子供部屋にケーキ屋さん用のカウンターをDIY

おもちゃのケーキを並べていた棚をリメイクして、場所を変えて遊ぶことができるカウンターにしました。

  • 85124
  • 876
  • 5
  • いいね
  • クリップ

before

ロフトのオリジナルDIY商品、スタックファニチャーを棚にして、その上の壁面に一枚棚をつけてケーキ屋さんのコーナーにしていました。このままでも使いやすかったのですが、もっとお店屋さんの雰囲気を作って遊びやすくしたいなぁという事と、対面に配置しているカウンターキッチンからカラフルに並んでいるケーキが見えてしまい、キッチンがごちゃついた雰囲気だったことも気になっていました。

after

思い立ってすぐに作ったので、お家にあった端材を使って作りました。
下にキャスターを付けたので、邪魔にならないように遊んだ後は窓側に配置できるようにしました。

作り方

まずは、使っていたロフトのスタックファニチャー「高さ36cm×幅90cm×奥行き30cm」のコの字型の棚を土台にしてリメイクします。
高さや幅もカラーボックス3段のタイプとほとんど同じくらいのサイズです。

2歳の次女が使いやすい高さにする為、2段目につける棚の高さを60cmにしました。
使ったのは、こちらの3枚だけ。
ままごとキッチンカウンターを作った時に余った端材の1×4材(板幅8.9cm×厚さ1.9cm材)を60cm×2枚にカット。15cm幅で90cmの板材があったので、こちらを棚に使いました。どちらもミルクペイントで塗装してあります。

カットした60cmの木材は、サンドペーパーで研磨し、土台の両端にネジで固定していきます。厚さがあるので、ネジは9cmのものを使いました。固定には、電動ドライバーを使用しています。

両端に固定した板幅に合わせて90cmの棚を固定していきます。

うっかりキャスターの高さの分を忘れていたので、キャスターの高さの分3cm低めにして棚を取り付けました。

赤ちゃん用ぶつかり防止の保護を手前の角にネジで取り付けてます。

この下にセリアで買ったキャスターを取り付けます。
我が家では、キャスターや、棚受けなどよく使うパーツを買い置きしています。

2セットで100円 セリア キャスター

完成しました。

キッチンカウンターの横に、レジ台を置いて手前にケーキ屋さんのカウンターを置いてみました。

遊ぶ時は、手前に出してレジの横に配置。ケーキ屋さん風に姉妹で遊んでいます。
片付ける時は、窓側に戻して配置。

キッチンカウンター側に配置を戻すとカフェごっこになります。
気になっていたキッチンカウンターからもカラフルなケーキが見えなくなり、移動式のカウンターにして、見た目もスッキリしました。

ままごと遊びは、長く使える女の子遊びなので、小学生の長女は、リアルなお店やさんごっこにかなり満足なようです。私もお客さん役で大忙しになりましたが、家族で遊べるお店やさんごっこは、長く使えるのでオススメです。
今回はうちにあったスタックファニチャーを土台にしましたが、簡単にカラーボックスを使っても簡単でよいと思います。

幼稚園くらいになると使いやすさの高さが合わなくなるので、脚のパーツで調節すると長く使えると思います。私も子供の成長に合わせてリメイクしていきたいです。

  • 85124
  • 876
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

10歳と3歳の姉妹のママです。子育てしながらハンドメイドや100円リメイク、DIYで、子供たちが暮らしやすい部屋づくりを目指していますε-(´∀`; )    …

おすすめのアイデア

話題のキーワード