食器棚やガラス窓の目隠しに最適♪キラキラガラスフィルムをDIYで貼ってみた!

食器棚の透明のガラス、中のモノが丸見えで困ることってありますよね。そこて、編集部で3Dの窓用フィルム、いわゆる「キラキラフィルム」をDIYで食器棚に貼ってみました。費用対効果は抜群で、DIYの難易度としてもそんなにハードではありません。食器棚以外にも、通りから見えるリビングのガラス窓や浴室の窓にも最適ですよ♪

  • 102840
  • 1138
  • 3
  • クリップ

見た目がスッキリ! 生活感を感じさせる食器を目隠しできるフイルム♪

完成品はこちら

ダイニングキッチンで、目立つ家具の代表と言えば食器棚やキッチンカウンター。最近はおしゃれなデザインのものが増えましたが、ガラスが透明で中身の食器やカトラリーが丸見えだと「残念」な感じになってしまいますよね。そんな場合には、3Dの窓用フィルム(以下キラキラフィルム)を活用する手があります。

使ったのはコレ! サイズも豊富にそろっていますよ♪

食器棚の目隠しに使ったのは、〔ラビットグー〕というブランドのキラキラフィルム。ノリや接着剤は不要で、水だけでガラスに貼ることができます。アマゾンや楽天で購入でき、値段もお手頃。サイズは半間用の大きなものから、食器棚や本棚などに最適な小さなものもあります。今回は44.5 x 200cmセンチをチョイス。お値段はアマゾンで1,699円(2018年3月9日現在)でした。

貼りやすくっておしゃれな「湖畔」タイプがオススメ

ガラスフィルムには、幾何学模様や水玉柄などいろいろな種類があります。お値段はほとんど変わりませんから好みで選んで構わないのですが、貼りやすさでいえば模様がスクエアなキラキラフィルムがベターかと思います。採寸する時に間違えにくいですし、線に沿ってカットできます。これはラビットグーの「湖畔」というキラキラフィルム。光の当たり方によって、さまざまな表情を見せてくれるデザインですよ♪

キラキラフィルムを貼る前の状態は……

食器が丸見えです。

食器棚自体のデザインは、個人的に好みです♪

食器棚全体はフレンチカントリーなデザインでとっても可愛いのですが、ガラスが透明で中の食器が見えるのが気になっていました(見せる収納が上手な人には逆によいのかも……)。

貼るのに必要な道具はこちら

最低限必要なアイテムは、カッターと霧吹き、メジャーor定規だけです。フィルムを貼るときに便利なのは、もう使わないカード。クレジットカードやマイレージカードなどの厚みくらいがベターです。カッターを当てるときには、スチールの定規が使いやすいと思います。100均でもスチール定規は売っていますよ♪

まずは採寸から♪

ガラスのサイズを正確に採寸します。ミリ単位で正確に測りましょう。

脱脂とホコリを取ります♪

霧吹きに水を入れ、中性洗剤を3滴垂らします。この水溶液はガラスの清掃とフィルムを貼るときに使います。水溶液をガラスに吹き付けてキレイにしちゃいましょう。できれば、ワイパーを使ってガラスを清掃するとホコリがまったく付かないのでベターです。

フィルムをカットしましょう♪

カット時には、スチールの定規が使いやすいです。

仮合わせして、サイズが正確か確認するといいですよ♪

キラキラフィルムをカットします。このとき、カッターの刃をひとつ折り、切れ味を高めたほうがうまくいきます。

カットするサイズですが、DIYの場合はガラスのサイズちょうどにカットしたほうがいいと思います。この種の加工をするプロは、ガラスのサイズより2〜3センチ大きめにカットしてあとで揃えますが、これが結構難しいんですよね……。

さあ、貼っていきましょう♪

水溶液を霧吹きで吹き付けます。

セロテープを使うと、剥離が楽です。

ガラス面に、さきほど作った水溶液をまんべんなく吹き付けます。このとき、水溶液が滴るくらいの勢いで吹き付けるのがポイントです。

その後、フィルムの透明の保護シートを剥がします。セロテープを使うと簡単に剥離できますよ。

フィルムを貼って水を追い出しましょう♪

キラキラフィルムをガラスに貼ります。スマホの画面保護フィルムが大きくなった感覚です。カードで気泡を下に逃がしていきます。

コツとしては、上から下に貼っていくことと、やっぱり「カード」です。ゴムやプラスチックのヘラだとフィルムが傷つきやすいんですよね。このカードテクニック、車のスモークフィルムを貼るプロの業者さんでも使っています。

ちなみに、貼るのに失敗しても大丈夫です。そのときは、もう一度水溶液を吹きかけてやり直しましょう♪

サイズが大きすぎた場合は……

ぴったり採寸がベターですが、もし大きすぎた場合は定規を当ててカッターで余分なフィルムを切り取ります。ガラスを傷付けないように、慎重にやりましょう。

キラキラフィルムは安価なので、もう一度採寸し直すのもアリだと思います。

生まれ変わりました♪

何度か貼るのに失敗するかもしれない……と思って初めた作業でしたが、一発で成功してしまいました。それくらいDIYとしてはイージーなレベルです。気泡も全くありません。近くでじーっと見ても、もともとこのようなガラスにしか見えません。

光が反射すると、キラキラシートがほのかに虹色に輝きます。

ほかのモノにも貼ってみました♡

調子に乗ってキッチンカウンターにもキラキラフィルムを貼ってみました。面積が大きく、よりキラキラ感が強い印象です♪

いかがでしたでしょうか。初心者にも貼りやすいキラキラフィルムは、費用対効果の高いDIYかと思います。ガラスの目隠しに悩んでいる方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

  • 102840
  • 1138
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード