長期間のブランクからの復職でも即戦力になれる資格って?

妊娠などにより前職を退職してから、出産を経て復職を考える女性はたくさんいます。そのような女性は離職期間を心配しがちですが、ブランクがあっても十分復職できます。転職後に知識を生かすためにも、復職したい仕事に合わせて資格を取得しておくことが大切です。今回は、女性の復職を成功させる資格についてご紹介します。

  • 1418
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ブランクがあっても復職できる?

長期間のブランクがあったとしても、復職は可能です。前職と同じ職種や業種で転職をするならば、経験を生かせるため復職が成功しやすくなります。特に、前職が介護職や不動産関係などの専門職である場合には、前職と同じ待遇で採用されることもあります。

前職とは別の職種や業種に転職をする場合も、時間はかかりますが不可能ではありません。アルバイトやパートから正社員を目指せる正社員登用制度を設けている企業も多くあるため、制度を利用して正社員を目指すというのもひとつの方法です。

プラスアルファあると嬉しい資格

転職したい業界によって、持っておくと知識を業務に生かせる資格があります。以下では、転職する際に持っておきたい資格を取り上げます。

・簿記検定

簿記検定は、一般事務や経理事務の仕事に転職するうえで持っておきたい資格です。会計や経理の基礎知識を習得できるため、復職後の業務に生かすことができます。初級・3級・2級・1級とあり、実務に生かすのであれば2級を取得しておきましょう。

・インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、インテリアショップや不動産業界、建築業界などに転職する際に持っておきたい資格です。建築やインテリアに関する基礎知識や、インテリアコーディネーターとして働く際の基本的なスキルを身に付けることができます。

・ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャル・プランナーは金融業界や不動産業界、保険業界などに転職を希望する場合には取得しておきたい資格です。金融・税金・不動産・保険などの幅広い知識を習得できます。なお、ファイナンシャル・プランナーを名乗る資格には、国家資格である3級~1級の「ファイナンシャル・プランニング技能士」と、民間資格である「AFP」「CFP」とがあります。AFPやCFPに登録するためには、年会費が必要になります。

・保育士

保育園などで保育士を目指すならば、保育士の資格は必要不可欠です。国家資格であり、資格を取得できなければ保育士として働くことができません。専門職かつ子育ての経験を生かすこともできるため、人気の高い復職先のひとつです。

・介護職員初任者研修

資格とは異なりますが、介護職員初任者研修では介護現場で働くための基本的な知識を習得できます。介護業界は高齢化社会で需要が増しているため、他の業界に転職するよりも転職しやすい業界です。国家資格である介護福祉士を目指すためにも、ぜひ修了しておきましょう。

紹介した資格の習得方法

上述した資格を習得するための方法について、以下でご説明します。

・簿記検定の合格方法

簿記検定は1年に3回実施されており、合格するチャンスが多いことが特徴です。また、さまざまな資格学校から参考書が出されており、書店に行けば入手できるため、独学でも十分合格できます。

・インテリアコーディネーターの取得方法

インテリアコーディネーターの資格を取得するためには、試験に合格する必要があります。試験は1次試験と2次試験に分かれており、1次試験では基本的な知識が問われ、2次試験では提案や製図といった実務的な知識が問われます。1次試験の内容は、公式のハンドブックを熟読すれば対処可能です。ただし、実務的知識が問われる2次試験を独学だけで乗り切るのは難しいため、資格学校に通って技術を身に付けたほうがよいでしょう。

・ファイナンシャル・プランナーの取得方法

ファイナンシャル・プランナーの資格を取得するには、国家資格と民間資格で方法が異なります。国家資格を取得する場合には、1年に3回実施される試験に合格する必要があります。ただし、1級を受験するためには、実務経験を満たさなければなりません。民間資格を取得する場合には、資格学校などが行っている講座を修了する必要があります。ただし、AFPとして仕事をするためには国家資格の2級ファイナンシャル・プランニング技能士に合格する必要があります。また、CFPはAFPを取得した後でなければ取得できません。

・保育士の資格の取得方法

保育士の資格を取得するためには、保育士試験に合格する必要があります。ただし、保育士試験を受けるためには、「大学卒業」や「一定の実務経験」といった受験資格を満たさなければいけません。

通信講座や教材など勉強方法はさまざまなため、自分に合った勉強方法を選ぶことが大切です。

・介護職員初任者研修の修了方法

介護職員初任者研修を修了するためには、資格学校などで実施されている講座を修了する必要があります。

子育てや家事で忙しい女性は、基本的なことは通信講座で学び、1カ月に数回だけ学校で講習を受けるというカリキュラムを導入している資格学校を選ぶことがおすすめです。

ブランクがあったとしても復職は十分可能!

長期間のブランクがあっても、復職は十分に可能です。その際には復職後に知識を生かすためにも、復職したい業界に合わせて役にたつ資格を取得しておきましょう。

事務職や経理職に復職をするならば、簿記検定がおすすめです。

インテリアコーディネーターの資格を取得しておくと、不動産や建築業界への復職がしやすくなります。

金融業界や保険業界に復職したいのであれば、ファイナンシャル・プランナーはとっておきたい資格です。

保育士として働くには国家試験に合格しなければならないため、しっかりと勉強して挑みましょう。

介護業界は2018年6月現在需要が高く求人数も多いため、復職のしやすい業界です。介護職員初任者研修を修了して、介護の現場でも生かせる知識を身に付けておきましょう。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電をご検討なら「グリエネ」
1.最安値の業者が分かる安心の一括見積もり!
2.加盟店全国450社以上!厳しい審査を通過した優良会社のみ
3.カスタマーサポートによる完全個別対応

  • 1418
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード