これが壁紙!?トレンドの輸入壁紙〔NLXL〕の魅力【壁紙貼り方レッスン #3】

輸入壁紙専門店〔WALPA〕に習う壁紙の貼り方レッスン。第1回、第2回で輸入壁紙の貼りやすさがわかったところで、最終回は数あるラインナップの中から、〔WALAPA〕イチオシの壁紙をご紹介。2010年より壁紙業界をリノベートし続けるブランド〔NLXL〕の魅力に迫ります!

  • 21703
  • 79
  • 0
  • クリップ

壁紙の概念にとらわれない、〔NLXL〕の魅力

壁紙のデザインでよく目にする「木目」。このデザインを壁紙に最初に取り入れたのが〔NLXL(エヌ・エル・エックス・エル)〕です。その後、常に斬新なデザインでインテリア業界を牽引して来た同社は、デザインやアートというような区切りのない自由なスタイルを提案し続けています。

家具デザイナーPIET HEIN EEKの世界を空間に

そんな〔NLXL〕は、さまざまなジャンルのアーティストとのコラボ作品も数多く発表しています。

例えば、オランダの家具デザイナーPIET HEIN EEK。ピート・ヘイン・イークと言えば、廃材を使い素材の新たな魅力を引き出す家具〔SCRAPWOOD〕シリーズが代名詞。家具シリーズのコンセプトはそのままに、ピート・ヘイン・イークの世界を壁紙で手軽に取り入れることができちゃうんです!

フェイクを超越した世界観は、毎日見ていても飽きないデザイン。お部屋がぐっとスタイリッシュになること請け合い!

一つとして同じ絵柄がないからナチュラルな仕上がりに

〔NLXL〕社の壁紙は、自然でリアルなヴィンテージ感が魅力のひとつ。そのため、一巻き9mの中に同じ絵柄は一つとしてありません。フェイクでありながら自然な仕上がりになるのはそんなこだわりがあるからなのだとか。施工する際は、一幅ごとに上下を逆に貼ったり、できあがりのイメージを確認しながら施工するのがオススメです。

最近のトレンドは、細身の木目。3D効果があり、遠くから見ると本物と見間違えるような立体感が生まれるのがわかります。どんなインテリアにも合わせやすいのも嬉しいですね。

壁だけじゃない!トータルコーディネートで空間をおしゃれに演出

余った壁紙は、スツールやテーブルなどに貼ることができるも輸入壁紙の特徴。貼りやすいフリース素材ならではの使い勝手の良さは、空間をトータルでコーディネートすることができます。壁のみならず、キッチンカウンターの側面、パソコンなど、アイディア次第でおしゃれな空間を生み出すことができます。

洋服を着替えるように、壁紙をもっと気軽に楽しもう!

日本の家屋の壁紙のほとんどは白を基調としており、10年、20年と汚れるまで張り替えないという場合がほとんど。昨今のDIYブームのおかげでその習慣は変わりつつありますが、張り替えるのは大変というイメージからなかなか踏み切れないでいる方も多いことでしょう。

でも、輸入壁紙のフリース素材なら、張り替えも簡単。洋服を着替えるように手軽に壁紙の模様替えを楽しむことができます。〔WALPA〕なら、あなたの感性に語りかける、とっておきの壁紙が見つかるはず! ぜひ、その目で個性豊かな壁紙の世界を確かめてみてくださいね。

●ライター ねこりょうこ
●写真 土佐麻理子

▼壁紙DIY記事をもっと読む♪▼

洋服を着替えるように壁紙も!簡単&おしゃれな輸入壁紙の魅力【壁紙貼り方レッスン #1】

日本の住宅を見ると、壁紙は白を基調としている場合が多いことに気がつきます。個性を出すには壁紙を張り替えるのが効果的ですが、いざ、替えようとしても、自分で貼るのは難しそうというのが本音では? かといってプロに頼むとなると予算が心配。賃貸住宅では無理なのでは? そんな悩みを解決してくれるのが「輸入壁紙」です。

LIMIA DIY部
  • 21703
  • 79
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード