vital colour(重要な色)で創る空間

色彩でリノベーションする。
私のリノベーションは、色彩・材料の質感・あかり
この3つをデザインすることで
昼の顔・夜の顔のふたつの空間が楽しめます。

空間を色から創る
カラーリノベーションが特徴です。

  • 1338
  • 9
  • 0
  • クリップ

色でリノベーションする

五感で感じる空間創り。

私は、本当の居心地のいい空間とは、配色の調和だと思っています。
人は、視覚から80%の情報を得ます。
洋服のセンスがいい人は、バランスがいい人です。
全てがバランスなんです。
室内空間も同じことで、配色のバランスのいい部屋が心地よさとなります。
もちろん、そこにはその空間にあった家具・ファブリックも必要です。

配色を決めて、ファブリック・インテリアを選ぶ。
その逆もできます。

心地いい空間を創るということは
色彩・材質素材・明かりの三要素が必要不可欠だと思います。




www.andaymama.com/

私の事務所をリノベーション致しました。
もともとは、約30年経つ主人の事務所だったのですが、
空けてくれるということで、今回おしゃれに自分でリノベーションしました。
予算をかけることなくデザインするために、
配色で(塗装)イメージをかえてみました。
かかった費用は50000円で納めました。

www.andaymama.com/

正面左側です。
DIY教室で使う小物や道具をまとめています。
以前すのこで作った棚が役にたち、すっぽりと収納されています。
ペンキの缶がおしゃれでディスプレイのようですねっ。

www.andaymama.com/

正面から右側。
事務所の必需品が整理され、すっきりした印象を受けます。

ポイントポイントに可愛さを置き
おしゃれ感を際立てています。

www.andaymama.com/

窓枠にニッチ風の加工をしました。
オレンジの壁に大きな窓と廻り縁の白色が印象的になりました。

www.andaymama.com/

デットスペースが一番大変でした。
室内ガーデンを作ることで、印象が変わります。
夜のナイトガーデンもとても素敵です。

ちなみに
バックの板は、コンパネに木材を貼ってオイルステイン仕上げです。

www.andaymama.com/

夜のライティングです。
窓際のスタンド照明をわざと、高さを変えることで
正面の奥行き感を広く演出しています。

www.andaymama.com/

これが、施工前の写真です。
今回は天井を変えていませんので、施工後がわかりやすいと思います。
リノベ箇所は
廻り縁・壁・巾木・棚板の撤去・窓枠の5か所です。

材料費:50000円までに抑えました。
配色のセンスでここまで変わります。

もちろん施工は自分自身(DIY)です。

  • 1338
  • 9
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード