むしろタンクがあっていい!レトロシャビーなトイレリメイク

味気ないトイレを自分好みの空間に。タンクありのトイレが似合う、シャビーでレトロなトイレを目指してリメイクしました。

  • 26510
  • 146
  • 6
  • クリップ

タンクは隠さず、レトロシャビーな空間を目指そう

我が家のトイレです。
殺風景で飾り気のない普通のトイレ。

最近はタンクレス風のDIYが流行っていますが、小学生男子がいる我が家では
お掃除のことが気になるので、便器周りはいじりたくない。

ならばお部屋をシャビーシックなレトロ空間にすれば、
タンクのトイレもむしろかわいく見えるのでは?

目指すはプロヴァンスの納屋風トイレ!
レトロなお部屋を目指してDIY開始です。

まずは窓台から。レトロな丸モザイクで雰囲気UP

殺風景な要因の一つはこの窓台。
白いポストフォームのカウンターです。

ここにレトロな雰囲気の丸モザイクを貼りました。
これだけでもだいぶイメージが変わります。

壁は木の板と漆喰でシャビー感をup

漆喰を壁面に塗りたいと思いましたが、狭い場所での作業は大変。
それに足元は汚れなども気になります。

そこで、便器の背面と床から36㎝までは木の板を張ることにしました。

ニッチは輸入クロスで、お部屋のポイントに。

壁の一部に凹んでいる部分があります。ニッチというものです。

天井まで薄壁なので、一部R状に壁をフカシ、Rの垂れ壁にします。

さらにニッチの部分にタイル柄の輸入クロスを貼り、
木の枠を取り付けて、窓枠のような雰囲気にしました。

狭い場所での漆喰作業は大変。

いよいよ壁に漆喰を塗ります。
狭い部屋で漆喰を塗るのは大変な作業です。
体中が痛くなってきますが、何とか頑張りました。

ニッチの部分はこんな感じに。
大変でも塗ったあとの達成感が半端ない!
素人っぽくゴテゴテしていても、かえってナチュラルな雰囲気になるので、おすすめです。

狭いお家によくある階段下トイレ。
邪魔な階段の上裏も漆喰を塗るとイメージが一新します。

窓、ドアも忘れずに。

シャビーな雰囲気の邪魔をするのはアルミサッシ。
気になる部分は見えなくしてしまおう。
手前に木枠の扉をつけました。

閉めたままでも窓の開閉ができるよう、下は開けてあります。

ドアも裏表、壁紙を貼ってみました。

最後に床もイメージ合わせたフロアタイルに張り替えました。
クッションフロアの上から重ね貼りしています。

温かみのある、レトロシャビーなトイレの完成!

すき間時間を利用してのDIY。
小さな部屋ですが、2か月くらいかかりました。

出来上がりには大満足。
ついつい長居しちゃうトイレに生まれ変わりました。

タンクの蛇口がかわいく見えてくる気がする・・・

お気に入りの窓廻り。
ナチュラルなドライの実などを飾って楽しんでいます。

ブログでは工程など、詳しく書いてます。
よかったら、遊びにきてくださいね(^ー^)

  • 26510
  • 146
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード