【不器用だってハンドメイド】レジンとマステで押し花風のスマホケースを作ってみた!

アクセサリー作りの中でも、今大人気のレジン。キラキラとした透明感がとってもすてきですよね♡ 今回はそんなレジンと桜の花びらのようなマステを使って、押し花風のスマホケース作りにチャレンジしてみました! しかし、チャレンジしたのはとっても不器用なLIMIA編集部のスタッフB。はたして無事に完成させることができるのでしょうか……!?

  • 23200
  • 335
  • 1
  • クリップ

レジンで押し花風スマホケースを作りたい……!

キラキラした透明感が大人気のレジン。今では100均でもレジン関連グッズが手に入るようになり、とっても手軽に試せるようになりました♪

そこで立ち上がったのが、LIMIAの不器用代表・スタッフBこと私。「私もレジンでかわいいグッズ作りにチャレンジしたい……!」

左上から、
●《カラーUVレジン ハードタイプ クリアグリーン》
●《クリアUVレジン ソフトタイプ》(2本用意)
●《カラーUVレジン ハードタイプ クリアチェリーピンク》
●《Sage Nail ネイルパーツ9種 03クラッシュホロ》

ということで、かわいいスマホケースを作るべく〔セリア〕でグッズをたくさん購入してきました♪ また写真にはありませんが、

●ソフトタイプのスマホケース(透明)
●グリッターネイル(ゴールド)
●つまようじ

も用意しました。それから……。

桜の他にも、さまざまな種類が用意されているので要チェックです♪

今回の主役になるのが、この《bande 1枚ずつめくれるマスキングテープ 〜桜の花びら〜》! マスキングテープなのに、シールのように1枚ずつめくって使えるとっても斬新な商品なんです。本物の桜の花びらみたいでとってもかわいいですよね♡

以上の材料を使って、「まるで押し花のようなスマホケース」を作っていきたいと思います! はたして無事完成させられるのでしょうか……?

作り方#1 マステをかわいく貼りつける!

さきほどご紹介した《bande 1枚ずつめくれるマスキングテープ 〜桜の花びら〜》を、クリアタイプのスマホケースに貼りつけていきます。このとき、花びら一枚一枚に色の濃淡があることに注意! 同じ色が一か所に固まることのないよう、気をつけながら貼りつけていきます。

ケースのへりの近くに貼りつけるときは、写真のようにマステの一部をはさみで直線に切ると貼りやすいですよ♪

あまりデザインなどは得意でないタイプの私ですが、なんとか貼りつけてみました! 散った桜が積もっている様子をイメージしましたが、伝わるでしょうか……?

ひととおり貼りつけ終わったら、少しでもめくれているところのないよう「レジンをかける前に」しっかりと確認しましょう。この工程が後々重要になってきます!

作り方#2 グリッターネイルでデコレーション

※作業をするときは下に新聞紙などを敷いておくことを強くおすすめします……!

花びらだけでは少し寂しいので、100均のグリッターネイルを使ってもう少しデコレーションしていきます! とはいえ派手な印象になりすぎないよう、今回は少し控えめにしようと思います。

こんな感じになりました♫ 「花びらの付け根の色が濃くなっている部分に1滴乗せるとかわいい!」ということに途中から気付いたので、少し統一されていない部分もありますがまあ良しとします。

グリッターが追加されたことで、一気に華やかな雰囲気になりました♡

作り方#3 レジンを乗せる!

グリッターネイルが完全に乾いたら、クリアレジンを蛇行させながらたっぷりとかけていきましょう。それから花びら全体にうまく被さるように、つまようじで広げていきます。

まんべんなく広がったら、カラーレジン(今回は2色)をまばらにかけて混ぜ合わせます。このとき混ぜすぎるのではなく、マーブル模様になるよう大まかに広げていくのがコツです♪

ここまでの工程を終えるとこんな感じに! ケースの上半分をよく見ると、クリアグリーンとクリアチェリーピンクの2色が混ざり合っているのがわかるでしょうか……? 思っていたより色は薄づきですが、控えめな感じがこれはこれでかわいい♡

作り方#4 硬化させる

おわかりいただけるでしょうか……。よく見ると、花びらの一部ににちゃんとレジンがかかっていないのです(!)。最初の花びらを貼りつける工程で、めくれがないかちゃんと確認しないとこうなってしまいます。みなさんは失敗のないよう気をつけてくださいね!

日のよく当たる場所に置いてしっかりと硬化させます。もちろんUVライトを持っている方はそちらでもOK♪ 今回は丸1日〜2日、何度か向きを変えながら硬化させました。ここまでくればほぼ完成です!

今回は花びらにレジンがかかりきっていなかったり、クラッシュホロとクリアレジンが余っていたりしたので、さらにもう一度クリアレジンを重ねてクラッシュホロをまぶしてみました。

そしてとうとう……!

なんとか完成したのがこちらのケース! いかがでしょうか?

少し表面がボコボコしていたり粗が目立つ部分もありますが、思っていた以上にかわいい仕上がりになったのではないかと思います♡ 個人的に、花びらとクラッシュホロの間に立体感があるところがお気に入りです。

欲を言えば、クラッシュホロの上にもういっそうレジンを乗せれば表面がなめらかになって良かったかもしれません。

まとめ

今回、不器用ながらもチャレンジしてみたスマホケース作り。なかなか苦戦しましたが、やはり完成してみたときの達成感は何にも代えられません! なにより自作だと愛着が湧くので、長く大切に使えそうです♫

「不器用だから……」とあまりハンドメイドをしたことがなかった方も、普段からハンドメイドを楽しんでいる方も、ぜひレジンとマステで「押し花風スマホケース作り」にチャレンジしてみてはいかが?


●スタッフB
音楽とゲームと語学をこよなく愛する女子。そそっかしく不器用なのでハンドメイドやDIYは大の苦手。日々LIMIAを読んではすてきな暮らしにあこがれている。

  • 23200
  • 335
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード