老朽化、地震の不安、仕切られた間取りを解消!『まるごとリフォーム』で新築同様に

「家の老朽が目立ち始め、当初は建て替えも考えました」とTさん。また、築41年が経過し、耐震性に大きな不安も。そこで、部分的に直すのではなく、これからを安心・安全に暮らすために『まるごとリフォーム』を決意されました。まず、台所と居間の仕切りをなくし、オープンなLDKが誕生。また、使いづらかった押入れ収納は、造りつけのクロゼットに。「置き家具や床の段差もなくなったので、掃除が楽になりました。お掃除ロボットも大活躍です!」。もちろん、標準仕様の耐震工事で、芯から強く再生。さらに、内・外装、設備をまるごと一新し、将来に備えた住まいとなりました。「新築で要望していたことが、すべてリフォームで実現できました!」 

  • 2133
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【外観】落ち着きのあるサイディングを施し、新築同様に

【リビング】台所と居間の間にあった仕切りなくし、広々としたLDKが誕生。床をフラットにすることで、さらに開放感が生まれた

【キッチン】最新のシステムキッチンに一新。汚れが落ちやすく、掃除の負担も減ったそう 

【書斎】和室だった部屋を洋室に変えて出し入れのしやすいクロゼットを設置。壁面収納やPCデスクを備えた書斎コーナーも設けた

【収納】意外と場所をとる、お掃除ロボットの格納場所は、階段の踏板下に設置。デッドスペースを活かす工夫

【玄関】天井までの高さがある収納を設置。大容量でスッキリと片付く

  • 2133
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

東急沿線の街づくりをはじめ、百貨店・ハンズなど、人々の暮らしに密着した事業を展開する東急グループ。そのリフォーム部門を担う同社は、リフォーム創業50年、55万件…

おすすめのアイデア

話題のキーワード