【簡単DIY】100円材料で仏間スペースに屋根をつけました

子供部屋にしている和室の仏間スペースは、娘2人の洋服のコーナーにしています。
この仏間スペースをより可愛い森の洋服屋さんのようにしたくて、ダイソーの工作用木材で屋根をつけました。

  • 82992
  • 206
  • 0
  • クリップ

仏間スペースの横幅に合わせてダイソーの工作用木材を6枚と、セリアの角棒3本セット、突っ張り棒2本を使いました。

横幅が58cmの仏間スペースに合わせて屋根にする9cm幅の工作用木材を6枚使いました。木材を固定する為のセリアの角棒3本も、カットせずに使います。
まずは、裏表をオイルステインで塗装し、サンドペーパーを使って研磨します。

塗装が出来たら、次に木工用ボンドを使って角棒を板材に接着していきます。
6枚の板材は合わせても横幅は54cmなので、仏間の横幅に合わせて58cmになるように間隔をあけて並べます。
その上に角棒を3箇所に接着することで、6枚の木材を固定し、屋根にして突っ張り棒に乗せる際に、角棒が引っかかるような状態になります。

角棒は上下は5cmくらい間隔を取って接着します。こちら側が裏になります。
しっかり木材が接着できたら屋根は完成になります。
仏間スペースのような奥行きのある場所やニッチ棚などの横幅に合わせて、一枚の木材やベニヤ板などを使っても簡単で良いと思います。私は、古い小屋の屋根をイメージしたかったので、少し立体感もあるように木材を6枚使ってみました。

屋根をとりつけるために、突っ張り棒を2本使っていきます。
まず1本を奥側にとりつけます。
もう1本を手前にとりつけるのですが、しっかり角棒が引っかかるようにとりつけるのがポイントです。
まず奥側につけた突っ張り棒に屋根になる木材の裏につけた角棒を引っかかるようにのせてからもう1本の突っ張り棒を手前にして角棒が突っ張り棒に引っかかるような状態に乗せると完成になります。

とりつけるとこのような感じになり、中で支えになっている突っ張り棒もみえないようになっています。
洋服を2段かけても上の空間は洋服をかけるには高すぎて子供には届かない空間でした。
仏間スペースの使えない上の空間を屋根にして子供達の洋服をお洋服屋さんのイメージで可愛いコーナーにしました
屋根にダイソーのフェイクグリーンをぶら下げて、よりイメージしている森の洋服屋さんにできた気がします。

我が家のような仏間スペースや、ニッチ棚の高い場所は、使いにくく無駄に空間が空いているという場合は、可愛く屋根をつけてみるのもインテリアとして可愛いと思います。

  • 82992
  • 206
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード