子育て中の主婦に実はおすすめ!「食育アドバイザー」の資格を取ろう

食育は、食に関する知識や栄養バランスの整った食を選択する力を身につけ、健全な食生活を実現する能力を育むこと。体によい食品選びが可能になり、生活習慣病を予防することができます。子育て主婦におすすめの「食育アドバイザー」の概要や活かせる業種などをご紹介します。

  • 4314
  • 49
  • いいね
  • クリップ

主婦にぴったりな資格! 食育アドバイザーの役割は?

食育アドバイザーは、食育に関する正しい知識を持ち、かつ健全な食生活を実践する技術を身につけた人のこと。習得している知識・技術は多岐にわたり、例えば食文化や食事マナーの知識、安心・安全な食選びの技術などがあります。そんな食育アドバイザーは食育の普及・推進を担う新しい戦力として期待されており、その背景には国により制定された「食育基本法」が大きく関係しています。

子どもたちをはじめ、人々が生きる力を身につけるためには食が必要不可欠。次世代を担う子どもたちが安心・安全に成長するためには、家庭をはじめ、地域や教育現場など身近な場所で食の大切さを伝えていく必要があります。また、食に関する知識や技術を持った人材も必要なので主婦に向いているといえるでしょう。こうした点から食育アドバイザーは、食育の普及・推進を担う人材として期待されているのです。

食育アドバイザーになるには、資格の取得が必須です。実施団体は一般財団法人 日本能力開発推進協会(以下、JADP)で、JADP指定の認定教育機関などが行う教育訓練において、すべてのカリキュラムを修了した方のみ資格試験を受けることが可能です。実務経験や学歴などの受験資格は一切必要ないので、誰でも気軽に挑戦することができます。

主婦の方は要チェック! 食育アドバイザー資格のメリットと活躍できる業種

調理師や管理栄養士などほかの食系資格とは異なり、食育アドバイザーは1つの分野に特化しない幅広い食の知識を習得できるというメリットがあります。そのため、仕事や家庭などさまざまなシーンで知識を活かすことが可能です。

さらに資格取得に関しても、在宅受験が可能であり、かつ自分の好きなタイミングで受験できるので、家事や子育てに忙しい主婦の方でも気軽にチャレンジすることができます。食育アドバイザーの資格は、医療・福祉業界や飲食業界、教育業界などで活かされています。

・医療・福祉業界
食と密接な関係を持つ医療・福祉業界。この業界で働くうえで食育アドバイザーの資格を取得する必要性は、とても高くなっています。医療・福祉業界の中でも、食育アドバイザーならではの知識を特に活かせるのは老人ホームや児童養護施設などです。高齢者へ食事に関するアドバイスをしたり、施設で提供される食事の改善を提案したりすることができます。このほか、食文化などを切り口に新しい交流の場を作ることも可能です。

・飲食業界
食育アドバイザーの資格が仕事に直結する飲食業界。資格を持たないまま飲食業界で働いている方が多い中、食に関する正しい知識を持っている人材は就職、転職時に有利となります。飲食業界の中でも特に食育アドバイザーとして役立てるのは、飲食店の企画部門や食品会社の商品開発部門など。問題点を指摘したり、新たなアイデアを提案したりと第一線で活躍することができます。

・教育業界
教育業界で食育が関連するシーンといえば、やはり給食です。給食を作る栄養士だけでなく、教師も食育について学ぶことで、健康的な体と心は食で作られていることを子どもたちに教えることができます。教育業界の中でも特に食育アドバイザーが必要とされているのは、保育園や小中学校。子どもたちとの雑談の中で食に関する正しい知識を伝えたり、子どもたちの親御さんへ食に関する的確なアドバイスをすることができます。

主婦でも安心! 食育アドバイザーの資格を取得する方法

食育アドバイザーの資格を取得する方法は、とても簡単。誰でも気軽に挑戦できるので、家事や子育てに追われている主婦の方にもおすすめですよ。

食育アドバイザーの資格試験はJADPが実施しており、JADP指定の認定教育機関などが行う教育訓練においてすべてのカリキュラムを修了した方のみ、試験資格を得ることができます。試験日程は決まっておらず、カリキュラム修了後に随時在宅にて試験を行います。

試験の申込方法は、JADPホームページの「検定試験申込」にて必要事項を記入し、認定教育機関の教材に同封されている振込用紙で受験料を支払うだけ。その後JADPから試験問題が届くので、在宅で受験しましょう。合否の結果は、答案をJADPに送ってから約1カ月後に通知が届くので、そこで確認することができます。

主婦におすすめ♪ 食に関する知識を仕事や食生活に活かそう!

食に関する正しい知識を習得できる食育アドバイザーは、ビジネスシーンだけでなくプライベートシーンでも活かせる万能な資格です。ビジネスシーンであれば、医療・福祉業界や教育業界などで食に関する正しい知識を伝えたり、施設で出される食事の改善を提案したりすることができます。プライベートシーンであれば、生活習慣病やメタボの予防につながる栄養バランスの整った食生活を実現することが可能です。

転職を機に資格を取得しようと考えている方にはもちろん、家事や育児を全うしようと考えている専業主婦の方にもおすすめなので、この機会に食育アドバイザー、ひいては食育について考えてみてはいかがでしょうか。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 4314
  • 49
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード