【100均DIYドリル #1】はじめての木工にもぴったり!「すのこ」の使い方

自分にぴったりなアイテムを作ることができる“DIY”。既製品にはないその自由な発想は、インテリアやハンドメイド好きな方にも大人気! でも、憧れはするけれど、初心者には敷居が高いのでは? と、躊躇されている方も多いのではないでしょうか。そこでLIMIAでは、ビギナーに向け、手に入れやすい100均アイテムを使ったDIY術をアイテムごとにご紹介。LIMIAインフルエンサーのHANDWORKS*RELAXさんの作例とともに、素敵なDIYライフをお伝えします♪ 【100均DIYドリル】第1回目は、「すのこ」の使い方です。

  • 91152
  • 1118
  • 1
  • クリップ

使い方いろいろ♪すのこの特徴とは?

DIYの定番アイテム「すのこ」。角材の上に薄い板材を間をあけて横に並べて打ち付けたというシンプルな作りは、アイデア次第でさまざまなDIYを楽しむことができます。

「すのこは手軽に形を変えられるのが一番の利点。板を1枚だけ外してみる、すのこを半分にしてみることでいろんな用途に使えたり、さまざまなアイデアが浮かんできます。また、軽いので細い釘やピンなどで壁に固定できるのも魅力です」(HANDWORKS*RELAXさん)

ある程度かたちができている「すのこ」は、ちょっと手をくわえるだけでいろいろなアレンジができるスグレモノ。木工をはじめたいという初心者にぴったりなDIY素材というわけですね♪

100均材料で作るすのこの「ラダーシェルフ」

まずご紹介するのは、100均のすのこを使った、グリーンを飾るのにぴったりなミニサイズのラダーシェルフの作り方。

【材料】
●100均すのこ……2枚
●100均板材……2枚
●ウッドボックス……2個(なくてもOK)
●蝶番……2個
●麻ひも
●ボルトやウッドビーズなど(ストッパーに使用)

まずは「すのこ」を解体するところからはじめます。

「中央の2本のすのこ板を外します。100均のすのこはビス不使用なものが一般的。そのため金槌やゴムハンマーで少しずつ叩くと簡単に外れてくれますよ。このとき、無理に力を入れると折れたり、欠けたりしてしまうのでご注意くださいね」(HANDWORKS*RELAXさん)

解体したすのこやウッドボックスにやすりを掛けて表面を滑らかにし、お好みの色を塗装。すのこを背中合わせにして上部分に蝶番をつけます。

100均の板材をはめ込み、ドリルなどで穴を開け、麻ひもを通します。

「通しにくい場合はマスキングテープを巻くと簡単に通すことができます。麻ひもは錆びたボルトがあったのでストッパーに使用しました。ウッドビーズもおすすめです」(HANDWORKS*RELAXさん)

すのこにやすりを掛けて最後にワックスをさっと塗って完成! フラットなすのこが立体的なラダーシェルフに! お好みでペイントやステンシルを施したり、100均の転写シールを貼ってもいいですね。

「すのこをばらすと中から小さな杭が出てくるので注意いましょう。杭はラジオペンチで取り除いてくださいね」

▼詳しくはこちら▼

100均材料で作る「壁掛けラック」

次に紹介するのは、軽い100均のすのこの特徴を活かした壁掛けラックです。大掛かりな工具は使わない、お手軽DIYはビギナーにもおすすめです。

【材料】
●100均のすのこ……2枚
●焼き網……1枚
●チェーン
●お好みの装飾(プレートなど)

材料は全て100均でそろえることができるものばかり♪

すのこ2枚の内一枚は半分にカットし、〔ブライワックス〕の《ジャコビアン》で着色。焼き網を好きな幅に曲げます。

「すのこはのこぎりで簡単にカットできますよ。焼き網はお好みの色でペイントすると◎。あまり見えないのでペイントなしでもOKです」(HANDWORKS*RELAXさん)

焼き網をすのこにタッカーで固定します。チェーンはすのこの裏側に三角金具を付けていきます。

すのこも焼き網も軽いので、場所を選ばず設置ができるすのこリメイクの壁掛けラック。HANDWORKS*RELAXさんは部屋ごとに収納アイテムを分けて使っているのだとか。

「DIYを作業する部屋には筆や刷毛をアルミ缶に入れ、すぐに取り出せるようにしています。リビングにはマグカップやカトラリーを置いています。あまり重いものだと重さに耐えられない可能性もあるので、プラスチック製のカップなどがおすすめ。お子さんが使う場合は背の高さに合わせて取り付けてくださいね」(HANDWORKS*RELAXさん)

▼詳しくはこちら▼

軽くてリーズナブル!100均「すのこ」は組み合わせるパーツがおしゃれのポイント

すのこ部分に100均のかごや木箱を設置したりフックを付けたり、アイデアは尽きません。すのこをおしゃれにリメイクするポイントは、組み合わせるパーツの選び方にあります。

「焼き網やプレートなどは手軽にヴィンテージ感を出せるアイテムです。あまり重すぎるとラックが重さに耐えられないので軽いものを組み合わせることがポイントです」(HANDWORKS*RELAXさん)

軽くてリーズナブルな100均すのこ。ぜひ、自由な発想でお部屋にぴったりなDIYを楽しんでくださいね。

●監修 HANDWORKS*RELAXさん
多彩なリメイク・DIYのアイデアでLIMIAで人気のインフルエンサー。100均・廃材リメイクを得意とし、塗料メーカー〔ターナー色彩〕のDIYアドバイザーも務めるほどのペイント術は達人の域!日々さまざまなDIY作品や自宅のセルフリノベーションの様子を発信中。

【100均DIYドリル#2】100均の優秀アイテム「ウッドボックス」でお手軽DIYを楽しもう!

100均の「ウッドボックス」は形もデザインも豊富なDIYにぴったりなアイテム。引き出しとして活用してみたり、フタを付けて収納ボックスにしてみたり、シーンに合わせていろいろな使い方を楽しむことができます。ボックスを最初から木材で作るのは手間がかかるので、時短という意味でもおすすめ。LIMIAで大人気のHANDWORKS*RELAXさんによる【100均ドリル】2回目は、「ウッドボックス」の作例とともにその魅力をたっぷりご紹介しましょう!

LIMIA編集部

【100均DIYドリル#3】手軽に気分転換♪デザイン豊富な「リメイクシート」をDIYで楽しもう!

木目やタイル、レンガ、 コンクリート、リネンなどさまざまなデザインが楽しい100均の「リメイクシート」。キッチンや洗面所、DIYで作った棚に貼るなどアイデア次第でいろいろな用途があります。3回目となる【100均ドリル】では、余ったリメイクシートをムダにしない活用術をご紹介。HANDWORKS*RELAXさんのアイデアも必見ですよ。

LIMIA編集部

【100均DIYドリル#4】変幻自在な「焼き網」&「ワイヤーメッシュ」は収納にもディスプレイにも!

さまざまな100均アイテムをおしゃれなアイテムに変えてしまうLIMIAインフルエンサーのHANDWORKS*RELAXさん。【100均ドリル】4回目は、DIYパーツとしても大人気の「焼き網」や「ワイヤーメッシュ」を使ったアイデアをご紹介。変幻自在な焼き網・ワイヤーメッシュの可能性は無限大! 作例を参考にイメージを膨らませてくださいね♪

LIMIA編集部

【100均DIYドリル#5】機能とおしゃれを兼ね備えたDIYアイテム「アイアンバー」活用術!

タオルハンガーや吊るし収納に便利な「アイアンバー」。クールな見た目はDIYのパーツに使うことでインテリア全体もしまった印象になるスグレモノ。棚に設置することで飾った雑貨の落下防止にもなりますよ♪ 5回目の【100均ドリル】では、そんなアイアンバーを使ったHANDWORKS*RELAXさんのアイデアをご紹介! ぜひ参考にしてみてくださいね。

LIMIA編集部

【100均DIYドリル #6】「インテリアフレーム」で作るハイセンスなインテリア雑貨

100均の「インテリアフレーム」はメッシュや黒板、ブリキタイプなどがあり、DIYの仕方次第で用途も見せ方も多彩に楽しむことができます。HANDWORKS*RELAXさんによる【100均DIYドリル】6回目は、そんなインテリアフレームを使いこなし方を学びましょう。経済的かつ、簡単なのでぜひトライしてみてくださいね。

LIMIA編集部
  • 91152
  • 1118
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード