キッチンインテリアを自分好みに!真似したくなるコーディネート術

キッチンは、料理好きにとっては特別な空間。生活の中で長い時間滞在する場所です。だからこそインテリアにこだわって毎日のモチベーションを上げたいですよね。そこで今回は、すてきなキッチンインテリアをたくさんご紹介します。コーディネートやおしゃれ小物など、さっそく取り入れちゃいましょう!

  • 21138
  • 244
  • 0
  • いいね
  • クリップ

キッチンインテリアは使い勝手が大切!

キッチンは、料理が好きな人にとっては“聖域”。家族のために料理をするのはもちろん、家事の中心でもあるキッチンは、自然に滞在時間が長くなります。だからこそ、お気に入りのインテリアで空間を演出し、居心地の良い場所にしたい! 

でも、ちょっと待って。くつろぐことを目的としたリビングや寝室とは違い、キッチンで一番大切にしたいのは「使い勝手の良さ」では? 料理をしながら冷蔵庫から食品を取り出す、食器を出し入れするなどアクションが多いキッチン。インテリアにばかりこだわりすぎると動線の妨げになり、使いにくいキッチンになってしまうなんてことに!

機能的かつ、おしゃれなキッチンを心がけることがキッチンインテリアの成功の鍵です。出しっぱなしになりがちな調味料をスパイスラックに入れたり、ストック食材をおしゃれな容器に収納するだけでもぐっとセンスがアップします。まずは、キッチンでどんな動きをすることが多いかをシミュレーションしてみましょう。そこで目についた気になる箇所をコーディネートしていくのもおすすめです。

おしゃれなキッチンインテリアのセオリーは「物を増やしすぎない」

調理器具にカトラリー、調味料、ストック食材、電子レンジや冷蔵庫などの家電。キッチンは限られたスペースなのに、置くべきものが多い場所。気がつくと食器棚やカウンターにものがあふれてしまった……。なんてことはありませんか?

キッチンをおしゃれにかつ、機能性を維持するためには「ものを増やしすぎない」ことが大切。食器は毎日使うものプラス、ゲスト用を数枚、ストック食材も必要以上にキープして置くのは控えましょう。キッチンにあるものを「プチ断捨離」することで。本当に必要なものが見えてくるかもしれません。

さて。インテリアキッチンの基本を押さえたところで、LIMIAユーザーの真似したくなるコーディネートをテーマ別にご紹介。ぜひ参考にしてくださいね♪

インテリアコーデ1:モノトーンインテリア

モノトーンをテーマとしたスタイリッシュなキッチンインテリアを実践しているのは__________7hm7_____さん。限られたスペースを少しでも広く使いたいという思いから、夫婦ふたり暮らしのときはダイニングテーブルを置かず、造作したハイカウンターにイスを置き、食事をされていたとのこと。夜は間接照明のみで過ごし、ちょっとしたバーのような雰囲気に。

そんな__________7hm7_____さんは家族が増えたことで、食事の場所をハイカウンターからダイニングテーブルへ移行。実はこのダイニングテーブル、ハイカウンターを、半分にカットし、脚を付け替えたものなのだとか! ライフステージの変化に合わせてキッチンインテリアも自在に変えていくことが「使い勝手の良さ」のポイントのひとつと言えますね。

▼__________7hm7_____さんのモノトーンキッチンの詳しい記事はこちら▼

インテリアコーデ2:ナチュラル

アーリーアメリカンの雰囲気でありながら、居心地の良いナチュラルなカフェを自宅のキッチンで再現されたのがPeanutVillageさん。

もともとキッチンカウンターの下はクロスが貼られていましたが、杉材に《ワトコオイル》を塗ってヴィンテージ感をDIYで演出。カウンター下の上下には下地用の杉材を細いビスで打ち、その上から杉材をビス留めしているので現状回復OK! カウンターに合わせてインテリアも同じテイストの木目調に。トータルコーディネートのセンスが光ますね♪

▼PeanutVillageさんのキッチンカウンターDIYの記事はこちら▼

インテリアコーデ3:西海岸風

さわやかなカルフォルニアの風が吹き抜けているようなキッチンスペースを作ったのはゆぴのこさん。おしゃれでありながら機能的な壁面収納のすてきなキッチンインテリアのお手本です。

調理器具や食器は使用頻度に合わせて吊るしたり棚に収納したりすることで、自然にものが増えないという利点も。それぞれのアイテムに居場所をきちんと決めることで、見せる収納も整理整頓された印象に。スペースを決めたらその場所に収まらないものは「持たない」ことで必要以上に物を増やさないで済みますよ。

▼ゆぴのこさんのキッチンインテリアの詳しい記事はこちら▼

インテリアコーデ4:カフェ風

居心地の良いカフェとは、自分好みのインテリという証拠! お気に入りのカフェがあったらキッチンインテリアの参考にしてみましょう♪

まるでカフェのようなおしゃれな空間にしているのがwagonworksさんです。対面式のキッチンをカフェのオープンキッチンのようにDIY! 一見、タイルのようなキッチン上部はなんと、ステンシルというのだから驚きです。DIYされた棚やガラス窓もとってもおしゃれ。まさに機能性とおしゃれを兼ね備えたカフェ風キッチンですね♪

▼wagonworksさんのカフェ風キッチンインテリアの詳しい記事はこちら▼

インテリアコーデ5:フレンチナチュラル

キッチンの吊り棚やシンク下の収納扉。ユニットタイプのシステムキッチンの場合、使っているうちに黄ばんできたり、表面の化粧板が欠けたり剥がれたりすることってありますよね。そこで、扉だけを変えることでおしゃれなフレンチナチュラルな空間を実現したのがASTY-STYLEさんです。

一度にキッチンを変えていったわけではなく、そのときの気分で作りたかったものやリメイクしたい箇所、あっちこっちに手を出して少しずつキッチンが変わっていったとのこと。「こういう空間を作りたい!」という確固たるイメージがなくても、自分好みで作ることができるDIYなら自然にまとまった感じになるようです。

▼ASTY-STYLEさんのフレンチナチュラルなキッチンインテリアの記事はこちら▼

インテリアコーデ6:ミックスインテリア

○○系というくくりではなく、自分の好きなものに囲まれたキッチンはそれだけで居心地の良い場所になりますよね。系統はこだわらずに自由な発想でDIYをしているのがkaniさんです。「見せる収納が好きなので、使うものはとことん出しています」とのこと。

ただ、好きなものをどんどん並べていたらちょっとゴチャゴチャしすぎるため、「引き算」を心がけているkaniさん。賃貸でDIYが難しい場合は、グリーンを多めに飾り、壁紙を使用するのがおすすめとのこと。

▼kaniさんのミックスインテリアの詳しい記事はこちら▼

それどこの? おしゃれなキッチン雑貨を教えて!

LIMIAユーザーのおしゃれなキッチンインテリアや雑貨を見ると、思わず欲しくなってしまうようなアイテムに出会うことってありますよね。また、カフェで見かけたスタイリッシュなキッチン家電も気になるところ。

「キッチン用品を見るとワクワクする」というku_ra_shi_さんがキッチンインテリアを選ぶときのポイントは、「キッチンを好きになるようなものを選ぶ」ということ。例えば、すべてを棚やカップボードに収納するのでなく、「出しっ放しでも目の保養になればOK」と自分でルールを決めているのだとか。

木製のカトラリーやツールなどは温かみがあるものはあえて見えるようにガラスの容器に。左側は〔セリア〕で購入した保存容器のパッキンを取り外しただけのもの。右側は上のフタ部分が〔セリア〕の商品で下は〔無印良品〕なのだとか! 組み合わせることでキュートな容器に早変わりです♪

ku_ra_shi_さんがキッチンインテリアで大切にしているのは「長く使える」ということ。出しっ放しでもおしゃれは木製のものが多く、ガスコンロの周りに置いているおかげで木製には大敵のカビなどの発生もないとか。ただし、火の回りには十分に注意を! 

ガラス製品は《WECK》や《KINTO》を愛用。保存容器でありながら、置いておくだけでセンスアップできるのがうれしいですね。

▼ku_ra_shi_さんの詳しいアイデアはこちら▼

これが100均!? 買っておきたいカトラリー

今や日本の文化とも言える「100均」。生活雑貨からDIYの材料まで多彩なアイテムがそろっていますよね。そんな100均のカトラリーはかなり優秀ということをご存知ですか? LIMIAで大人気のインフルエンサー・瀧本真奈美さんがおすすめするのは〔ダイソー〕のシルバースプーンです。

実はこちら、もとはプラスチック製のカトラリーにシルバーをコーティングしただけのもの! 一見、本物のシルバーやステンレス製に見えますよね? ゲストが多いときやアウトドアシーンなどに重宝する100均のカトラリー。繰り返し使えて経済的なことにくわえ、キッチンに置いてもインテリアの雰囲気を損ねません。

▼瀧本真奈美さんのアイデアはこちら▼

カフェでよく見るキッチン家電

カフェのキッチンスペースをのぞくと、おしゃれなキッチン家電が目に入ることってありますよね? 電子レンジやコーヒーメーカーなど、家電とキッチンは切っても切れない関係。目隠しをする方法もありますが、出しっ放しでもおしゃれな家電があるんです! akky☆さんがカフェで一目惚れをしたセンスが光るキッチン家電はこちら♪

こちら、おしゃれなキッチン家電の代表とも言える〔DeLonghi〕の《エスプレッソマシン》。エスプレッソの国、イタリア生まれの家電です。シンプルなデザインで使い勝手抜群! カフェで見かけた方も多いのでは? 自慢したくなるデザインは、“見せ家電”としてぜひ、キッチンの目立つところに!

食品の温めや料理の下ごしらえと、毎日使うと言っても過言ではない電子レンジ。その仕様頻度の高さから、すぐに使える場所、つまり、出しっ放しにしておきたいというのが本音では? キッチンインテリアの雰囲気を損ねず、おしゃれな印象を与えてくれるのが〔VITANTONIO〕の電子レンジです。

洗練されたフォルムに「外国製品では?」と思われがちですが、実は日本の調理家電ブランドということをご存知でしょうか。「ずっと愛せる暮らしの道具を届けていくこと」をコンセプトとしたデザインは、長く使っても飽きないシンプルなフォルムが魅力です。

▼akky☆さんの詳しいアイデアはこちら▼

おしゃれで機能的なキッチンインテリアは動線上に生まれる!

ご紹介したインテリアの例や、キッチンインテリアをみると、LIMIAユーザーのみなさんが「動線上」にキッチンインテリアを考えていることがわかりますね。そのうえで各々の「居場所」を考え、おしゃれなアイテムをそろえていく。ものを増やしすぎず、常に居場所を決めておくことがセンスアップのカギ。

ぜひご紹介した記事を参考に、あなたらしいキッチンを楽しんでくださいね。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 21138
  • 244
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード