間取りの新築物件を探すのは、大変苦労することになると思われます。エリア、予算、間取りなど、どこかの部分で妥協している方が多いのではないでしょうか。しかし、リフォームを前提にすれば、中古の戸建てやマンションも物件選びの候補に入り、物件の選択肢は大幅に増えることになります。

リフォームのデメリットとは?

●築年数が長いため、耐久性に不安がある可能性がある。

リフォームを想定した上で中古の戸建てやマンションを購入する際は、築年数に注意しなければいけません。なぜなら、建築基準法の改正により基準が引き上げられてしまっていたり、耐震性が現在の法律で定められている基準を満たしていなかったりすることがあるからです。その場合、リフォームする際に、新たに安全性や耐震基準を満たす工事が必要となるため、結果として新築より割高になってしまう可能性があります。

●構造の補強を含めると、新築より割高になることがある。

構造部分の腐食が進んでいるような物件は、これも新築より割高になってしまうことがあります。築年数が浅くても、手抜き工事が行われていれば、結果的に高くつくことになります。逆に、築年数が長くても、メンテナンスが行き届いていれば安くなることもあります。

●既存の建物の構造によっては、自由に設計できない。

広々としたリビングが欲しいからといって、壁や柱を取り払ってしまったら、別の部分で補強が必要になります。また、キッチンや風呂など水廻りの移動は、配管などを全部移動させないといけないので割高になります。予算を安く見積もると、自由な設計は難しいと考えていいでしょう。

リフォームの検討は物件の調査から

リフォームのメリットとデメリットは、物件に左右されることが多いと言えます。リフォームを想定した上で中古の物件を選ぶ際は、その物件がリフォームに適しているかどうかを事前に調べることが必要です。特に中古の戸建てやマンションを購入する際は、専門の業者に相談の上、決定するといいでしょう。

リフォームを行う際は、物件についてよく調べ、自分自身の予算や住みたい理想などを整理した上で検討することが大切です。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 6771
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード