超簡単!壁にニッチを作る方法!壁紙再利用でとってもおしゃれ!

リビングの子供の勉強スペース。まだ5歳と3歳なのですぐに散らかってしまいます。
汚い机で勉強すると効率も落ちてしまいます。

今回は勉強スペースの壁に文具や折り紙が収納出来るニッチを作りました。壁の大穴を開けるので原状回復不可能!!それなら大工さんが作ったようなニッチになるように、それでいて簡単に!DIYしました。

  • 14246
  • 92
  • 0
  • クリップ

子供の勉強スペースを使い易く!壁に穴を開けてニッチに文具を収納する

我が家のリビングにある、子供用の勉強スペースです。

家を建てる時に作ったのですが、収納スペースがなく、後からいろいろと増設しています。


勉強する時に邪魔になるのでセロハンテープや折り紙など写真上部にある棚の上にあげていますが、遊ぶときは子供が自分で椅子の上に立って取ります。
危ないですよね(-_-;)

子供が椅子の上に立たずとも、取ったり片づけたりする文具の収納スペースを壁の中に作ろう!と思いました。

ティッシュボックスは大分前に壁の中に埋め込みました。

作る棚の大きさに合わせて!綺麗に壁をくり抜く

まずは下地を探ります。

どこに柱があるのかを見つけて、それを避けて壁に穴を開けます。

穴を開ける位置が決まったら、カッターで切り込みを入れて、その後のこぎりでギコギコ。

なるべく無駄なく、綺麗に切っていきます。

切り出した石膏ボードから、壁紙をはがします。

剥がした壁紙は、くり抜いた後の壁の奥の石膏ボードに再度貼り付けます。

ニッチに入れる棚を作る!無駄な作業を減らすためにそのままの大きさを利用

島忠で買ってきた、ファルカタ材(910×120×13mm)を使って作りました。

ファルカタ材は税込み580。4本使っています。

なるべく簡単にするために、高さ(910mm)と幅(120mm)はそのまま棚の両端の板として使いました。

あとはこれを、壁の穴を開けたところにはめ込みます。

反対の壁(奥の石膏ボード)に壁紙を再利用して貼る!という事をしただけで、統一感のある仕上がりになったと思います。

ただ誤算が一つ・・・。

それは写真にも写っている配管です。
下地探しでこの配管の存在は気づかず・・・。

本当は壁をくり抜いた左端までの棚にしたかったのですが、配管が邪魔なのでこのようなものを作り、はめ込みました。↓

完成~~~~♪♪

子供が寝静まった後に、少しずつ作ったので制作期間約2ヶ月。

なんとか完成して良かったです。

最後にビフォーアフターをご覧ください。

使うものだけ机の上に出して、使い終わったら片づける。

机を広く使えると作業効率もぐぐっと上がります。


これからニッチを作りたい方の参考になれば嬉しいです!



原状回復出来NGなら、もともと備えついていたような物を作ればいい!!と言う考えのもと、これからも頑張って行きます♪





最後までお読みいただきありがとうございました。



ブログの方ではももうちょっと詳しく載せています。
他にもモノトーンラベルや「主婦の日常で気づいたお得な事」などを載せていますので良かったら覗いてみてください♪

新モノトーンラベル&種類も追加でさらに統一感UP!無料テンプレも♪

我が家のボトルをホワイト化して早4か月。最初に作ったラベルに飽きがきたり、また劣化してきたり・・・。今回は新たにアンティーク調でかわいいラベルを作り、我が家のボトルのラベルを一新しました。 そして新たに、おしゃれ着洗剤用やクエン酸、重曹、セスキ炭酸ソーダ、などのラベルも作りました!

あやまさ
  • 14246
  • 92
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード