汚れた椅子を張り替える

布張りの椅子は座り心地が良いのですが、使っていくうちに汚れてしまうのが難点。しかし汚れてしまった布を変えればまるで新品のように生まれ変わります。
しかもその張り替えは意外と簡単!
今日は椅子の張り替えの様子をご紹介します。

  • 7265
  • 125
  • 1
  • クリップ

汚れてしまった椅子。

布張りの椅子はどんなに大切に使っていても次第に汚れて来てしまうものです。
こちらの椅子ももうずいぶんと家族のために頑張ってきました。
今日はこちらの椅子を綺麗にリメイクしたいと思います。

脚と座面を外しましょう!

まずは脚と座面を外します。
椅子を逆さにひっくり返し、ネジで留まった部分をドライバーで外します。
電動ドライバーがあると楽ですが、ない場合は手動でも大丈夫です。

裏のシートを剥がしましょう!

まずは椅子生地の裏側をカバーしている布を剥がします。
タッカーで留まっているので、タッカーの芯をマイナスドライバーなどで一つずつ外していきましょう。

椅子生地を剥がしましょう!

先ほどと同様、タッカーを一つ一つ外していきます。
しかしかなり頑丈にたくさんの数が打ち込まれており、外していくのはかなり大変でした。

途中で心が折れてしまった私はタッカーの芯をひとつずつ外すのをやめ、布用のハサミでカットしてしまいました。見た目は悪いですが、とても楽です。

新しい布を張りましょう!

続いて新しい布を張って行きます!
椅子に使用する布は厚くしっかりとした生地を使用することがおすすめです。
今回使用したのはサンゲツの椅子用の布です。とてもしっかりとしていてかなり頑丈です。
サンゲツの椅子用のカタログにはおしゃれなデザインの椅子用の生地がたくさん載っているので、おすすめですよ。
布はタッカーを使ってとめます。
厚い布などで、長めの芯を使いしっかりと固定しましょう!うまく入らなかった部分は金槌で叩いて入れます。

裏のシートを付けましょう!

布が張れたら、先ほど剥がした裏のシートをタッカーでとめて戻します。

椅子の脚と座面を付けましょう!

最後に脚部分と座面をドライバーを使ってネジ止めすれば完成!
ぐらつかないようしっかりととめましょう!

二脚並べれば一目瞭然!!
座面を貼り換えるだけでまるで新品のように生まれ変わりました!!
張る布によっても全然違う雰囲気になります。
張り替える作業もとても簡単なので、季節のインテリアに合わせて張り変えるのもいいですね。
クッションを変える様なそんな気軽な気持ちで、ぜひ椅子の張り替えに挑戦してみてください。

今回使用した生地は
サンゲツ UP8027 オクタゴン
です。
生地を購入する際、多めに買ってお揃いでクッションを作っても素敵ですね。
椅子の生地は商品よって素材感が異なります。ネットで見ただけだと質感までは分からないことが多いので、ぜひサンプルを取り寄せて実際に手で触ってから購入されることをお勧めします。
毎日座る椅子だからこそ、お気に入りのものを選びたいですよね。
お気に入りのものが見つかりますように。

DIYアドバイザー末永京のブログ
【DIYで作るこどもと過ごすおうち時間】
DIYアイデアや自宅インテリアを公開中!

2017年11月埼玉県川口市にDIYとインテリアのお店『ToiToiToi』をオープンしました。
元工場を仲間たちとセルフリノベーションした店内はDIYのアイデアの宝庫です。
毎週さまざまなワークショップを開催しています。ぜひ体験しにいらしてくださいね。
埼玉県川口市赤山592-2 048-234-8485
営業日 木、金、土 10時~17時

  • 7265
  • 125
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード