オリジナルデザインのステッカーを作ろう☆

カッティングプロッタってご存知でしょうか?
シートをカットする機械の事です。

ひょんな事から知人からゆずって頂きましたので、
オリジナルデザインのステッカー作りをしてみました。

作り方の流れや購入を悩んでいる方の
参考になれば嬉しいです!

  • 38068
  • 43
  • 0
  • いいね
  • クリップ

デザインの用意!

お風呂場のドア用に数パターンデザインしてみました。
デザインというほどではありませんが・・・。

僕はデザインにPhotoshopをつかいましたが、
付属のソフトにてこの程度の文字や簡単な
図形の組み合わせであれば作れます。

いよいよカット!

と、ここですぐにカットを始めてはいけません!
まずはテストカットをしてカッターの刃出し量が
適切か確認が必要なのです。

下まで貫通したり、ちゃんと切れていなかったり・・・。

簡単に自動で切れるのかと思いきや、
このテストカットによる刃出し量やスピードの
微調整が結構時間かかります。。

調整ができたらいよいよ本カットです!

動作音なども参考になればと動画を撮ったのですが、
アップの仕方が分かりませんでしたので、
写真ですいません^^;

プリンタなどとはまた違ったタイプの音で
夜使うにはちょっと気になると思います。

うん、なんとかカット出来てるようですね!

カス取り!

さて、カットして不要になる部分を取り除きます。

上手くいっているところは簡単にはがれますが、
カット出来ていない場所は自分で切る必要があります。。

そして、あまり細かすぎるデザインだと、
家庭用の精度では上手くカット出来ません。

カス取りと切れていない部分のカット用に
デザインナイフはあった方がいいですね!

貼り付け!

本来はアプリケーションシートという透明な弱粘性のシート
を使うのですが高いので・・・・
僕はマスキングテープで代用しました。

粘着力も強すぎず、少しずつ貼っていけるので
アプリケーションシートを一気に貼るよりも
失敗が少ないのではと思います。

マスキングテープごと台紙からステッカーを剥がし、
貼り付けたい部分にしっかり貼り付けます。

しっかりと貼り付けたらマスキングテープを
やさしくやさし~く剥がします。

完成!

これにて完成です!

カッティングプロッタを使っても
カス取りやアプリケーションシートの貼り付けなど、
ある程度の作業は必要ですし、カッター刃やシール紙等の
ランニングコストもかかります。

ただ、自分で切るのが不得意な人でも
思ったままのデザインでステッカーが作れるのは魅力的ですね!

今後、カッティングプロッタを使った
変わった活用方法もご紹介しようと思います♪


LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 38068
  • 43
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

アウトドアが好きなので、IN&OUTで使えるアイテムや100均やホームセンターで買える物をプチプラリメイクしている日曜大工見習いです。どうぞよろしくっ!----…

おすすめのアイデア

話題のキーワード