JANAT(ジャンナッツ)の紅茶はここをカットすれば無印良品のポリプロピレンケースに入ります

たまたま一緒にいた友達から教えてもらったアイデア。
「おーーー!なるほど!」と目から鱗が落ちた瞬間でした。

  • 5715
  • 31
  • 0
  • クリップ

KALDIで販売されている「JANAT(ジャンナッツ)」の紅茶。
お手頃価格でたくさん入っているので、私も大好きな商品のひとつです。
これはアールグレイ。
香りが良くておいしいんです。

さて、私はお茶関係を無印良品のポリプロピレンケースにまとめて入れています。

一緒に買いものに行った友達がそのまま我が家に遊びにきたのですが、彼女の前でこの紅茶を片づけようとしていました。

私は普通にパッケージを開封する場所(写真のマスキングテープでとめている場所)からあけていたのですが、、、

友達が「その場所じゃなくて、側面をカットすると取り出だしやすいよ。それに高さもピッタリ。」と教えてくれたのです。

えーーーーーーー!
そんなこと考えたこともなかった私は目から鱗が落ちましたよ!

写真のカットされている部分を、1周ぐるりと切っていきます。

全部カットするとこのように。
友達曰く、「外側の透明のパッケージがついたまま切ると、本来開ける場所がパカッと開くこともなくていいよ。」とのことでした。

私はすでに透明のパッケージは外してしまった後だったのでマスキングテープでとめていますが、なるほどなーと感心するばかり。

無印良品のポリプロピレンケースにも高さがジャストフィットです。

高さを最大限に生かしているので、無駄なスペースがないところが本当にオススメ。
本来開ける場所から開封してこのケースに入れると、どうしても横幅をとり、高さに無駄がでてしまいます。
でもこの開け方なら無駄がない!

その分他のお茶を入れることができます。

ついでにケースの中を整理して、このように収まりました。

紅茶を縦に置けたおかげで、今までなんかグチャグチャしていたケースの中もスッキリとしましたよ^^

私は片づけのプロとして仕事をしているので、いろんな片づけ・収納の方法を知っているほうだとは思っています。
また「思い込みをなくす」というのはライフオーガナイズの片づけでは大切にされている部分なので、意識はしているのですが、やはり自分のこととなると思い込んでいる部分ってまだまだあるなーと気づかされました。

今回の紅茶の開け方も、横に開けるか縦に開けるかだけの違いなのに、こんなに結果がちがうとは驚きでした。

普段当たり前のようにやっていることも、ちょっとやり方を変えてみるだけで劇的にやりやすくなることがあります。
また「みんながこうやってるからこうするのが当たり前でしょ」ということも、その考えにとらわれず自分なりのやり方を見つけると、より便利になったりします。

今なんとなく使いづらさを感じている部分は、「思い込みをなくして」方法を変えてみるのもいいですよ^^

  • 5715
  • 31
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー