復職で保育士を目指してみない?保育の資格で主婦から変身!

復職を考えている主婦の方におすすめの仕事のひとつに保育士があります。子どものいる主婦の方の場合、子育ての経験を仕事に生かすことができるのも魅力。資格を取得すれば、働ける施設の幅も広がります。今回は保育士の仕事内容や勤務時間、収入、資格の取得方法についてご紹介します。

  • 1095
  • 4
  • いいね
  • クリップ

何をするの? 保育士の仕事内容について

保育士の仕事内容は、小学校就学前の乳児や幼児の保育です。子どもの日常生活をサポートするのはもちろん、子どもの感性や自立心を育てるなど、その仕事内容は多岐にわたります。また、集団生活により社会性を身につけさせることも仕事の1つ。例えば、子ども同士でケンカをした場合には、頭ごなしに叱るのではなく「相手の気持ちを考えて行動することの大切さ」をきちんと教えてあげなくてはなりません。

加えて、子どもだけでなく保護者の方への教育のサポートや、施設イベントの際には計画・実行まで担当します。

保育士として働いていくためには、子どもや保護者の方と信頼関係を築くことがとても大切です。そのために重要なのが、1人1人に合った接し方を心がけること。子どもにより性格はさまざまで、外で遊ぶことが好きな活発な子もいれば、中でお絵かきをすることが好きなおとなしい子もいます。1人1人で感じ方や考え方も違うため、よく観察し、温かく広い心を持って子どもたちと接していくことが大切です。

少しでも変化が見られた場合には、本人に声をかけるのはもちろん、保護者の方への報告も徹底する必要があります。

保育士への復職で主婦の生活はどう変わる? 勤務時間や収入は?

一般的な保育士の勤務時間は、基本的に1日8時間です。例えば、7時30分~16時30分を「早番」、8時30分~17時30分を「中番」、9時30分~閉園時間を「遅番」としている施設もあり、スタッフ1人1人の予定や希望などを考慮したうえでシフトが決定します。施設によっては残業もあり、特にイベント前の忙しい時期は残業が増えることも考えられます。

ただし、週休2日制の採用により土・日・祝日を休日としている施設も多く、子どものいる主婦の方の場合、休日に親子でおでかけすることも可能です。

もちろん、契約社員やパートとして働くこともできます。家事や子育てを両立する主婦の方の場合、パートとして午前中のみ働いたり、残業を免除してもらえたりするケースもあるのです。施設により対応できる範囲が異なるため、しっかり確認しておきましょう。

保育士の収入は施設や条件、勤務形態などにより異なります。中には初任給が約10万円の施設もあるため、あらかじめ条件や収入を確認したうえで施設選びをすることが大切です。

安定した収入を求めるなら、地方公務員を目指すのがおすすめです。公立の保育園に正社員として就職できれば、さまざまな手当てにより高収入が期待できます。一般的な初任給は約16万円~17万円といわれており、そこから年金や保険などの分が控除された約13万円~15万円が手取り額となります。条件や勤務形態によっては、目安を下回ることもあります。公立で長く勤続すれば、勤務年数に応じて給与がアップするという点も特徴です。

復職で主婦が保育士に! 必要な資格と取得方法

保育士になるためには、保育士の国家資格を取得する必要があります。無資格でも働くことは可能ですが、その場合は「保育補助」となります。保育補助は保育士と比べて対応できる仕事の幅が狭いため、さまざまな仕事に挑戦するためにも保育士の資格を取得することをおすすめします。

保育士の資格を取得する方法は、保育士養成課程にて所定の課程を修了するか、もしくは保育士試験に合格するかの2通りです。保育士養成課程には4年制の大学や2年制の短大、専門学校などがあり、中でも就職後に高収入が期待できるのは大学といわれています。

主婦の方の場合、保育士試験を受けて資格取得を目指すのが一般的です。保育士試験は年の受験者数が4万人~5万人にもなる人気の試験で、合格率は10%前後と難易度は高めになっています。通信講座などを利用して勉強することもでき、保育補助として働きながらでも挑戦することが可能です。

保育士の資格は、取得後に更新する必要がありません。保育園だけでなく児童養護施設や託児所、学童クラブ、病院、デパートの託児施設などさまざまな施設で働く際に利用できる資格で、ベビーシッターとして働く際にも役立ちます。「子どもと関わりのある職場に復職したい」と考えている主婦の方は、保育士試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。

保育士として復職♪ 主婦の子育ての実体験をスキルに!

需要が高く、年齢を問わず続けることができる保育士。子育てを通して得た知識、スキルを生かして働くことができるため、主婦の方の復職にもぴったりです。復職を有利に進めるためには、保育士試験を受験して資格を取得しておくのがおすすめ。選択肢が広がってさまざまな仕事に挑戦できるだけでなく、給与面にもよい影響を与えます。

かなりの体力が必要で大変な仕事ではありますが、子どもの成長を身近で感じられるすてきな仕事でもあります。子どもが好きで、現在復職を考えている主婦の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電をご検討なら「グリエネ」
1.最安値の業者が分かる安心の一括見積もり!
2.加盟店全国450社以上!厳しい審査を通過した優良会社のみ
3.カスタマーサポートによる完全個別対応

  • 1095
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード