コード類のごちゃごちゃを解決!端材でケーブルボックスをDIY!

ずっと気になっていたテレビ周りのコード類を収納するボックスをスペースにきれいに収まるようにDIYしました!

  • 41685
  • 87
  • 0
  • クリップ

余っていた板でボックスをDIY

ケーブルや電源タップを入れるボックスを作ります。
コードを通す穴を開けたいのでまずはジグソーの刃が入るように電動ドリルで穴を開けます。

開けた穴にジグソーの刃を入れてスイッチを入れてカットを始めます。
ジグソーはスイッチを入れる時と切る時は必ず動作を止めてから行います。

木ねじを使用しボックス型に組みます。

蓋を作る

蓋は合板で作ります。
画像のように蓋が乗せるだけでちゃんと閉まるように、ボックスの内寸と同じサイズに杉板をカットし
蓋に熱を逃がすための穴を開けます。

カットした杉板をボンドで蓋の内側につけます。

杉板はワトコオイルのダークウォルナットを塗布していますが、蓋の合板に同じ塗料だと色が違ってしまうのでオールドウッドワックスのチューダーオークを使用しました。

このような場合に塗料やワックスのカラーサンプルがあると便利ですよ。
関連記事は

完成!

コードを収納しました。

ビフォー

以前はIKEAのケーブルボックスを使用していましたが、サイズが合わなくなってしまったので作り変えました。

ピッタリと収まって満足です♪

DIYだからこそ家庭それぞれのサイズに見直せる収納グッズ。
ずっと気になっていたので、解決できてうれしいです♪
家にあった端材で作ったのでコストも抑えることができました。

  • 41685
  • 87
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー