木材4枚で作る簡単おもちゃ収納棚をDIY

シルバニアのお家やお人形などをまとめて収納でき、遊びやすいようにキャスターで移動できるおもちゃ収納棚を作りました。

  • 71381
  • 490
  • 0
  • クリップ

最近よくお人形を使って1人遊びをするようになった次女が使いやすく、キッチンから目が届く場所に移動できるキャスター付きおもちゃ収納棚を作りました。
木材は柔らかい桐の木材30cm幅、厚さ1.3cmを使用。

木材は、長さ91cmでカット売りされているものを3枚を選び、2枚はそのまま使用。1枚から縦20cmになる2枚をノコギリでカットしました。

カットした木材は、粗めのサンドペーパーを使って研磨します。サンドペーパーは粗めの60から100の番手を使うと角を落としやすいです。

縦20cmの木材を内側にして木ネジで固定していきます。91cmの木材の厚さ1.3cm×2で、高さは22.6cmになります。

仕上げにセリアで購入したキャスターを角に取り付けて完成です。キャスターは、2pセットで販売されています。

キャスターを付けることでその分4cm の高さがプラスされます。
木材を合わせた厚みとキャスターを付けて26.6cmになりました。
横幅20cmにすると、ソファの後ろ側に置くので、おもちゃがソファの死角で見えないのと、100円のスクエア型収納ケースが入るサイズで、子供が使いやすい目線になる高さになります。
シルバニア1階建ての屋根が低い病院やパン屋さんは棚の中、22.6cm内に収納できました。

壁面の棚置きにすると後ろ側から遊ぶことができないので、お家を床におろして遊んでいましたが、キャスターで移動できるので、後ろ側からも遊べるようになりました。
お家のドアを叩いて入ったり出たり、窓から覗いたりしています。

前からも後ろからも人形を移動しながら遊べるおもちゃ収納棚になりました。

シルバニアやこえだちゃん、スプーンペットやレゴ、ほっぺちゃんなどお人形付きのお家遊びには、キャスター付き棚があるととても遊びやすいです。

移動して使うのでどの部屋にも合うようにあえてこちらは研磨しただけで塗装しませんでした。おもちゃ収納棚として今は使いますが、使わなくなったら移動式のローテーブルにしたりもできそうなので、その時に部屋に合う塗装にしたいと思います。
桐木材は柔らかいので、木ネジや釘も入りやすいです。
簡単な工程なので是非作ってみてください。

材料

25cm幅910mmカット木材×3枚

セリア キャスター 2p×2

木ネジ8つ 木材用
キャスター用ネジ 16つ

使ったもの

プラスドライバー
キリ(ネジを入れる前にキリで穴をあけてからネジを合わせてドライバーを使います)
サンドペーパー

  • 71381
  • 490
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード