新学期を迎える前におすすめしたい♪ペットボトルキャップの手作り時計でおうち育

ペットボトルのキャップとクリアファイルを使って、時計のおもちゃを作ってみました。小学校の算数に登場する、時計の読み方や時計の計算の理解には、時計の針を自分でクルクル回してみるのが、一番の近道です。時計の勉強だけでなく、生活リズムを身につけるきっかけになりますよ!身近にあるもので作れるので、よかったら試してみてくださいね!

  • 9177
  • 90
  • 0
  • いいね
  • クリップ

材料

ペットボトルキャップ
クリアファイル
ねじとナット
発泡スチロール

ペットボトルキャップ12コにシールを貼り、1から12までの数字を書いておきます。

文字盤を作る

発泡スチロールにペットボトルキャップを埋め込んで、文字盤を作ります。

回しながら押し込みます。

針を作る

クリアファイルで針を作ります。
針を紙で作ると回しているうちに敗れてくるので、クリアファイルを使います。

文字盤の大きさに合わせて切り取ったら、先端にねじを通すための切込みを入れてください。

クリアファイルで作った針にねじとナットを通してから、発泡スチロールの文字盤に取りつけたら完成です。

できあがり

短針、長針を自分でくるくる動かしながら、時間について楽しく学べます。
新学期のスタート前に、生活リズムを身につけるために使うのもおススメです!

身近にあるもので簡単に作れるので、よかったらお試しくださいね♡

  • 9177
  • 90
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

教育機関・団体組織

知育講師おもちゃコーディネーナー®︎ライフオーガナイザー 一級資格保有お片づけアカデミーは、おうちでできる知育「おうち育」をお手伝いします。片づけで身につくの…

おすすめのアイデア

話題のキーワード