在宅翻訳という主婦の働き方 英語翻訳家になるための資格とは?

英語が得意な主婦の方は、英語翻訳家になるのはいかがでしょうか? 翻訳家は家庭と仕事の調整がしやすい業種なので主婦におすすめの業種となっています。そこで今回は、フリーランスの翻訳家の仕事内容や、未経験の主婦が翻訳家になるために必要な資格や取得方法をご紹介します。

  • 1463
  • 15
  • クリップ

主婦からフリーランスの翻訳家へ! 翻訳家に資格は必要ない!?

翻訳家は、その名の通り外国語の文書を日本語に翻訳する専門職のことです。翻訳家としての仕事はさまざまで、翻訳する文書のジャンルによって分けることができます。研究者や企業が利用する重大なデータを翻訳する仕事は「実務翻訳」です。ほかに、ノンフィクションや小説などの文芸作品を翻訳する「文芸翻訳」、映画やドラマなどの翻訳をする「映像翻訳」などがあります。

翻訳家の仕事の形態は、フリーランスが基本です。そのため収入はこなした仕事量に応じた対価を受け取るシステムになっています。具体的には、翻訳する文字数×単価で決まることが一般的です。単価はスキルや経験によって変動するのに加え、より専門的で深い知識が必要となる案件のほうが高くなる傾向があります。

では、翻訳家になるために必要な資格とはなんでしょう? 結論からいうと、翻訳家になるのに条件となる資格はありません。無資格で翻訳家になることができます。クラウドソーシングなど在宅ワーカー向けの業務委託サイトを用いればその日に翻訳家としてデビューすることができます。

しかし、自身の英語スキルが見える化かする英語資格を持っていれば、クライアントとの信頼関係を獲得する武器となり、報酬のアップにも繋がります。また、基礎的な語学力や翻訳力を身につけるのはもちろん、激化する競争の中でも生き残れるよう自分なりの強みを持つことも大切です。

そこで、未経験の主婦が翻訳家になるために持っていると有利な資格を紹介します。

主婦業と英語の勉強を上手く両立させて翻訳家になろう

語学力は、翻訳家になるために必要不可欠なスキルです。しかし、主婦にとって英語の勉強時間を取るのは至難の業です。勉強時間を確保するためには、家事の無駄を省くなど時間を効率的に使うことが大切。子どもがまだ小さいのであれば、子どものお昼寝中や就寝中などに勉強時間を確保するのがおすすめです。夜間に勉強するという方もいれば、早朝の1時間~2時間を英語の勉強に充てる、という方も多いようです。

また、子どもの年齢に合わせて勉強時間を工夫するのもポイントです。2歳~3歳ぐらいになって1人遊びができるようになったら、子どもがテレビやDVDを観ている間に勉強をしたり、1人遊びしている間に勉強をしたりといった工夫をしてみてはいかがでしょうか。子どもが少し大きいのであれば、子どもと一緒に英語を勉強してみるのも一石二鳥でおすすめ。子どもが観ているDVDを英語字幕にしてみたり、遊ぶときにかける音楽を英語のCDにしてみたりと、忙しい主婦の方でも楽しみながら英語を勉強することができますよ。

徹底比較!人生を変える資格学習サイト10選

資格は自分の能力を示すライセンスであり、キャリアプランを実現する武器となります。「転職を有利にすすめるために資格を取りたい」、「復職までのブランクを資格で埋め合わせたい」、「別分野の資格を身につけて周りと差をつけたい」、「資格で趣味を世間にアピールしたい」など、人によって資格取得の目的は違いますが、資格を取得することで実現可能な未来があるなら、資格を取らない理由はありませんよね?  今回は、スクール情報をまとめたサイトから実際のスクールまで10のタイプ別資格学習サイトを紹介します。

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部

目指せ資格取得! 未経験主婦から翻訳家になるために有利な資格

翻訳家になるためには、語学力を身につけることが大切。また、実用的な英語の資格を持っていることは大きな強みになり、仕事を請け負ううえでのアピールポイントにもなります。

英語に関する資格は、唯一の国家資格である「通訳案内士」をはじめとしてさまざまなものがあります。翻訳に直接的に関係する資格としては、翻訳技能認定試験である「JTA」やほんやく検定として知られる「JTF」などがあります。公的な資格としては、実用英語技能検定や工業英語能力検定、日商ビジネス英語検定などが例としてあげられます。民間資格として有名なのは、世界規模で実施されているTOEICやTOEFL、そして観光英検などです。

ご紹介した検定のうち、特にJTFは翻訳に直接関わる資格であるうえ、インターネットでも受験することができるためおすすめです。JTFには基礎レベルの4級~5級、実用レベルの1級~3級のクラス分けがあります。1級、2級の合格者は、日本翻訳連盟Webサイトにてプロフィールを無料登録することができ、仕事の依頼を獲得するのに役立ちます。

英語を1からしっかりと学び直すのであれば、文法と単語学習から始めましょう。英語を聞き取ってすばやく理解したり正確な翻訳を行ったりするためには、あらゆる文法の法則性を知っておくことが重要です。また、単語帳などを使って語彙力を鍛えることは、基礎的な学習でもあり翻訳を続けるうえでずっと継続するものでもあります。

もちろん、試験対策もしっかりと行いましょう。参考書を例に基礎的な理解を深めたり、過去問題集を解いて出題傾向を研究したりすることが大切です。同時に、思考力の強化も大切。1回目は普通に問題を解いて答え合わせを行い、2回目は「なぜこの訳文になるのか」「どう考えればこの訳文に近い翻訳ができるか」などを考えながら解いて思考能力を鍛えていきましょう。

資格学習の最適スタイルを探す!通学・通信・独学のメリットデメリット

資格の学習方法には3つのスタイルがあります。スクールに通い講義を受ける「通学制」、教材をもとにインターネットや郵便を介して学ぶ「通信制」、個人で参考書やインターネット情報を駆使して学習する「独学」。各スタイルの良い面/悪い面を理解しておけば、おのずとあなたのニーズにあった学習方法が見つかるでしょう。 そこで今回は、3つの学習スタイルのメリット/デメリットをご紹介します。資格についてのスクール情報を集める前に、「予算」や「スケジュール」、「立地」、あなた自身の「性格」などを踏まえて、自分にはどの学習スタイルが向いているか検討してみてくださいね。

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部

資格を取ってリビングから翻訳の世界へ飛び込んでみよう

主婦の中には、「資格取得してフリーランスで働きたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。特に英語が好きな方や海外文化に興味がある方には、翻訳のお仕事がおすすめです。「主婦だから」「家事や育児が忙し空」とあきらめずに、これらの資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

徹底比較!人生を変える資格学習サイト10選

資格は自分の能力を示すライセンスであり、キャリアプランを実現する武器となります。「転職を有利にすすめるために資格を取りたい」、「復職までのブランクを資格で埋め合わせたい」、「別分野の資格を身につけて周りと差をつけたい」、「資格で趣味を世間にアピールしたい」など、人によって資格取得の目的は違いますが、資格を取得することで実現可能な未来があるなら、資格を取らない理由はありませんよね?  今回は、スクール情報をまとめたサイトから実際のスクールまで10のタイプ別資格学習サイトを紹介します。

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部


LIMIAからのお知らせ

保険アドバイザーがあなたにぴったりで無駄のない補償をご提案!

  • 1463
  • 15
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード