【ねこのふらり一人旅 #13】スペイン2都市を巡る旅!乗り継ぎ便で賢くお得に旅する方法

2017年秋。航空券が高騰するシルバーウィークを避けて出かけたのがスペインです。マドリードとバルセロナ、ふたつの都市をめぐる旅は「2都市周遊(オープンジョー)」という旅のスタイルに挑戦! 飛行機も鉄道も自分で手配すとなると難易度が一気に上がりそうですが、コツさえ抑えれば意外と簡単なんですよ!

  • 2383
  • 15
  • 0
  • いいね
  • クリップ

お得に旅ができる「オープンジョー」とは?

オープンジョーとは、複数都市をまわる旅行形態のこと。ヨーロッパは鉄道が発達しているため、一度の旅行で二カ国をまわったり、複数の都市をめぐることができちゃうんです。この、途中の都市間の移動に飛行機以外の交通手段を利用する、出発地と最終目的地が異なるなど、出発地から最終目的地までの旅程がひと続きになっていない場合を「オープンジョー」と言います。

今回、わたしが実際に旅した工程を見てみましょう。

【2都市周遊(オープンジョー)】
日本出国
↓(飛行機)
ドーハ到着(乗り継ぎ)
↓(飛行機)
マドリード到着
↓(鉄道)
バルセロナ
↓(飛行機)
日本帰国

つまり、航空券の現地到着地と出発地が異なるものは「オープンジョー」と覚えておくと良いでしょう。せっかくの海外旅行ですもの! オープンジョーの仕組みを賢く利用して、いろいろな国や都市を訪れてみましょう。

価格重視なら乗り継ぎ便を賢く使おう!

前回の【連載一覧・ねこのふらり一人旅】主婦が総額20万円でパリまで旅をしてみた! と同様、わたしの旅のセオリーは「20万円以内で旅をする」ということ。まずは予算の多くを占める航空券探しからはじめます。

意外かもしれませんが、2016年にイベリア航空の直行便が18年ぶりに再開するまで、日本とスペインの直行便は長く就航されていませんでした。この朗報に一気に沸き立ったのですが、直行便だけあって価格が高い! オフシーズンでも往復15万円以上はくだらないので、乗り継ぎ(トランジット)便を選ぶことにしました。

往復10万円を目処に見つけたのが「カタール航空」です。行き帰りともカタールの首都・ドーハでトランジットをします。この時、価格を抑えるコツは、同じ航空会社でチケットを手配すること。その方が割安になるし、ロストバゲージのリスクも軽減されるからです。

個人旅行のトランジットって乗り遅れたらどうしよう、空港で迷ったらどうしようなど不安が付きまといますよね。でも、どの国の空港も乗り継ぎを意味する「Transfer」または「Connecting Flights」と英語で表記されているのでそれほど難しいことはありません。電光掲示板で次に乗る便がどのゲートから出るかを確認し、余裕を持ってゲート付近に待機していれば大丈夫! ただし、ここで気をつけたいのが「乗り継ぎまでの時間」です。最低でも1時間は余裕を持つようにしましょう。

便利な直行便ですが、その分、どうしても価格は高くなりがち。時間はかかりますが、乗り継ぎ便は価格が抑えられることが多く、少しの時間ではありますが、異国の雰囲気を味わうこともできます。

次回は乗り継ぎ先での過ごし方とともに、中東の豪華巨大空港「ドーハ ハマッド インターナショナル空港」の様子をご紹介します!

●文/写真 ねこりょうこ
雑誌編集を経てフリーランスのライターとして活動中。ライフスタイル提案、料理、旅行記事を中心に執筆。夫と娘の三人暮らし。


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!

  • 2383
  • 15
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

流行りのカフェやレストラン情報、定番のチェーン店の新商品情報、街のイベント紹介など、思わず「おでかけ」したくなるような情報をLIMIA目線で発信していきます。

おすすめのアイデア

話題のキーワード