【店舗デザイン】街の人々の暮らしと「らしく」に寄り添う写真館

ー 街の写真館 Studio LAXIQ 新横浜 ―

『街の人たちに寄り添う写真館』をコンセプトに、
3つの異なったテーマに分けられた撮影ブースをデザイン・設計。

壁に大きな円形のライトボックスを設置し、無数のフォトフレームで装飾したアンティークな雰囲気漂うメインスタジオ、
古風なすりガラスの扉に格子と縁台を配置し、和の風情が情緒あふれるコンパクトなスタジオ、
そして、小さなお子さまのベストショットを引き出す、開放的で明るく遊びゴコロ満載なスタジオ。

それぞれの持つテーマの空気感を大切に、街の人たちの大切なシーンを彩る特別な空間がそこに誕生しました。

  • 723
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

3つのテーマに分けられた撮影ブース

広々とした空間に壁に大きな円形のライトボックスが埋め込まれ、まるで自然光に包まれたような写真の仕上がりに。

レンガをあしらったウォールデザインとモーガルソケットの柔らかな明かり、この空間の総てが非日常を演出する。
メインスタジオの大型円形ライトボックスの反対側には無数のフォトフレームを。
アンティークなテイストが唯一無二の空間。

小さな小窓をリズミカルに配置。
明るい室内で子どもたちをとびっきりの笑顔にする、遊びゴコロ満載なスタジオ。

まるでリズムを刻むかのようにランダムに埋め込まれた小窓たち。

コンパクトなスペースながらも光量の少なさを逆転の発想で活かし、
古風なすりガラスから漏れる光、格子と縁台が落ち着いた和の空間を演出。

光量の少ない狭小な空間を和の風情溢れるスタジオに…

シンプルなファサードが「特別な日」への入口に

白い壁面にブルーの扉と小さな高窓、そしてシンプルなサイン。

シンプルに伝わるファサードで中へ入る期待感も高まる。

入口を開けると柔らかなオフホワイトの店内が広がる。

入口からの受付カウンター。
受付カウンターの正面には待合スペースを設置。
メイクルームもまるで舞台裏の楽屋のよう。

記念日だからこその特別感を演出する

暗くなると暖かな明かり灯り、店外に洩れる光はまるで童話の中に迷い込んだかのよう…
ドラマティックな雰囲気が高まり、「特別な日」=記念日 を忘れられない一日に。

日暮れ、暗くなるころの幻想的なエントランス。

街の人たちの「らしく」に寄り添う写真館。
オーナー・フォトグラファーの想いがぎっしり詰まった、こだわりの空間がそこにはあります。
 
 

街の写真館 Studio LAXIQ 様


〒221-0802
神奈川県横浜市神奈川区六角橋6丁目29−11
コスモ岸根公園 1F
Tel: 045-620-7002

営業時間 : 10:00~18:00
​定休日 : 火曜日

  • 723
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード