片づけでおうち育♪ 「数える力」を育む3つのステップ

片づけと「数」は、切っても切れない関係が!
小さな子どもにとっての片づけは、「数量感」を身につける体験になります。


  • 3214
  • 15
  • 0
  • いいね
  • クリップ

片づけは、数量感を養う

片づけでおうち育 お片づけアカデミーです。


「1から10まで数えられるようになった♡」

お子さんの成長を感じて、うれしくなりますね!

でも、ちょっと待ってください。

例えば、
「つみきを5個ちょうだい♪」

こうお願いすると、
つみきを5個、取ることができますか?


「5」と言えたり、読んだり書いたりできても、「5」という量を理解しているとは限りません。

この時期は、実際にモノにふれながら量や数で考える体験がとっても大切。

数える
合わせる
分ける

片づけのときの何気ないこんな動作が、数量感を育てるのにとっても効果的なんです!


今日は、片づけで育む「数える力」について、3つのステップでご紹介します。



ステップ① ひとつずつ触って数える

数えるときは、おもちゃをひとつづつ、触れながら数えます。

指でさして数えてもいいし、ひとつずつ箱に戻しながら数えるのもいいですね。
この時のポイントは、「1、2、3」という言葉と、実際のモノの量が合っていること。

「1、2、3」
と数えているのに、おもちゃは2つだったりしませんか?

まずは、「3」まで。
ゆっくりひとつずつ、指で指して数えることからはじめましょう。

ステップ② 目で見て量を理解する

「1,2,3」と数えた後、
「何個あった?」と聞かれると、
「3」と答える。

当たり前に思えますが、はじめはこれができません。

何度も数えているうちに、「3」という言葉が、全体の量をあらわしていることを学び取り、パッと見ただけで数えなくても、「3個」と分かるようになりますよ。








ステップ③ 数で考える

「パズルは3枚だったけど、いくつ足りない?」

あといくつたりない?
引き算もこの通り!

片づけなら、モノにふれながら「数で考える」ことができます。



「数える力」は、1日で身につくものではなく、暮らしの中でゆっくりじっくり育みたい力。

今日から、おやこで、楽しくできる
片づけでおうち育♪


とってもおススメです!




  • 3214
  • 15
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

教育機関・団体組織

知育講師おもちゃコーディネーナー®︎ライフオーガナイザー 一級資格保有お片づけアカデミーは、おうちでできる知育「おうち育」をお手伝いします。片づけで身につくの…

おすすめのアイデア

話題のキーワード