あなたはどちらが好み⁈100均アイテムのウォールラックで作れる本格的な棚をDIY!

こんにちは、まぁこです。
今回も観覧ありがとうございます!

さて、ビスなどを除きますが100均アイテムだけでも出来ちゃう本格的なシェルフをDIYしてみました!

ウォールラックを意外な使い方で作るところが大注目♬

そしてそして…!
ご自身の好みでステップ先が分かれる⁈最後まで読んでいただき、好みに合わせてステップを止まったり進んだり…!

是非そちらも同時に楽しみながら読んで頂けると嬉しいです。

その模様を記事にまとめましたので、ご紹介します。

  • 69742
  • 402
  • クリップ

材料

その他には端材などを使います。
(フォトフレームは紛れ込んで写真に写っていますが今回のレシピでは使いません。)

○材料
・ウォールラック 4個
・合板 1枚
・端材 2枚(307×124(mm))
・水性塗料 マットブラック
・造作用ビス 25mm
・木工用ボンド

背面ありの場合
・100均の合板
・ホワイト系の水性ペンキ
・タイル柄のリメイクシート
・クリアステッカー
・造作用ビス 25mm

○道具
・電動ドライバー
・のこぎり

作り方

端材をサイズ通りにカットします。

ウォールラックの片方の板は、端材の厚みに合わせてカットします。

ウォールラックをカットする際は、本来のウォールラックの表側と表側が向き合うように設置するためカットの位置を間違えないように確かめてからカットしましょう。
(向きの参考写真は下の★印の写真です。)

カットしたウォールラックと端材を木工用ボンドで接着します。

同じように下の段にも接着剤をつけて、端材を接着します。

接着剤が乾けば、端材の板が薄いので造作用ビスで上下の端材を固定します。

二等辺三角形でシェルフの足を作る

高さが3cmの二等辺三角形を作るように三角形を書いてね!

そのままでもいいんですが…
やっぱりこのままだとウォールラックだとわかってしまうので、少しシェルフの脚のような感じで作ります。

高さ3cmの二等辺三角形を作り、その通りにカットすると脚のようになります。
(デザイン的にそのままがいい方は、そのままでも大丈夫です。)

水性塗料で全体を塗装します。
今回はマットブラックを使用しました。

背面なしの完成系

背面をつけないままだとこんな風な仕上がりになります。

背面がない分、壁紙が見えるので壁紙を含めてレイアウトを楽しめると思います。
スッキリなシンプル設計なので、他のインテリアにも邪魔しないと思います。

そして、次は背面ありのリメイクを進めて行きたいと思います。

背面をつける場合は…次ステップへ!

背面に使用するのはセリアの薄い合板を利用します。

サイズにカットします。
カットしたら、カットした部分がトゲトゲしている場合はヤスリで整えて滑らかにしましょう。

合板を塗装して行きます。

2面ある合板のまず1面にはマットなブラックを塗装します。もう1面はホワイト系の水性塗料を塗ります。

マットブラックに塗った面は棚の外側に、ホワイト系の水性塗料を塗った面はリメイクシートを貼る面の内側になります。

なぜホワイト系の水性塗料をわざわざ塗るか、そのままリメイクシートを貼ると合板の木目が透けてタイルのリメイクシートがリアルに見えないので、ひと手間ですが塗り木目を消してください。

白くなった面の塗装が乾燥したら、セリアのリメイクシートを貼ります。

タイルが規則正しく並べられているリメイクシートなので、リメイクシートが傾かないように気をつけて貼りましょう!

リメイクシートを貼り終えたら、クリアステッカーを貼ります。

ボンドで貼り合わせて、造作用ビスで固定します。

これで背面の設置は完了です。

背面ありの完成品

背面ありの仕上がりはこんな感じです。

今人気のタイルリメイクシートとクリアステッカーが凄くマッチし、かっこよさが引き立ちます。

背面があるので少し圧迫感がありますが、向こう側にディスプレイが落ちないのが安心ですね。

あなたはどちらが好み?

皆さんはどちらが好みですか?

スッキリとしたシンプルな棚?
それとも
トレンドなリメイクシートが組み合わされた棚?

是非、ご自宅のインテリアに合う方を選んでDIYしてみてはいかがでしょうか?

長めな記事、最後まで読んでくれてありがとうございます。
参考にしてくれたり、記事を楽しんで読んで頂けたら幸いです。

次回の記事もお楽しみに!

リンク先のご紹介♫

Instagram▶︎@maaco.uw

Roomclip ID▶︎MAACO

Blog▶︎THE UNIVERSTWORKS

  • 69742
  • 402
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード