小さなところも見直そう!意外と見落としがちな処分ポイント5つ!

キッチンだったら鍋やお皿、クローゼットなら洋服というようにモノの見直しは大きなところだけをクローズアップしがちです。

なかなか見直しをしない小さなモノは溜まっていく一方に。

そんな小さなところを見直して、さらに快適にさらに使いやすい収納を目指してみませんか!

今回はそんな小さなところから、意外と見落としがちな処分ポイントを5つご紹介いたします。

  • 129481
  • 1123
  • 8
  • いいね
  • クリップ

処分ポイント1:キッチンに潜む「空き瓶」

いつか使うかもと保管しがちな「空き瓶」。

大きなものは場所を取るため見直すこともありますが、小さな瓶はこれくらいならと思いがちです。

しかし重ねることもできないガラスの瓶は意外に保管場所を取るんです。

キッチンは収納したいものが多く、広さも限られています。「いつか使うかも」と目的が曖昧なモノは潔く手放したほうが毎日の家事が動きやすくなりますよ。

処分ポイント2:無料でもらえる「箸」や「スプーン」

無料のものはついついもらってしまいがち。

特にコンビニやスーパーでお弁当やお惣菜を購入した際にいただく「箸」は使わないままのお宅が多いなと感じています。
アイスを購入した際に一緒に入れてくれる「スプーン」も同じ。

使わないけれど「お客様用に」「外出用に」「運動会のお弁当用に」などと保管していませんか?
木でできた箸やスプーンは経年劣化でカビや虫を寄せ付けてしまいます。
いつもらったか分からないような箸やスプーンはこの際思い切って処分しましょう。

きちんと使うのなら構いませんが、もし使う目的が曖昧な場合は「必要ありません」とお断りしましょう。
家の中に不要なものを入れないのも、整理収納を考える上では大事な行為です。

処分ポイント3:小さい代表選手「アクセサリー」

アクセサリーは小さいからと見逃されがちなモノの代表格です。

片方失くしたイヤリングやずっとつけていないネックレスなど、ただ持っているだけのものがあったらそれは見直しのチャンス。この先つける予定がなければ手放すことを考えてもいいでしょう。

迷うようなら一度身に付けて鏡で見るのがオススメ!要る要らないを客観的に判断することができますよ。

小さくても数がたくさんあると、身に付けたいものを探すのが大変になりますし、取り出すのも手間に。
今使っているものだけに絞れば、身支度の時短にも繋がります。

処分ポイント4:知らない間にたまりやすい「ハンカチ」や「ミニタオル」

頂く機会が多いハンカチやミニタオルは気付いたら増えていた!という事も。

古いものはそのままで、新しいものを購入してしまう方も多いようです。

ハンカチやミニタオルも消耗品の部類。使えば使うほど経年劣化していきます。

ハンカチはここに入るだけ!と枠を決め、定量管理していくのがオススメです。古くなったものがあったら、新しいものを購入すると同時に入れ替える事で一定量を保て、増えすぎを防止する事ができます。

同様に、マフラーやベルト、ネクタイ、そしてストッキングや靴下も同じように見直してみてくださいね。

処分ポイント5:お財布の中でかさばる「ポイントカード」

使っていないポイントカード、お財布に入りっぱなしになっていませんか?

薄いし小さいのでなかなか見直そうという気になれませんが、見直してみると意外と使っていないものが出てくるのがポイントカードです。
期限が過ぎているものも場合によっては出てくるかも。

レジ前でもたつかない為にも、ポイントカードは必要なものだけに絞るのがおすすめ。
必要なものをスマートに取り出せるよう、お財布の中も整理整頓しておきたいですね。

言われてみれば、確かに見直した事ないかも!

そんな処分ポイントがひとつでもあったら、ぜひモノの見直しをしてみてください!
今使っているか使っていないのか。判断はとてもシンプルです。

手放すタイミングはすぐに判断するという事。迷ったものは捨てずにまた次回見直しましょう。

小さなものでも使っていないものが使っているものと一緒に入っていたら、それが取り出しにくさを生み出している原因にも。小さくても不要なものは外に出す事で、普段の生活がグッとラクになりますよ。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 129481
  • 1123
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

横浜の整理収納アドバイザー。整理収納アドバイザー2級認定講師です。「収納はシンプルで使いやすくて快適で、そして美しく」をモットーに、いかにラクできるかを常に、そ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード