【100均】大手3社のDIYアイテムを徹底検証!〜〈第4回〉〜プロイラストレーターに聞く水彩絵の具編〜

100均のDIYアイテムの可能性を追求していくシリーズの第4回の今回は、塗ったり描いたりとDIYの様々な部分で活躍する水彩絵の具。〔ダイソー〕〔Can★Do(キャンドゥ)〕〔セリア〕の“アレ”って、実際どうなんだろう? という使い心地の面を、プロのイラストレーターさんにテストしてもらいました!

  • 20933
  • 36
  • 0
  • クリップ

いろいろなアイディアを実現するのに使える、100均の水彩絵の具クオリティ

左から〔ダイソー〕、〔セリア〕、〔Can★Do〕

DIYで作成した小物に彩りを加えたり、オリジナルのポストカードを制作して部屋に飾ったりと、インテリアのさまざまなところで役立つ絵の具。特に100均で気軽に手に入る水彩絵の具は、いろいろなアイディアと組み合わせて活用されてます。また最近では〔セリア〕の「水彩えのぐ『和の色』8色セット」なども話題です。

今回は100均大手の〔ダイソー〕〔Can★Do〕〔セリア〕3社のスタンダードな水彩絵の具に注目! 実際にプロのイラストレーターさんに使ってもらい、その使い心地を実験してもらいました♪

ダイソー《水彩絵の具 6ml×12色》

最初に紹介するのが、〔ダイソー〕の水彩絵の具です。カラーは「赤、橙、こげ茶、黄、白、黒、紫、紺、青、緑、黄緑」の全12色で、1本が6ml入りとコストパフォーマンスも高い商品になっています。パッケージもスタイリッシュですね。

絵の具の材料は顔料、水、安定剤とシンプル。業界大手らしく英語などさまざまな言語で説明書きがされています。

セリア《水彩えのぐ ポリチューブ入り 5ml》

続いて紹介するのは〔セリア〕の水彩絵の具。カラーは「しろ、きいろ、おうどいろ、ちゃいろ、こげちゃ、しゅいろ、あか、きみどり、みどり、あお、あいいろ、くろ」の全12色。すっきりとしたパッケージですが内容量が1本5mlと若干少なめです。

絵の具の材料は顔料、体質顔料、水溶性糊料、安定剤、水、となっています。裏面に「色の作り方」の一覧表が載っているので、絵の具を使い慣れていない人でも欲しい色を作りやすいのがうれしいですね。

Can★Do《水彩えのぐ10色セット》

最後に紹介するのが〔Can★Do〕の水彩絵の具。カラーは「しろ、きいろ、しゅいろ、あか、きみどり、みどり、あお、あいいろ、ちゃいろ、くろ」の全10色と少なめですが、内容量は1本6mlとなっています。わかりやすいデザインのパッケージが目を引きます。

絵の具の材料はアラビアガム、水溶性樹脂、水、顔料となっています。ケースのサイズがコンパクトで、名前を書く場所が大きく設けられているので、子どもが使うのにもちょうどいいですね。

実際に絵を描いてみよう

今回、実際にこの3つの絵の具を使って絵を描いてもらうのは、雑誌のカット・イラストなどを主に手がけている仲野ひかるさん。使うのは3種類とも今回が初めてだそうで、色の違いがわかりやすいように全て同じ色でイラストを描いてもらいました。

左から〔ダイソー〕、〔セリア〕、〔Can★Do〕

まずはパレットに黄色、赤、緑、青、黒の5色を出してみました。左から〔ダイソー〕、〔セリア〕、〔Can★Do〕、という順番になっています。出したばかりの状態では、〔セリア〕の絵の具が最もサラサラとしており、〔Can★Do〕の絵の具が最も粘度が高い印象を受けます。

〔ダイソー〕の水彩絵の具で描いた絵

ダイソー《水彩絵の具 6ml×12色》で描いた絵

今回の3つの水彩絵の具の中では、最も明るく、淡い色合いに仕上がりました。

〔セリア〕の水彩絵の具で描いた絵

セリア《水彩えのぐ ポリチューブ入り 5ml》で描いた絵

比較的落ち着いた色合いの仕上がりになりました。

〔Can★Do〕の水彩絵の具で描いた絵

Can☆Do《水彩えのぐ10色セット》で描いた絵

今回の3つの中では、最も色が濃く、彩度の高い仕上がりになりました。

100均の水彩絵の具の使い心地は?

3つの絵の具を使って絵を描いてもらった後、仲野さんに感想を尋ねてみました。

「3つとも一般的な水彩絵の具よりも乾くのが早いので、水彩絵の具に慣れてない人でも使いやすいと思います。その代わり水彩特有の『にじみ』が出にくいので、水彩絵の具に慣れている人は戸惑うかもしれませんね。重ね塗りはできませんが、慣れている人はリキテックス(アーティストも愛用するブランド)などのアクリル絵の具のような使い方がいいかもしれません」

好みの絵の具を探して、気軽に絵を描いちゃおう!

上から〔ダイソー〕、〔セリア〕、〔Can★Do〕

それぞれ長所があって、DIYにも使いやすかった今回の3つの絵の具。仲野さんの好みの物はどれだったかあえて尋ねてみると「比較的に水に馴染みやすく、色合いも落ち着いているセリアの《水彩えのぐ ポリチューブ入り 5ml》」だそう。

いかがでしょうか。失敗しても懐のダメージが少ない100均絵の具。あなたも自分好みの物を探してみては♪


LIMIAからのお知らせ

TV、雑誌、DIY人気ブロガーさんも注目!
初心者でも簡単に貼れる少し贅沢なリメイクシートなど楽しいDIY商品が勢揃い!

  • 20933
  • 36
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード