広尾の住まい<立体タイルスクリーンを背景にシノワズリでまとめたリビングルーム>

特長としては、重層長屋形式で2軒を上下に重ねたため、間口が2軒分となりゆったりとした構えがもたらされ高級住宅としての格調が生まれたこと、道路から上記の全景はいつでも見ることができ、そこにデザインの輝きをもたらそうとしていること、の2点と考えます。おかげさまで2011年にグッドデザイン賞を受賞しました。

  • 175
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 175
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

2011年より計7度のグッドデザイン賞をおかげさまで受賞できました。多様なご要望の住まいを「協働すること」を心掛けながらひとつひとつ丁寧に仕上げます。クライアン…

おすすめのアイデア

話題のキーワード