【100均DIYドリル 番外編(2)】100均DIYを格上げするアイテム〜ペイント編〜

いろんな素材に塗るだけで手軽にアイアン風になる塗料や漆喰風に見せるもの、本物のサビのように見せるものなど、塗料は進化を遂げています。100均と塗料の組み合わせで安価な素材もワンランクアップ!【100均DIYドリル】番外編2回目は、HANDWORKS*RELAXさんにおすすめの塗料やワンポイントアドバイスを教えていただきました。

  • 15713
  • 162
  • 0
  • クリップ

100均DIYをワンランクアップ!進化する塗料の世界

さまざまなメーカーから発売されているペイント用の塗料。色彩のラインアップはもちろん、屋内でも使用できるもの、エイジング加工が簡単にできるものなどさまざまな種類があります。

「100均のアイテムと塗料の組み合わせで好みの質感や風合い、デザインに変えることもDIYの楽しみのひとつです」(HANDWORKS*RELAXさん)

塗料を選ぶときは、どんな風合いにしたいかをイメージしながら、素材にあったものを選ぶようにしましょう。

まるで本物!?塗料で作るアイアンの風合い

アルミプレートを簡単にアイアン調にしてくくれるのが〔ターナー色彩〕の《アイアンペイント》です。

「アイアンブラウンをベースに塗り、仕上げにアンティークブロンズを叩くように乗せることでヴィンテージ感を手軽に出すことができますよ」(HANDWORKS*RELAXさん)

「金属やプラスチック素材に塗装をする際は、下地にプライマーを塗ると塗料の付きがよくなります」(HANDWORKS*RELAXさん)

プラスチック製の100均フォトフレームも《アイアンペイント》を塗ればこの通り! 一気に高級感が増し、お部屋のステキなインテリアになってくれること請け合いですね。

▼詳しくはこちら▼

サビ加工で自然な経年変化を出す方法

同じく〔ターナー色彩〕から発売されている、簡単にサビた風合いにできる《ラストメディウム》と、リアルな“汚し”を再現できるの《アンティークメディウム》を使ったDIYも見ていきましょう。

いかにもサビをペイントした感じを出さないためにはちょっとしたポイントがあるのだとか。とくに白っぽい素材のものを塗るときは、自然なサビを表現するにはコツが必要です。

「白いものへのサビペイントは非常に難しいです。あまりにそこだけ黒くなると、わざとらしい仕上がりになってしまうかもしれません。いかにも『サビ塗料乗せてます感』を回避するため、先に《アンティークメディウム》を全体に塗りました。スポンジを使用し、全体に塗ってから叩くようにしてなじませましょう。下地を作っておくとサビペイントもなじみやすくなりますよ♪」(HANDWORKS*RELAXさん)

下地ができたら、2色《ラストメディウム》を使い、リアルなサビを表現していきます。まずはレッドブラウンをスポンジで叩いてのせましょう。最初は少し色づく程度に薄く塗り、全体を見てから調整するのがコツ。より濃い色のダークブラウンは、素材の色味によっては無い方が自然に仕上がることも。

「つなぎ目や注ぎ口のあたりとかサビそうだな~というところを想像しながらペイントをしましょう」(HANDWORKS*RELAXさん)

▼詳しくはこちら▼

手に入りやすい100均素材に、よりオリジナリティを出すことができるのが「ペイント」という方法。どんな仕上がりにしようか、想像するだけでワクワクしますよね。HANDWORKS*RELAXさんオススメの塗料を参考に、自分だけの風合いを見つましょう!

●監修 HANDWORKS*RELAXさん
多彩なリメイク・DIYのアイデアでLIMIAで人気のインフルエンサー。100均・廃材リメイクを得意とし、塗料メーカー〔ターナー色彩〕のDIYアドバイザーも務めるほどのペイント術は達人の域!日々さまざまなDIY作品や自宅のセルフリノベーションの様子を発信中。

【100均DIYドリル #1】はじめての木工にもぴったり!「すのこ」の使い方

自分にぴったりなアイテムを作ることができる“DIY”。既製品にはないその自由な発想は、インテリアやハンドメイド好きな方にも大人気! でも、憧れはするけれど、初心者には敷居が高いのでは? と、躊躇されている方も多いのではないでしょうか。そこでLIMIAでは、ビギナーに向け、手に入れやすい100均アイテムを使ったDIY術をアイテムごとにご紹介。LIMIAインフルエンサーのHANDWORKS*RELAXさんの作例とともに、素敵なDIYライフをお伝えします♪ 【100均DIYドリル】第1回目は、「すのこ」の使い方です。

LIMIA編集部

【100均DIYドリル#2】100均の優秀アイテム「ウッドボックス」でお手軽DIYを楽しもう!

100均の「ウッドボックス」は形もデザインも豊富なDIYにぴったりなアイテム。引き出しとして活用してみたり、フタを付けて収納ボックスにしてみたり、シーンに合わせていろいろな使い方を楽しむことができます。ボックスを最初から木材で作るのは手間がかかるので、時短という意味でもおすすめ。LIMIAで大人気のHANDWORKS*RELAXさんによる【100均ドリル】2回目は、「ウッドボックス」の作例とともにその魅力をたっぷりご紹介しましょう!

LIMIA編集部

【100均DIYドリル#3】手軽に気分転換♪デザイン豊富な「リメイクシート」をDIYで楽しもう!

木目やタイル、レンガ、 コンクリート、リネンなどさまざまなデザインが楽しい100均の「リメイクシート」。キッチンや洗面所、DIYで作った棚に貼るなどアイデア次第でいろいろな用途があります。3回目となる【100均ドリル】では、余ったリメイクシートをムダにしない活用術をご紹介。HANDWORKS*RELAXさんのアイデアも必見ですよ。

LIMIA編集部

【100均DIYドリル#4】変幻自在な「焼き網」&「ワイヤーメッシュ」は収納にもディスプレイにも!

さまざまな100均アイテムをおしゃれなアイテムに変えてしまうLIMIAインフルエンサーのHANDWORKS*RELAXさん。【100均ドリル】4回目は、DIYパーツとしても大人気の「焼き網」や「ワイヤーメッシュ」を使ったアイデアをご紹介。変幻自在な焼き網・ワイヤーメッシュの可能性は無限大! 作例を参考にイメージを膨らませてくださいね♪

LIMIA編集部

【100均DIYドリル#5】機能とおしゃれを兼ね備えたDIYアイテム「アイアンバー」活用術!

タオルハンガーや吊るし収納に便利な「アイアンバー」。クールな見た目はDIYのパーツに使うことでインテリア全体もしまった印象になるスグレモノ。棚に設置することで飾った雑貨の落下防止にもなりますよ♪ 5回目の【100均ドリル】では、そんなアイアンバーを使ったHANDWORKS*RELAXさんのアイデアをご紹介! ぜひ参考にしてみてくださいね。

LIMIA編集部

【100均DIYドリル #6】「インテリアフレーム」で作るハイセンスなインテリア雑貨

100均の「インテリアフレーム」はメッシュや黒板、ブリキタイプなどがあり、DIYの仕方次第で用途も見せ方も多彩に楽しむことができます。HANDWORKS*RELAXさんによる【100均DIYドリル】6回目は、そんなインテリアフレームを使いこなし方を学びましょう。経済的かつ、簡単なのでぜひトライしてみてくださいね。

LIMIA編集部
  • 15713
  • 162
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード