【DIYレシピ】デニム塗装ミニチェアを作ろう

エンチョー×womo!DIYで叶える“カワイイ”を厳選ピックアップ!
静岡県のオシャレ女子に人気の情報誌「womo」とコラボレーションして、
デニム塗装ミニチェア作りに挑戦しました。

初心者でも作りやすいミニチェア。
デニム塗装をアクセントに加えると、カジュアルインテリアにも。

  • 5475
  • 13
  • 0
  • クリップ

エンチョー×womo!今回はデニム塗装ミニチェアの作り方を紹介します。

カジュアルスタイルの定番、男女問わず人気の「デニム調」
取り入れやすいデニム調を今回はDIYにも取り入れて。

難しいカットも無く初心者にも作りやすいミニチェアを
デニム塗装を加えてアレンジしてみました。

種類の違うブラシをうまく使えばアレンジの幅も広がります!

作り方はこちら!

①木材の組み立て
まず後脚、座面支え、前脚を小文字の「h」のように並べる。
ネジを締める箇所に印を付け、下穴を開けてからネジを締める。
それを2セット作る。

2つの脚を立てたら座板3枚を取り付け、ぐらつきがなければ前板を取り付ける。
同じように座面支えの下に補強材を取り付ける。


②ベース塗装
背板以外を組み立てた状態で、お好みの色を塗装する(今回はクリームバニラ)。
デニム塗装が映えるように、シンプルにベタ塗りするのがおすすめ。


③デニム塗装 その1
背板をデニム風に塗装する。
まず刷毛でディキシーブルーをざっくり塗り、
乾いたら硬めのブラシにトリトンブルーを少量つけ、
ウエスで軽く拭き取ってから板と並行に細い線をつけるように塗る。
ペイントがある程度乾いたら、今度は垂直方向に塗って繊維らしさを出していく。


④デニム塗装 その2
さらにクリームバニラを荒く重ねて繊維らしさを増したら、
本体に背板を取付けて完成!


★ポイント
背面を取り付ける前にガタつきを確認して微調整するのを忘れずに。


使ったアイテムはこちら!

【 デニム塗装用 】
●ミルクペイント(ディキシーブルー 200ml)
●ミルクペイント(トリトンブルー 200ml)
●ミルクペイント(クリームバニラ 200ml)
●真ちゅうブラシ(楊枝型 3行)
●竹柄ブラシ(大 4行)

【 ミニチェア用 】
●木材・角材・ねじ 各種

★木材サイズ(見本)
・ホワイトウッド小割材(長さ1820×30×40mmをカットして使用)
後脚…長さ430mm×2本
座面支え…長さ247mm×2本
前脚…長さ180mm×2本

・ホワイトウッド1×4材(長さ1820×89×19mmをカットして使用)
背板…長さ300mm×1枚
座面…長さ300mm×3枚
前板…長さ300mm×高さ44.5mm×1本
補強材…長さ300mm×高さ44.5mm×1本
※前板と補強材は、89mmを2等分して使用。


ジャンボエンチョー・ホームアシスト各店で販売中です!
※最寄り店舗に商品がない場合は、お取寄せにて承ります。

Let's エンジョイDIY!

ペイント3色+硬めのブラシがあれば鉢やウェルカムボードなどにも応用できます。

硬いブラシ:しっかりとした繊維を表現
柔らかいブラシ:デニムのこすれた感じを表現

上手にブラシを組み合わせて、ぜひ挑戦してみてくださいね!

その他のDIYレシピも「エンチョー×womo特設ページ」で公開中!
ぜひチェックしてみてくださいね!

  • 5475
  • 13
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード