意外と簡単!金属・アンティーク風加工に挑戦しよう【ターナーに教わるペイントレッスン #3】

《ミルクペイント》や《J COLOUR》などおしゃれな塗料が人気の〔ターナー色彩〕に、初心者でも簡単にできるペイント技術を教えてもらうシリーズ。

【金属・アンティーク風加工編】の今回は、プラスチックのフォトフレームを、アンティークショップに置いてあるような金属風のフレームに変身させます! 不器用さんでも楽々、あっという間に完成させるポイントを伺いました♪

  • 13866
  • 76
  • 0
  • クリップ

重厚な雰囲気の、金属&アンティーク風雑貨をDIY!

今回挑戦するのは、こちらの「金属・アンティーク加工」

今回も、ターナー商品をお試しできるショールーム「ターナーカラースパイス」で、〔ターナー色彩〕の山本百合子さんに教わります。挑戦するのは、発色のいいプラスチック小物もヴィンテージ風に変身させる「金属・アンティーク風加工」! 

山本さん曰く、不器用さんでも簡単に短時間でできるので、ぜひ初心者の方に挑戦してもらいたい加工方法なのだそう。それではポイントを抑えながら、金属・アンティーク風加工に挑戦してみましょう♪

準備開始!

プラスチック素材なので、《ミルクペイント マルチプライマー》、もしくは《アイアンペイント マルチプライマー》を下地に塗ります
※各 850円(税込)

◆下地にプライマーを塗る◆

今回加工するのは、プラスチック製のフレーム。【基礎編】でも触れたように、ガラス・金属・プラスチックに塗料を塗るときは必ずプライマーを塗りましょう。そうすることで、塗料が密着しやすくなります。

◆スポンジを使いやすい大きさにカット◆

今回の加工ではブラシを使わず、スポンジを使います。100均やドラッグストアなどで買った台所用スポンジを、2×4cmくらいの大きさにカットします。

用意するもの:《アイアンペイント アンティークゴールド》200ml 1,200円(税別)、2×4cmくらいにカットしたスポンジ、プライマーを塗ったプラスチックフレーム

◆金属・アンティーク加工の道具◆

今回使う主な道具は、《アイアンペイント》とスポンジのみ。他には、塗料を乾かすドライヤーや、塗料を出せるトレーやペーパーパレットなども用意しておくといいでしょう。

《アイアンペイント》は全部で6種類ありますが、今回は人気色のアンティークゴールドを選びました。これらを使って、下地にプライマーを塗ったプラスチックフレームにペイントをしていきます!

スポンジでアイアンペイントをのせていく

これでは少ないそう。ソフトボールの直径くらいの量を出します

◆塗料はたっぷり使おう◆

スポンジに塗料を含ませるため、よく混ぜた《アイアンペイント》をペーパーパレットに出します。少しずつ出していたら、もっと「ドバッと出して大丈夫ですよ」という山本さんのアドバイスが。スポンジが塗料をたくさん吸い込むので、多めに出しておいた方がいいそうです。

◆塗料をフレームに乗せていく◆

スポンジに《アイアンペイント》をたっぷり含ませて、トントンと軽く叩きながら塗料を乗せていきます。

1度塗りはこのくらい薄付きでも大丈夫

◆1度塗りをしたら一旦乾燥◆

1度塗り目は、プライマーをつけていても色がなかなかつきませんが、焦らずに少しずつ塗料を乗せましょう。元の色が隠れなくても、ひととおりうっすらと塗料がつけばOK。一度乾燥させます。

◆焦らないことが最大のポイント!◆

1度目はなかなか定着していないように感じた《アイアンペイント》も、乾くとザラザラとしたテクスチャーになるので、2度目はしっかりと色がつき、作業もサクサクと進みます♪ 

簡単なのにしっかりと金属の質感が。作業も楽しく進みます

◆ビビッドな色もしっかりカバー◆

ビビッドなショッキングピンクが隠れるか心配でしたが、しっかりと色をカバーしてくれて、金属っぽい質感もでてきました。

◆ドライヤーで乾燥◆

2度塗り目もあっという間に塗り終わり、ドライヤーですばやく乾燥させます。

部分的に塗料が厚く盛られて凸凹になってしまうことがありますが、乾きかけの段階で無理やり直そうとするのは、かえって不自然になるのでNG! 凹凸も味になるので、そのままにしても問題ありません。

完成!

思いのほか簡単に金属・アンティーク加工が完成! プラスチックでできていたショッキングピンクのフレームも、2度塗りであっという間にヴィンテージ風フレームに大変身しました♪ たった1色でこれだけの質感を出せるとは驚きです。

ターナー製品で小物をヴィンテージ風に変身させて、趣あるインテリア作りに挑戦!

プラスチック製の小物を金属・アンティーク加工すれば、統一感のあるインテリアが作れるかもしれません。さらに、金属・アンティーク加工を応用すれば、100均アイテムを使って簡単にアンティーク風ミラーも作れるそうですよ♪ ぜひ応用編にもチャレンジしてみましょう。詳細は下記リンクをクリックしてみてくださいね。

ここで今回の【金属・アンティーク加工編】は終了。山本さん、ありがとうございました!

【ターナー カラースパイス 店舗概要】

●住所:東京都台東区上野5‒9‒4 2k540 AKI‒OKA ARTISAN B‒3
●アクセス:JR山手線高架下
山手線/JR秋葉原駅から徒歩約7分・JR御徒町駅から徒歩約5分
銀座線/末広町駅から徒歩約3分
●TEL:03‒3832‒5850
●時間:11:00~19:00
●休館日:水曜日

初心者必見!素材別・基本のペイント術をマスターしよう【〔ターナー〕に教わるペイントレッスン #1】

インテリアをおしゃれに彩る小物。100均小物をペイントをして自分流にアレンジするのもすてきですよね。「今年こそはチャレンジしたい!」と思っていても、不器用だし、道具をそろえるのが大変そう……となかなか手を出せずにいませんか? そこで《ミルクペイント》や《J COLOUR》などおしゃれな塗料が人気の〔ターナー色彩〕に、初心者でも簡単にできるペイント技術を伺いました! 第1回目は、【基礎編】として「木製小物」と「金属製小物」の基本の塗り方を教わります♪

LIMIA DIY部

リアルなサビはどう表現する!?ワンランク上のペイント術を覚えよう【〔ターナー〕に教わるペイントレッスン #2】

《ミルクペイント》や《J COLOUR》などおしゃれな塗料が人気の〔ターナー色彩〕に、初心者でも簡単にできる「ペイント技術」を教えてもらうシリーズ。第2回目の【サビ加工編】は、1回目の【基礎編】でペイントした金属製小物をさらにヴィンテージ風にグレードアップ! まるで長年雨ざらしにされてサビてしまったかのような、リアルなサビの再現方法を伺いました♪

LIMIA DIY部


LIMIAからのお知らせ

TV、雑誌、DIY人気ブロガーさんも注目!
初心者でも簡単に貼れる少し贅沢なリメイクシートなど楽しいDIY商品が勢揃い!

  • 13866
  • 76
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード