コスパ最高な1×4材の木箱DIYからの作業用ワゴンを作り上げるDIY術♬

こんにちは、まぁこです。
今回も観覧ありがとうございます!

作業には欠かせないワゴン!
こちらもまたまた「ワンバイフォー材」と角材で作りました。

これがないとなかなか作業も捗らないので、DIYクリエイターには必須なアイテムです。

DIYで使うにも良し、キッチンやお子さんの部屋などで使うにも良しなので興味のある方は是非作ってみてください。

その模様を記事にまとめましたので、ご紹介します。

  • 21260
  • 211
  • 0
  • クリップ

❶1×4材で木箱を作ろう!

カットはホームセンターにてカットしてもらいました。

○木箱の材料
・ワンバイフォー材
長さ 240mm 6枚
長さ 390mm 2枚
スリムビス 40mm
(1個あたりの材料、必要な木箱の数を作る)
・角材 長さ 800mm 4本(支柱)
・キャスター 4個
・キャスターを取り付けるビス 16個

○道具
・電動ドライバー

長方形の木箱を作るようにビス固定していきます。

底板は長さ240mmを4枚を敷き詰め、その左右に同じサイズを1枚ずつ配置しそれを上下から覆うように長さ390mmの板材を固定していきます。

木箱の個数は…
浅めなプレート状のものが1個(元カフェトレーとして使用していました。)と深めな木箱が2個です。この段数はご自身の収納したい容量を定めて木箱を作ってください。

私の場合は木箱をプラス1個の計4段にし、ワゴンを作り上げました。

❷木箱を支柱で繋ぎ合わせる

木箱を縦に連結されるために、角材を同じ長さにカットします。

そのカットした角材は、マットなブラックカラーに塗装し乾燥させます。

キャスターの選び方。

木材の重量と収納する容量を含めた重さをご自身で想定し取り付けましょう。
重量オーバーで使用するとワゴン自体が倒れたりキャスターの動きが悪くなってしまうので、一回り大きめなキャスターを取り付けることをおすすめします。

※キャスターの重量については、キャスターのラベルにて説明欄があるものもありますのでそちらも合わせてご覧ください。

完成

DIYには欠かせない「ワゴン」

文房具の鉛筆や定規、アクリル絵の具などの液漏れが心配されるものは、リメイクした缶に立てて収納しています。

塗装用の水性塗料やワックス、ニスなどもここに収納し作業の際チョイスしやすくしています。

これから使う金具や作業時に使う小さめな固定金具もここに収納しています。

1番上の段には…
作業でワゴン自体を動かさない場合には、ポスターなどを飾ってシェルフとして使用したりしています。

以前作ったカフェトレーを使用しているので、深さが浅いため作業中のビットやビスを置いたりして便利です。

是非、皆さんも自分が必要とするサイズのワゴンを作ってこれからのDIYを楽しんでくださいませ。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いかがでしたか?今後のDIYライフの参考にしてくれると幸いです。
最後まで、ご観覧ありがとうございました。
次回の記事もお楽しみに♬

Instagram▶︎@maaco.uw
Roomclip ID▶︎MAACO
Blog▶︎THE UNIVERSTWORKS

by UNIVERSTWORKS/MAACO

  • 21260
  • 211
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード