キャベツたっぷり春野菜レシピ♪【ロシア風ザワークラウト】と【りんごのサラダ】

炒めたり煮たりと、いろいろな食べ方が楽しめるキャベツは、春の野菜。今回は、そんな旬の野菜をたっぷり食べられる【ロシア風ザワークラウト】のレシピです。

子どもも大好きなフルーツ、りんごを加えたザワークラウトとりんごのサラダのアレンジレシピも一緒にお届けします♪

  • 2350
  • 21
  • 0
  • クリップ

キャベツたっぷり♪【ロシア風ザワークラウト】レシピ

材料: (1Lの瓶分)

キャベツ・・・1個 (約 800g〜1kg)
人参・・・1/3(約 50g)
ゲランドの塩・・・小さじ 1
ディル・シード・・・小さじ 1/2

※1Lの瓶と重石になる250mlの瓶、大きめのボールと小さめのボールの用意が必要。

作り方:

1. キャベツと人参を洗う。キャベツの傷んでいるまたは汚れている葉を取り除く。人参の皮を剥く。

2. キャベツは細めの千切りにする(ナイフ、スライサーまたはフード・プロセッサーを使用)。人参はグレーターで摩り下ろす(大きめに)。

3. 大きめのボールの中にキャベツを入れ、塩をふりかけ、キャベツの水分が出るまで揉み込む(5〜10 分)。人参とディルシードを加え、混ぜ合わせる。

4. 1Lの瓶とフタを煮沸しておく。瓶の中に水分ごと3を入れ、水分がキャベツにかぶるよう詰める。

5. 1Lの瓶をボールの中央に乗せる(キャベツが発酵している間に出てくる水分が溢れる可能性があるため)、キャベツの上に重石になる250mlの瓶を乗せ、フタをせずに3日間置いておく(雑菌が入らないようにガーゼなどをかぶせること)。ガスが溜まるので、1日に2回、木のヘラを使って瓶の底からかき混ぜ、数か所でガス抜きをすること。

6. 3日後、味をcheckして、酸味が足りない場合は、瓶を室温で数日置いておく。酸味がでたらフタをして、冷蔵庫で保存すること。

※冷蔵庫で1ヶ月保存可。

ロシア風ザワークラウトとりんごのサラダ

材料: (4人分)

クワシナヤ・カプースタ・・・300g
りんご(紅玉)・・・1/2
万能ネギ(小口切)・・・大さじ 2
ディル(粗みじん切り)・・・大さじ 2
ローストくるみ・・・10g
クルミオイル・・・大さじ 1
ゲランドの塩・・・小さじ 1/4
胡椒・・・適量

作り方:

1. ロシア風ザワークラウトを作る。

2. りんごは芯を取り除き、イチョウ切りにする。万能ネギは小口切りにする。ディルは葉だけ取り、粗みじん切りにする。

3. 材料を混ぜ合わせて、クルミオイルで和える。塩、胡椒で味付けする。

【Yulia Vetchinova ユリア・ヴェッチノワ】
料理研究家。Creative Chef Japan主宰。1988年生まれ。ロシア・ハバロフスク出身。ロシア国立人文教育大学で日本語と日本文化を学ぶ。08年初来日。13年からはル・コルドン・ブルー東京校でフランス料理とパンを学ぶ。料理教室では年間1500名にロシア料理と美食のレッスンを行う。

Instagramアカウント:@creativechefjapan

  • 2350
  • 21
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー