【神様と暮らす #5】神棚にお供えする物、お供え後の扱い

月に1回お届けしている、御神札の正しいお祀りの仕方や日々の奉仕。今回は神棚にお上げしたお米やお塩など、お供えした物をその後どのように扱えばよいのか解説しましょう。

  • 9536
  • 70
  • 0
  • いいね
  • クリップ

神様へのお供えに適した物とは?

神棚に毎朝お供えするお米やお塩、お水、お酒……etc. これらには神様の御神霊が宿るとされています。お供え物をお下げし、飲食することで体内に神様のお力をお分けいただけると考えられているのです。

朝にお上げしたお供え物は夜に取り下げますが、そのまま捨てることをせず、ありがたく使用したいものです。では、お供え物した後の神様のお下がりは、どのようにしたらよいのでしょうか。その活用方法の一例を以下に挙げておきます。

●お米
夕方に取り下げて、その日の夕食や翌朝のごはんとして炊いていただきましょう。

●お水
そのまま飲み水としていただくほか、調理に使っても。なかにはお風呂の水に足したり洗顔や手洗いの水として使ったり、玄関に撒く、掃除で水拭きとして使って、部屋のなかのお清めにする人もいます。植木の水やりに使っても○。

●お塩
お水と同じく、煮炊きなど調理に使います。入浴する時に湯船に入れてつかり、厄落としに使うのもおすすめです。前述のお掃除の際に塩を入れて水拭きし、空間の穢を落とす人もいます。

●お酒
そのままお神酒として飲むほか、お料理に使います。塩と同じく、湯船に入れて厄落としをしたり部屋の四隅に撒いてお清めに使っても可。

基本のお供え物以外にも、神様へお上げしたいアレコレ

四季折々の果物や野菜など初物を入手したらすぐに食べてしまわずに、まずは神棚へお上げしたいもの。その後、お下げして家族みんなでおいしくいただきましょう。お菓子など他所からいただきものをした際も同様です。箱のままでもお上げするのでも構いませんし、小皿に盛ってもいいですね。

ここにご紹介した利用方法はあくまでも一例なので、自分自身が有用だと思えることに利用してみてください。

●ライター 大浦春堂


▽連載一覧はこちら!▽


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 9536
  • 70
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

実践したくなる部屋作りアイデアやインテリア関連のアイデア全般をお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード