洗濯槽の掃除はクエン酸と重曹にお任せ!スッキリピカピカにする方法

  • 19210
  • 278
  • 1
  • クリップ

 洗濯槽のお掃除は、市販の専用クリーナーを使用するのが一般的です。しかし、専用のクリーナーがなくても、クエン酸と重曹を使ってスッキリにピカピカにすることが可能です。そこで今回は、人にも地球にも、そしてお財布にも優しいクエン酸と重曹を使った洗濯槽のお掃除方法についてご紹介します。

■重曹とクエン酸は名コンビ?

洗濯槽には、水垢や、洗濯の際に、衣類から剥がれ落ちた皮脂、洗剤の残りかす、などの汚れが付着しています。そしてそれらの汚れを栄養源に繁殖した黒カビも付着しています。

水垢や洗剤の残りかすは、アルカリ性の汚れで、皮脂や手垢、黒カビは、酸性の汚れとそれぞれ汚れの性質が違います。

 アルカリ性の汚れは、酸性であるクエン酸を、酸性の汚れは、アルカリ性である重曹を使用するとよく落とせます。

さらにクエン酸は、殺菌や消臭効果、重曹は、酸性の汚れが放つ悪臭を分解する効果があります。

重曹は、黒カビの汚れを落とせても、殺菌まではできません。また、同じアルカリ性である石鹸カスや水垢の汚れを落とすのは不得意です。それらをクエン酸がカバーしてくれるというわけです。

■クエン酸と重曹で洗濯槽をスッキリピカピカにする方法

 クエン酸と重曹を使ったお掃除の手順は以下の通りです。

1.洗濯槽に水を入れる

洗濯槽の最大水位まで、注水します。40℃程度のお湯が最適です。お風呂の残り湯でも可。

2.重曹とクエン酸を入れる

重曹(300グラム)とクエン酸(100グラム)を入れた後、よく混ぜるため、洗濯機を数分動かしましょう。スポンジで洗濯槽をざっと擦り洗いしてもOKです。

3.そのまま数時間放置

放置する時間は長ければ長いほど汚れがよく剥がれます。できれば一晩程度放置するのがベストです。

4.浮いてきた汚れを取り除く

洗濯槽に浮いてきた汚れを、ゴミとりネットなどで、キレイに掬い取ります。そのまま排水してしまうと、排水管を詰まらせる怖れがあるため、このプロセスは省かずに必ず行いましょう。

5、排水後、水でよくすすぐ

排水後、注水し数回、洗濯機のすすぎ洗いを数回くりかえします。その際、浮いてきた汚れは丁寧に取り除きしょう。クエン酸が残ると、洗濯槽を傷めることになるため十分にすすぐることがポイントです。

あとは、洗濯機のフタを開けたままの状態で、洗濯槽を十分に乾燥させれば、それでお掃除は完了です。 

おわりに

 放置するための時間が必要になりますが、方法はいたって簡単です。このほかに、まず先に重曹だけ使って、洗濯増を掃除した後、仕上げてとしてクエン酸を使って同じ要領で洗濯槽を掃除するという方法もあります。重曹の代わりに、衣類用の酸素系漂白剤とクエン酸を使うという方法も。ご自身にとって、ベストな方法を見つけるために、いろいろとお試しになってみるのもよいかもしれませんね。

  • 19210
  • 278
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード