「新築マンションでも自然素材を使っています」

  • 849
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

私たちの一番の願いは、お客様が安全・安心で、快適に暮らして頂けることです。
お客様の安全・安心と暮らしの快適さのために、マンションでも室内に無垢のフローリングや珪藻土(けいそうど)などの自然素材を使っています。

結露が発生しにくくなり、カビ・ダニの発生も抑制

自然素材には、湿度が高い時には湿気を吸い込み、湿度が下がると吐き出すという調湿効果があります。上の写真は室内に見立てた水槽で行っている調湿効果の実験です。一般的な分譲マンションで使われる内装材(左:合板フローリング、ビニルクロス)と、リブランで使っている内装材(右:無垢ヒノキのフローリング、水溶性塗料)の中に、お湯が入った瓶を入れています。
湿度に注目してください。左は95%以上、右は78%と20%近く違います。この実験ではエコヴィレッジで使用している内装材により約20%吸湿されていることが分かります。夏、気温が同じでも湿度が低ければ、快適に過ごせます。
適度に調湿されるので、結露が発生しにくくなり、カビ・ダニの発生も抑制されます。

また化学物質を含まない安心感があります。室内の空気は下層が汚染されやすいので、小さなお子様がいらっしゃるご家庭には、特に無垢のフローリングが安心です。

床にごろんが気持ちいい!

人生で一番高額なお買い物だから、本物の良さを届けたいのです。木目調のプリントシートが貼られたフローリングではなく、本物の木目のある無垢のフローリングを。素足で歩いたり、ごろんと寝転んだり、気持良さが違います。

無垢材の微妙な凹凸のピッチは、人間工学的に人間の皮膚に似て肌触りがよいとされています。だから気持ちいいのですね。

お手入れ方法は?

自然素材はお手入れが大変だと思いますか?自分たちで手を掛けることで、長く使える素材でもあるのです。メンテナンス講習会を開催するなどのサポートをしますから、ご安心を。住まいに手をかけ愛着を持って暮らすことは、家族の絆も深めてくれることでしょう。

入居前にご契約いただいたマンションの室内を珪藻土で塗ることや、ご自宅の壁を珪藻土でリフォームするお手伝いもしています。

  • 849
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

エコミックススタイルとは、あなたが希望する暮らしを、中古マンションを上手に再設計し実現する、リブランが提供するリノベーションプロジェクトです。新築マンションデベ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード