古くなって壊れそうな ウッドデッキの改修工事

ウッドデッキは大切な居住空間です、使えなくなると部屋が一つ減ってしまう様な気持ちになってしまいます。
リフォームしましょう!!

  • 7437
  • 27
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ウッドデッキは屋外にあるもう一つのお部屋といった利用法になります。
そのデッキが腐って使えなくなると生活空間が減ってしまう感覚になってしまいます。

そのときは思い切ってウッドデッキをリノベーションしましょう!!

古くなったものを解体して、新しいデッキを作ります。
耐久性のあるハードウッド(紅葉樹)で作れば20年以上の利用が可能です。

ウッドデッキファンではこのようなリノベーションのご相談をたくさん頂いています。

中にはデッキを支える構造材がしっかりしているものもあります、使用できるものは再利用しリーズナブルな提案をさせていただいています。

現場調査、お見積もりは無料で行っています。
古いデッキでお困りの方はお気軽にご相談ください。

写真のいちばん下側にお問い合わせのアイコンがあります。

設置後 13年経過したソフトウッド(針葉樹)のウッドデッキです。
所々デッキ材が腐っていて、踏み抜いてしまいそうです。
このリノベーションでは構造材も腐っていたので、全部解体をして新しいものに作り替えました。
下地 構造ができあがりました。
フェンスの柱も構造体にしっかりと固定をしています。
デッキ貼り、フェンス材取付がおわり、完成しました。
安心してウッドデッキが使えるようになりました。
反対側から見たところです。
フェンス材は小さな角材で主さを感じさせないデザインです。
  • 7437
  • 27
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

エクステリア施工

インドネシアからデッキ材を輸入し材料販売、ウッドデッキ設計施工をお仕事にしています。35年前に原木丸太の輸入業務でこの世界に入り、製材工場管理運営、加工品輸入業…

おすすめのアイデア

話題のキーワード