2/22は猫の日。にゃんともかわいい、猫好き作家10人がつくる猫アイテム

今週2月22日は「猫の日」!猫をモチーフにしたアクセサリーや革小物から、猫が遊べるオモチャまで、個性豊かな猫アイテム・猫雑貨をつくる、猫が大好きな作家さん10人にご登場いただきます。作り手の猫愛がたくさん注がれた作品は、猫好きの共感ポイントをしっかり押さえたかわいいものばかり。作家さんの飼い猫のお話や、作品制作のこと、作品のオーダーエピソードまで、猫にかける愛情たっぷりでご紹介していきます。

  • 4291
  • 29
  • 0
  • いいね
  • クリップ

こんにちは。クリーマ編集部の佐々木です。

今回は、猫好きの方にはぜひとも読んでいただきたいコンテンツです。

今週2月22日は「猫の日」。

にゃんにゃんにゃん(222)という猫の鳴き声の語呂合わせが由来で、「猫の日制定委員会」が1987年に制定した記念日だそうです。

ご存知でしたか?

実は、Creemaは猫アイテム・猫雑貨の宝庫なんです。

猫をモチーフにした作品は、その数なんと

もちろんその作品の中には、猫好きの作家さんや、実際に猫を飼っている作家さんが作っている作品もあります。

猫アイテムを作る 猫好き作家さん大集合!猫の日に、猫への愛を語り尽くします

作り手の猫愛がたくさん注がれた作品は、「あ〜確かにこんな格好するする!」「ぷにぷにの肉球がちゃんと表現されてるー!」などなど、猫好きなら分かる、共感ポイントをしっかり押さえた猫好き作家さんならではのかわいい作品ばかり。

 

今回は、そんな猫好きにはたまらない「猫好き作家」さん10人にご登場いただきます。

作家さんの飼い猫のお話や、作品制作のこと、作品のオーダーエピソードまで、猫にかける愛情たっぷりでご紹介していきます!

 

こういうヒト(猫)いるかも… 妙な人間くささが漂う猫の刺繍作家 にゃん吉ドーナツさん

人間だと何気ない仕草も、猫の仕草となるとどうしてこう妙に惹かれるのでしょう。

「マッサージする猫」から「猫の床山(とこやま)」まで、まるで街で見かけた人々やおじさんがそのまま猫になったかのような

さんの猫刺繍たち。

目の下のシワがチャームポイントです。

モットーは、「人間くさく、且つ猫くさく」。

もしかすると本物の猫も隠れてこんな生活を送ってそう、そう思わずにはいられなくなる作品です。

▲にゃん吉ドーナツさんのスケッチブックに描かれた「茶巾ずしを乗せて踊る猫」

(にゃん吉ドーナツさん)
「自分の思ったこと、とりとめのない日常を猫の刺繍で表現することを試みています。
その中でこれはブローチにしたら面白いのではというものを作品にしています。」

▲「猫のマッサージ師」本当にセリフが聞こえてくるようです

猫の気まぐれでゲンキンなところや、時に信じられないポーズを取ったりするところが好き、というにゃん吉ドーナツさん。

販売中の作品も、クセ強めのかわいいメンツたちが揃っていますよ。

新種の”ニャンコ鉱石”発見!? 馬の助猫玉屋分室さん

オリジナルで作る「ニャンコ石」や樹脂製の猫を使ってブレスレットやリングなどを作っている

さん。

作品紹介文にはこんなストーリーも。

“西暦20××年
極東ウニャル地方のゴロニャン鉱山で新種の鉱石が発見されました。
世界鉱石組合 組合長 ウラジミール・ニャンコスキー博士はこの鉱石に特殊な加工を施すとニャンコになることを発見しました。
加工を施し球体とした石は出来上がりの瞬間、何故か『ウニャ!』と鳴くようです。
博士は昼夜を問わず研究開発に勤しみ、ついに宝石としての商品化に成功致しました。
その石の名は『タマラニャイト』
世界中のニャンコの柄のまん丸なお石です。”

https://www.creema.jp/item/1832699/detail

「98%程度フィクション」とのことですが、まるで本物の鉱石のような見た目とカラフルな猫のデザイン。

もともとハンドメイドルアー(釣りで使う餌に似せた道具)を制作していた馬の助猫玉屋分室さんだからこそ作ることができる作品です。

▲ G10子供ニャンコ会議 猫ブレスレット

(馬の助猫玉屋分室さん)
「元々ハンドメイドルアーを制作しておりましたが、今ではすっかり猫モノ屋です。
本格的に始めたきっかけは先々代の愛猫をやはり老衰で失った寂しさだったと思います。
そんなお客様のご注文も多く、気持ちが判りますので、一生懸命作らせていただいております。

昨年晩冬に長年飼っていた老猫を亡くし、しばらくは悲しみで落ち込んでいましたが、やはり猫のいない生活には耐えられず、春の終わりには新しい娘さんをお迎えしました。
それまで飼っていたスコテッシュとはまるで違う性格と行動で、毎日楽しい日々を過ごしています。」

▲ 猫リング にゃぽリング

サバトラ・チャトラ・三毛・キジトラ… 馬の助猫玉屋分室さんが手がける猫の色の種類は16種類以上。

気になる猫を探してみてくださいね。

2匹の兄妹猫がモデル。小さな肉球まで忠実に作り込まれたnaturamaさんの猫ジュエリー

里親募集サイトを通じて出会った2匹の兄妹猫を飼っている

さん。

表情がキリッとキツくてツンデレな雰囲気の作品はメスの三毛猫「グリ」。

やわらかい表情で顔がまるく大きい作品はオスの茶トラ「ラテュ」。

最近完成した作品はほとんど2匹がモデルになっているのだそう。

▲「2匹ともとても仲良しですが性格がまったく違うので、デザインにすると違うタイプのものができるのでおもしろいです。」(左がグリ・右がラテュ)

( naturamaさん)
「猫ってどこをとってもかわいいので、デフォルメしすぎないことに気をつけています。
どの角度から見てもかわいい猫アクセサリーになるようこだわり、たとえば見えない内側まで毛並みを彫り込んだり、ピアスほど小さい猫の脚の裏の肉球まで作りこんでいます。
あ!こんなところまで!と、お客様に小さな発見を喜んでもらえるポイントをどの作品にも盛り込んでいます。」

▲「オスの茶トラがとても甘えん坊で、PC作業の時はいつも私の膝かキーボードの上…。
その姿から、猫リングラテュが誕生しました!」

「ブランドを立ち上げたときは猫のアクセサリーは制作予定がなかったのですが、先代猫「ピクシー」が天国へいったときにあまりにも悲しく、モデルにした第一号の猫リングをきっかけに今ではこんなに猫アクセサリーが増えました。」

▲ 猫リング ピクシー

「現在飼ってらっしゃるかわいい愛猫、愛犬をモチーフにして制作することが多い中、やはり命あるもの、悲しい内容のこともたくさんあります。楽しんで制作できないものもあります。
深く大きなプレッシャーの中、宝物をつくらせていただきます。自信はあります。
感情移入もたくさんします。仕事だったらそれはしてはいけないことかもしれませんが、小さな工房だからできること。
これからもずっと素直な気持ちを大切にしていくつもりです。
世界中で一番の笑顔とありがとうをたくさん集めるお店を目指しています。」

飼い主さんも思わずクスっと笑顔に 猫とヒトのための雑貨作家 mameさん

秋刀魚やシャケプリントが入ったキッカー(※)や、吹き出し型キッカー、ハリネズミの猫ひげスタンドなど、パッと見ても楽しくクスッと笑えて、猫が遊んでいるところを見ながら飼い主さんも思わず笑顔になってしまいそうな雑貨を作る

さん。

ほかにはないアイデアを形にすることを常に考えて制作している、という言葉通り、mameさんの作品は、猫はもちろんですが飼い主さんだって夢中で猫と遊びたくなるようなオリジナリティーのある作品ばかりです。

キッカーになる秋刀魚やバケットなどの写真を撮ったり、イラストや描き文字もご自身で描いたりと、全てオリジナルで作っていらっしゃいます。

(※)猫が獲物を捕る感覚で遊べる猫のオモチャのこと。

mameさんのキッカーには中にキャットニップが入っているので、猫ちゃんの食いつきもすごくいいはず…!猫がくわえた写真が取れたらとっても楽しそうです。

▲「ごちそう秋刀魚キッカー」は秋冬限定販売の作品

猫の、人に落ち込んでいる暇を与えず、一緒にいるといつの間にかほんわか幸せになるところが好き、というmameさん。

そんなmameさんも、パステル白茶のミックス猫、空(くう)ちゃんと暮らし始めてもうすぐ10年。

抜けた猫のヒゲを刺していき、増えてくるとかわいいハリネズミとしてディスプレイできる「猫ひげスタンド」は、そんな猫好きのmameさんだからこそ思いついた作品ではないでしょうか。

▲ ハリネズミの猫ひげスタンド

(mameさん)
「アイデアを形にするにあたり、使ってくれた方の声が聞こえると、やっとそれで作品が完成された気がします。
使われた様子をみて、もう少しこうした方がなどひっそりとマイナーチェンジを繰り返して今の形になっています。
一見何でもない作業にも実は細かいコツがあり、キッカーの綿詰め一つとっても、誰でも出来るようでいて細かい気を付けるべきポイントが多々あるので、自分で詰めながら一番良い状態でお渡し出来るようにしています。
他にはないもの、皆さんが驚いたり喜んだりしてくださる事を思い描いて、新しい作品を生み出す悦びに替えてモチベーションにしています。」

▲「前から主張が強くよく喋る猫なんですが、最近は毛布に潜って寝ている時にムニャムニャ寝言を言うので、はいはいここにいるよとポンポンするとまたスーッと寝てくれたりするのがメチャメチャかわいいです。」

mameさんの「猫とヒトの雑貨」は、猫と飼い主さんが一緒に過ごす時間を、面白く楽しく、そしてちょっと特別なものにしてくれそうです。

「ゆるくてちょっとアブナイ」がコンセプト。zacchino!さんが描く、気ままな猫たち

独特のゆる〜い手書きのタッチで、ユニークで魅力溢れる女の子のイラストや表情豊かな猫たちのイラストを描く、

さん。

ちょっと太ったむっちり猫や、もふもふ感たっぷりの猫、女の子と猫がたわむれて遊んでいる様子のイラストなどなど、猫の魅力を惜しげもなく表現するzacchino!さんの作品は、猫好きにはたまらないかわいさでいっぱいです。

「猫がとにかく好き」とおっしゃるzacchino!さんは、保護猫カフェ(※)でボランティアもしており、現在飼っている猫も、その保護猫カフェから引き取ったのだそうです。

同じ猫好きの方に喜んでもらえる猫作品はどんなだろうと考えながら作ることもあるのだとか。

(※)保護された猫と人が触れ合う機会を提供しながら里親探しを行う猫カフェ/オープンシェルター

(zacchino!さん)
「物心ついた時から猫が異様に好きで、自分でもなせこんなに猫に惹かれるのかわかりません。
フォルムの美しさ、媚びないところ、仕草、春みたいな匂い、モフモフな毛などなど、好きなところをあげればキリがありません。
うちの猫について言えば、お尻をあげて肛門を見せつけてくるところも好きです 笑」

▲ CATS POSTER/裸で猫

▲「猫作品の中には愛猫やボランティア先の猫をモデルにしているものがあります。
素敵だなと思った瞬間を撮りためておいて、ポーズや表情を参考にしています。
作品の中に太った三毛猫のイラストがあるのですが、それは太めなうちの猫をモデルに描きました。」

zacchino!さんの作品には、猫のイラスト作品のほかにも、かわいくてちょっとお茶目な女の子のイラストもたくさん。

ブローチからアクセサリー、ポスター、手鏡まで種類も豊富な作品が見つかります。

大好きな猫とどこへでも。猫と動物、自然をおもう気持ちで作られたARTERUPEアルテルーペさんの革小物

革製品の小さなアトリエで活動する

さんと、猫との出会いは、ある散歩帰りの初夏の夕方、大きな声で鳴いている小猫と出会ったのが始まり。

拾い上げたとたん鳴き止んで一緒に暮らす運命の糸を感じたそうです。

その2年後に長男猫と出会い、そのまた2年後に次女猫と出会い、現在は3匹の猫のお世話係り。

ミシンのほか、革を薄く漉く機械や裁断用の刃物など、危険なものも多いのでアトリエへの猫達の侵入はご法度にしているそうですが、作品ができあがった背景には猫への愛が溢れています。

(ARTERUPEアルテルーペさん)
「家に帰ると迎えてくれる猫。心の中に生きている猫。記憶の中の猫達。
いつでも身近にいるけれど離れると寂しくなるのが猫の魅力です。
アルテルーペの猫アイテムは愛する猫の代わりになってどこへでも連れて行けてちゃんと働いてくれる猫達です。」

そんな言葉の通り、猫のキーポーチは猫のフォルムがしっかり捉えられたカタチ。

どんな場所でも一緒に居られるわけじゃない。

そんなときにこの猫ポーチはちゃんと便利に働きながら、どこへでも一緒に連いてきてくれます。

ヘビ・トカゲ・毛皮など食に拘わらない皮革は使用せず、主に牛・山羊・羊など私たちの食によって生まれた尊い皮革を感謝の心を持って用いることを大切にしている、というARTERUPEアルテルーペさん。

自然と動物を愛してやまないARTERUPEアルテルーペさんがつくる作品は、素材にも使い手にもやさしいものばかりです。

まるで本物がたたずんでいるかのような存在感。猫クッション作家アトリエキジさん

椅子の上や窓のそばに

さんの猫クッションを置くと、まるで本物の猫ちゃんがそこでのんびりとくつろいでいるよう。

クッションをはじめとした作品は、アトリエキジさんが飼っている3匹の猫、あーにゃん、うーちゃん、リコちゃんがモデルです。

▲ 三女のリコちゃん

(アトリエキジさん)
「うちの猫はSNSでも人気ないし、スター猫でもない、雑種でどこにでもいる普通のキジトラなんですが、作品化してここまで来てしまいました。
どこにでもいる猫でも十分にかわいいということをもっと伝えられたらいいなと思います。
猫は本当にかわいい存在ですが、過剰な「かわいい猫ちゃんのイメージ」を作品にするより、猫のリアルな存在感を感じられる作品にしたいと思っています。」

そんなアトリエキジさんは、オーダーメイドも受け付けています。

購入された方の評価の中には、大切に飼っていた猫を亡くし、その猫をモデルにクッションとしてオーダーされた方からの感動の声も。

猫の写真であれば飾っていても観るだけしかできませんが、クッションはより身近な存在になり、さまざまな感触を感じることができるので、より大切な存在になります。

「オーダーメイドの場合、お写真を頂くのですが、作りやすいものがくるとは限りません。
不鮮明だったり、体がすごく切れていたりする写真でも、お客様にとっては思いの詰まったものなので、仕上がりが「お客様の持っているその子のイメージ」にいかに近づけるか、考えながら製作しています。
お客様からお喜びのメールが届くと本当にホッとします。」

クッションのほかにも、ブローチやイヤリング、キーホルダーなどの作品も。

アトリエキジさんの作品ページはかわいらしくて存在感たっぷりの猫たちでいっぱいです。

お部屋にも、ファッションにも。さりげなく猫が混ざりこむPinpignonさんの猫作品たち

「あれ?猫になってる!」と思わず見返してしまいそうな

さんのバッグや小物、ポーチたち。

目が合えば存在感たっぷりなのに、こちらが気がつくまではさりげなくたたずんでいるような様子は、本物の猫と同じかもしれません。

(Pinpignonさん)
「お部屋やファッションに自然に猫が溶け込んでいて、思わず見返してしまうような作品を目指しています。
その為に、自然体の猫に近いポーズを意識して、それをできる限りそのまま、無理のない形で雑貨やバッグにすることを心がけています。
猫のクラッチポシェットという作品があるのですが、信頼する人にすり寄って匂いをつけている猫をイメージしました。
猫のティッシュケースという作品は、香箱座りをしてリラックスしている猫を表現しています。」

そんなPinpignonさんも2匹の猫の飼い主。

(Pinpignonさん)
「猫によってそれぞれ性格があって、マイルールにとてもうるさい。自分のスタイルを絶対に曲げないところが魅力だと思います。
我が家には社交的なオスの白猫「もっち」と人見知りなメスの黒猫「ビビ」がいるのですが、「もっち」は何としてでも自己紹介させてくれとでしゃばりますし、「ビビ」はいつもの決まった引き出しの中に隠れる恥ずかしがり屋さんです。
トイレは水で流せる場所じゃないとおしっこしなかったり、ごはんはふりかけがないと絶対ダメだったり。
水道から水を飲むブームがきたかと思えば、お風呂場の桧の桶からお湯をのむことにハマる時期があったり。
また、2人きりのときにしか甘えてこなかったりするところもたまりません。
一緒に暮らしていると、人間と同じだなって思います。」

Pinpignonさんの作品の猫ちゃんたちは、よく見るとオッドアイの美人さんだったり、ちょっとツリ目の凜とした表情の猫だったり、はたまた、ウィンクしている表情だったりと、見ていてとっても楽しい作品ばかり。

猫たちの豊かな表情にも注目です。

カバンの中で活躍してくれる働き屋。よもぎやさんのしっかりモノの猫たち

さんが作るのは、実用性があり日常的に使える猫のポーチやキーケースやコインケース。

たとえば、キーケースであればスリムでかざばらずバッグにすっきり入り、ポーチならちょっとしたマチがあるのが嬉しい。

見た目のかわいらしさだけでなく、使い勝手がいいのがポイントです。

コンセプトは「大人の女性や男性が持っても、甘くなりすぎない猫グッズ」。

そんなコンセプト通り、よもぎやさんが作る猫たちはどこかキリッと前を向いたしっかりモノの表情。

▲ 小太り猫のキーケース 黒ねこ

(よもぎやさん)
「猫5匹と暮らしています。
目も開いていない授乳の必要な保護された子猫の授乳をし、家族が見つかるまで育てる猫ボランティアもしています。
よもぎやの売り上げの一部は子猫のミルク代や医療費などに使っているんですよ。
今まで育てた猫は数十匹ほどで、いろいろな毛柄の猫がいました。
どの毛柄もかわいくて魅力的だったので、作品には茶トラ、白黒、グレー、黒、三毛など多くの毛柄を揃えました。」

▲ よもぎやさんが育てた子猫たち

猫は好きだけど、人目につく猫モチーフはちょっと恥ずかしいかも。

そんな方でも、よもぎやさんの猫たちなら、カバンの中でこっそり使えそうですね。

▲ ねこinケース(ねコインケース)

猫好きにはたまらない 猫ぎっしりなお菓子屋ニャンライズさんの焼き菓子

こんがりふわっと美味しそうな猫姿のフィナンシェから、肉球クッキーまで。

さんの焼き菓子は猫・猫・猫!

シンプルな素材を使って、味を第一にこだわった焼き菓子は、猫好きの方へのギフトはもちろん、自分用のお菓子としても根強い人気があります。

特に耳の形や猫背のフォルムまで綺麗に焼かれたフィナンシェは見た目もコロンとかわいらしく、味も現在12種類以上という豊富な品揃えです。

▲生まれたときから、ずっと猫と暮らしてきたというお菓子屋ニャンライズさん。
今もオッドアイのしいちゃんを筆頭に、合計5匹の猫ファミリーを飼っているそう。

また、お菓子屋ニャンライズさんは猫の日2月22日限定で送料無料キャンペーンも行う予定だそうです。

まだ食べたことがない、という方もこの機会にお試しくださいね。

かわいい猫雑貨や猫アイテム、まだまだたくさん…!

気になる猫好き作家さんは見つかりましたか?

Creemaにはまだまだ猫の作品がたくさん!

猫の日を機会に、個性豊かな猫作品をたくさん探してみてくださいね。

Creema猫の日特集 ネコまみれの222選

  • 4291
  • 29
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

日本各地で活動する12万人を超える作家・デザイナーから、ハンドメイドの作品を直接購入できるマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」。 家具・インテリア・器…

おすすめのアイデア

話題のキーワード