バックルタイプの太ベルトが流行中〔GU〕でチェック♪

2017年のサッシュベルトの流行を皮切りに、ファッション界を席巻した"ベルトブーム"。人気の波は今春も健在。ただし、トレンドが少しずつ変化しています。

春に流行するベルトは、バックルタイプの太ベルト。巻き方で個性を出してきたサッシュベルトとはひと味違った魅力を持つ、バックルタイプの太ベルトを上手にコーディネートに取り入れるには、どうしたらいいのでしょうか?

  • 18589
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

2018年春はバックルタイプの太ベルトが流行中!

いまや、日本のファッションを牽引する存在になりつつある、プチプライスの大人気ブランド〔GU〕。〔GU〕の新作をチェックすれば、トレンドが予測できる、と言っても過言ではありません。

さて、その〔GU〕2018年春の新作ベルトのラインナップ、2017年とはガラリと雰囲気が変わっているのです。

2017年はサッシュベルトが人気でしたが、2018年の春は、"バックル"がおしゃれのキーワードに。もともとベルトの留め具としての役割を果たすバックルですが、コーディネートのアクセントとして、また個性をプラスするポイントとしても大活躍してくれます。

出展:gu.com
サークルバックルワイドベルト

〔GU〕でおすすめのバックルタイプの太ベルトと言えば、まずはこちら! いちばんベーシックで、いちばん使いやすい、ブラックのサークルバックルベルトです。

ベルトの幅は7cm。まさにちょうどいい王道の太さで、どんなコーディネートにもハマります。

出展:gu.com
ダブルリングワイドベルト

こちらも使いやすいベーシックな黒の太ベルト。小さなリングタイプのバックルが特徴で、キュッとウエストを細く見せてくれる効果が期待できます。ワンピースに合わせたりして取り入れるのがおすすめです。

バックルタイプの太ベルトはどうコーディネートするのが正解?

2018年春の主役ベルトに躍り出た、バックルタイプの太ベルト。普段のコーディネートには、どう取りいれたらいいのでしょうか?

ここからは人気ファッションアプリ〔WEAR〕に投稿されたファッショニスタたちのリアルなコーディネートをチェックしていきましょう!

デニム×ニットの何気ないカジュアルスタイルに、王道のサークルバックルの太ベルトをプラスしたスタイル。昨年までのサッシュベルトと比べてスッキリと、ハンサムな印象になったのが分かりますでしょうか?

そのスッキリ&ハンサムなフォルムがバックルタイプのベルトの特徴。いつものシンプルなコーディネートが引き締まり、トレンドライクなLOOKが叶います。

スクエアフォルムで、よりマニッシュな印象の太ベルト。シャツの上から巻いて、コーディネートを引き締めます。トップスのすそはインするのが主流な今ですが、苦手な方はぜひベルトを取り入れて。トップスをインせずとも簡単にスタイルアップ&トレンド感が叶います。

余談ですが、こちらのベルトはなんと10年前に購入されたものなのだとか。流行は繰り返すもの。昔のワードローブをチェックしてみてはいかがでしょうか?

マニッシュな印象のバックルタイプの太ベルトは、同じくマニッシュな印象のダブルジャケットと好相性。レトロな空気感を意識して、トレンドライクな着こなしが叶います。

ジャケット×ベルトでかっちりしすぎないよう、インナーはTシャツやリブニットなど、カジュアル寄りのアイテムを選んでバランスを取りましょう。

きれいめなワンピースと合わせたスタイル。そのまま着てもおしゃれな1枚ですが、バックルタイプの太ベルトがほどよいアクセントになり、シンプルなワンピースのLOOKにメリハリが生まれます。フェミニンなだけじゃない、大人っぽくハンサムなスパイスを加えたいときにぴったりです。

〔GU〕の新作ベルトの2つ目でご紹介したような、太ベルト×ミニバックルタイプのベルト。実際に巻くと、こんな感じになります。

ウエストの中心でキュッと細くなるので、スタイルアップ効果が抜群ですよね。トレンドのフレアスカートのLOOKにとってもよく似合っています。

ハイブランドのアイテムを嫌味なく取り入れられるのも、バックルタイプの太ベルトの特徴。たとえばこちらは〔エルメス〕の定番バックルベルト。いかにもブランドものというアイテムを身につけても、カジュアルなスタイルに合わせれば悪目立ちせず、コーディネートに馴染みます。

意外と使いにくくクローゼットに眠っていることも多いハイブランドのバックルベルト、復活させるなら今です!

ビスチェ風ベルトの人気もまだまだ健在。ビスチェ風ベルトにもバックルがプラスされ、ほどよいアクセントになっています。とくにハリ感のあるチノ素材のビスチェ風ベルトは、お腹まわりのカバー効果も◎

スカートにもパンツにも合わせやすいので、ぜひ照れずにトライを!

でも、やっぱりベルトって難しい……というファッション初心者さんは、まずはベルト付きのボトムから挑戦してみてはいかがでしょうか? 

ベルト付きのミディ丈スカートや、ベルト付きのワイドパンツなど、2018年の春もベルト付きのボトムが豊作です。簡単におしゃれができて、しかもお得なベルト付きボトム、ぜひチェックしてみましょう♡

バックルタイプの太ベルトを先取り!

2017年のサッシュベルトブームからバトンタッチする形で、2018年春に人気を集めているバックルタイプの太ベルト。サッシュベルトよりもマニッシュで、スタイリッシュ。ハンサムな印象をプラスできるバックルタイプの太ベルトは、普段の何気ないコーディネートをトレンドライクに格上げしてくれる、頼れるアイテムです。

いつものデニムパンツやチノパンツと合わせて、またマニッシュなアイテム同士ダブルジャケットとなじませて、はたまたきれいめレディなワンピースのアクセントに……と、幅広いコーディネートで活躍してくれる、バックルタイプの太ベルト。

人気ブランド〔GU〕には、バックルタイプの太ベルトがいっぱい。プチプライスなので、ぜひ一度はチェックしてみましょう!


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 18589
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

5歳と1歳の男の子ママ。ママモデル・ソーシャルスタイリストの経験をいかして、アラサー・アラフォー世代にぴったりな、等身大ファッションやインテリアの話題を中心に紹…

NAG【ファッション&インテリアライター】さんの他のアイデア

ファッションのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード