【塗るだけ】ベニア板が黒板に!子どもの勉強スペース完成

現在、子どもたちは小3と小1。
ちょうど一年前、
次男が小学校入学準備に向けて
ひらがな・カタカナの勉強。
長男は足し算・引き算・漢字の勉強。
初めはノートを使って勉強していましたが、もっと楽しくできないかなと悩んでいました。
何がいいかなと思ったとき、
小学校の教室風に黒板で勉強したらどうだろう?
子どもたちに相談したところ
欲しいと言ってくれたので
早速、作ることにしました。
子ども部屋があるものの使用せず、
リビング学習の子どもたちには大活躍です。



  • 42146
  • 246
  • 0
  • クリップ

マグネットでペーパーも留められます。

とある日の風景です。
毎月のめあて(目標)を決めて貰い
自分たちで記入しています。

昨年末の大掃除中にも
ローマ字の勉強をする長男。

現在の様子です。

【用意するもの】
・板(黒板サイズ用)
・チョークボードペイント
・マグネットペイント
・ローラー
・パレット(ローラーが入る平らな器)
・三角カン
・板×2(黒板消し置き場やグリーン置き場)必要な方
・棚受け×2

【板の購入】
ホームセンターで
910×910×4ミリを購入しました。
今回はカットせず、この大きさのまま黒板にしようとおもいます。
購入金額は1480円。
大きさはかなり大きめで
子どもたち二人で利用できるサイズです。

【使用した塗料】
①ターナー色彩 チョークボードペイント
②ターナー色彩 マグネットペイント

〜参考までに〜
100均でも塗るだけで黒板になる塗料が売られています。
初めての方、少スペースにご利用の方にはおすすめです。
セリアに合板(45×30センチ)がありますので小さな黒板として作るなら
216円で完成します。

まずは、
マグネットペイントを塗ります。

私は筆しか無かったので筆を使用しましたが
→ローラーを使用下さい。
ローラーは広い平らな面にムラなく塗装できます。
マグネット塗料をパレットに入れ、
ローラーに満遍なく含ませてください。
一回目は、ムラがあってもよいので全体に塗ります。
塗料が完全に乾いたら
二回目を塗ります。
ドライヤーを使用して乾かしてもOK。
出来たら三回塗ります。
磁石が反応するように、厚めに塗ります。

次に黒板塗料を塗ります。
こちらもローラーを使用して塗っていきます。
水を塗料100に対して20程度、よく混ぜてから塗っていきます。

吊るすため
【三角カン】を取り付けます。
これはダイソーのを使用。

黒板消しを置く場所
チョークの粉を防ぐ場所
→板を取り付けます。
こちらもホームセンターで910ミリの板を購入してオイルステインで塗装しました。
セリアの棚受けを使って取り付けます。

マグネット塗料を付けたので
学校の予定表もマグネットど留められます。

棚を二段にすることで、
雑貨やグリーンを飾れます。

一年後の現在は
ソファに乗って勉強をしています。

まだリビング学習ですが
いずれは子ども部屋に移動して利用していきたいと思っています。
少しでも参考になれば
嬉しいです。
最後までありがとうございました。

Instagramも良かったら覗いてみて下さい。

  • 42146
  • 246
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード