アプローチから南庭まで路地の貫通する住空間 : 一乗寺の住宅

北側に接道面を持つ敷地に建つコンパクトな住宅の計画です。
ボリュームや屋根の形状は周辺環境となじむオーダーを持たせていますが、外部からの距離感の取り方としてのアプローチから庭まで抜ける路地空間が配されています。
南北を軸に持つこの路地を歩きながら西側に視線を向けると南庭と一体となった生活空間が大きく開かれていますが道路からは雁行しているのでうかがい知ることができません。

さらに吹抜けハイサイドライトから空への視線の抜けや吹抜に設置されたブリッジなどにより立体的な視軸と回遊性をもたらし多様な生活シーンを演出しています。

  • 2066
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 2066
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

「ひとつの ”カタチ” 」すべてのモノには ”カタチ” があります。手に持てるような小さなモノから空間や建築のように大きなモノまで無限の ”カタチ” があります…

おすすめのアイデア

話題のキーワード